アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

☆ テント泊入門山行 “ 明神平でテント泊を楽しみませんか ” :5月20日(土)~21日(日)

e0371039_19411272.png
e0371039_6315461.jpg
目的
テント泊入門として人気のあるスポット、明神平でテント泊を楽しみ,台高山脈北部に位置する薊岳~桧塚奥峰~伊勢辻山を縦走する。メンバーには事前ミーティングで負荷12k~15kの自主歩荷トレを課題としておいた。

報告
芦屋グループは神田さんの車で、大阪グループは池田さんの車で東吉野の大又で合流した。地元の人のご厚意で神社前に駐車できた。登山口から薊岳までは標高差約1000ⅿを登る。登山口(大又)からは吉野杉の植林帯が続き風もなく蒸し暑い。各自自主トレの成果か難なく登っている。薊岳山頂はシャクナゲが満開、癒される。見渡す限り山山山の眺望に大満足。前山までは苔むした岩とブナ林、幻想的な景色に「来て良かった」との声。 明神平のテント場もベストの場所がキープできた。水汲み班、テント設営班、に分かれテキパキと役割りをこなす。明神平のおいしい水(?)を使って濱中チーフシェフの指揮で美味しい贅沢なべを頂き全員満腹大満足。満天の星の下、就寝。
鳥のさえずりで目が覚め、村井シェフおすすめのフランスパン・サラダ・チーズ・ハム・コーヒーの朝食を頂いた。桧塚奥峰は三重県最高峰、山頂からは台高山脈~大峰山系が見渡され360度の大展望。山が深い。ここが日本オオカミ最終生息地だったことも納得できる。テント撤収もスムーズ。下山は水無山~国見山~伊勢辻山と縦走し踏み跡のうすい道を地図・コンパスでルートファインディングしながら歩いた。二股橋からは左岸道が崩れているところが数か所あり慎重に歩いた。このルートはやがては使えなくなると思う。希望者で登山道から少し離れたところにある和佐羅の滝に行く。さすが奈良の名瀑迫力がある。ただ登り返しは大変。予定時間より早く全員無事下山。
今回、かなり体力を要する山行となったが、全員体力があり自主トレもできており達成感のある山行が出来たと思う。次回のテント泊が楽しみだ。
e0371039_6323712.jpg
e0371039_634501.jpg
e0371039_6385687.jpg
e0371039_6325457.jpg
e0371039_6333465.jpg
e0371039_6335392.jpg
e0371039_6503933.jpg
e0371039_6331558.jpg
e0371039_6321893.jpg
e0371039_632638.jpg
e0371039_632274.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-05-20 19:39 | 泊りがけ山行 | Comments(1)
Commented by つじもと at 2017-05-30 15:57 x
気持ちよさそうなテン場ですね。
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31