アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

☆ ルワンダ紀行 (平成29年1月7日~21日)

この旅行を企画するまでは、ルワンダの位置すらも知らず、映画の”愛は霧のかなたに”と”ホテル ルワンダ”を見たのみでした。でもマウンテンゴリラを近くで見られること、熱帯雨林を歩く登山やトレッキング、Rwandaの歴史も興味があったので、行くことに決めました。
 アカゲラ国立公園では、シマウマ、象、キリン、イボイノシシ、カバ等の大型動物、ニュングウェ国立公園では、チンパンジーをはじめとする霊長類が多く見られました。
 74メートルの高さの200メートルの吊り橋を渡るトレイルと原始時代からのシダ類が繁茂する中を滝を見に行くトレールを歩きました。
 2950メートルのビググ山(高度差666メートル)も登りましたが、思ったより楽でした。むしろボルカン国立公園のゴリラトレッキングの時は、ジャングルの中、薮こぎで、とげのある植物をつかみながら、ほとんど垂直の所を登ったり、下りたりの方が大変でした。
 トラッカーの人が指さす方を見ると、すぐそこに大きなゴリラさんが昼寝中で、背中や鼻を掻いたりして、人間そっくりのしぐさ。ポクポクと胸を叩いて、すぐ横を転がって移動してゆきました。そこではゴールデンモンキーも見に行ったり、完全武装で火山活動でできた洞窟探検もしました。

 ガイド兼ドライバーのジャンマリ―は、1994年のフツ、ツチ間の虐殺時に両親を亡くされた方で、各地に悲しい記憶を風化させないために、記念碑、博物館があり考えさせられたことも多かったですが、今ではアフリカで一番清潔で安全な国と云われているルワンダを実際に見て、これからも発展してほしいと思いました。


初のアフリカ大陸!!、予防注射やマラリアなど心配事が多かったのですが、上陸してみれば、とても美しい国でした。
 山は日本と変わらずトレイルも整備され、どのトレイルにも必ず国が認めたガイドが一緒でなければ密猟者と見なされるほど自然と雇用を守っているのは素晴らしいと思いました。
 早朝からサルの餌場を目指すトレッキングでは巨大アリに咬まれ、ゴリラレッキングではトゲのある植物に刺されましたが、山や広大な茶畑、サルやゴリラ達に癒されました。
                                                                   (H本さん記)
e0371039_6353269.gif
e0371039_6354322.gif
e0371039_6355287.gif
e0371039_636235.gif
e0371039_636123.gif
e0371039_6362552.gif
e0371039_636393.gif
e0371039_6364851.gif
e0371039_637096.gif
e0371039_637983.gif
e0371039_637236.gif
e0371039_6373326.gif
e0371039_6374358.gif
e0371039_6375477.gif
e0371039_638635.gif
e0371039_6381875.gif
e0371039_6383072.gif
e0371039_6384359.gif
e0371039_6385389.gif
e0371039_639491.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-01-07 06:14 | 海外山行 | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31