アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

☆ 夏山 北アルプス 鷲羽岳:8月3日(木)~5日(土)

e0371039_8501887.gif
 アルペン芦山会員二人連れの夏山です。T田さんより便りがありました。  
 鷲羽岳は北アルプスの中央部にあり、標高2924m、三角錐の堂々とした山容であり、頂上からの眺めも素晴らしく、日本百名山の一つである。
 ところがこの山を登ろうとすると奥まった場所にあるため、通常は縦走の時に通過するという場合が多い。
 この周辺の山はほとんど登ったが、この山だけが登っておらず、百名山の空白点になっていたので、この山だけを目標にA川さんと個人山行を試みた。

                             写真をスライドショーで見るhttps://1drv.ms/f/s!AgfcUVFRbzsojXH6i9Z8zNqCx6oJ 
    8月3日 新穂高温泉から鏡平小屋        

 3時半に車で芦屋を出発、新穂高温泉には9時ごろに到着。ワサビ平小屋から鏡平小屋に登る。
 終日曇りで一時少し雨が降ったが、14時半に到着。夕方少し晴れてきたが、槍穂高は見えない。小屋は大変な混みようで、布団1枚に2人が詰め込まれた。           

      8月4日 鷲羽岳往復

 A川さんの大きなザックに置いていくものを纏めて、軽装のサブザックで5時前に出発。
 槍ヶ岳がチラリと見えるがどの山も霧の中である。
 双六小屋からトラバース道を経て三俣蓮華小屋へ。ここまでは来たことがある懐かしい場所。小屋に荷物を預けて、水と貴重品を持っていよいよ鷲羽岳に登る。
 標高差で400m弱。11時過ぎに頂上に着いた。
 出発からすでに6時間がたっている。このころから天気が良くなってきて槍ヶ岳や周辺の山々が望める。
 11時20分に下山を開始。往路を引き返す。道は登り下りが多く、ほとんど登りと変わらない時間がかかり、鏡平小屋には17時丁度に到着。12時間強の行動時間でかなり疲れた。因みに昭文社の時間では休憩なしで11時間である。
 小屋は昨日より大分空いており、二段ベッドの部屋を割り当ててくれた。 
   
      8月5日 鏡平から新穂高温泉へ下山

 5時5分に小屋を出た。天気が良くて槍ヶ岳から穂高が一望なので鏡池で写真を撮る。
 池の面に連山が写り、これがこの小屋の最大のセールスポイント。十分満足。
 駐車場には9時すぎに到着。平湯のバスターミナルの温泉でさっぱりして、家に帰ったのは3時半。都会の暑さに驚く。<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8481950.gif
e0371039_848299.gif
e0371039_8483563.gif
e0371039_848488.gif
e0371039_8485717.gif
e0371039_849644.gif
e0371039_8491542.gif
e0371039_8492470.gif
e0371039_8493365.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8494928.gif
e0371039_850059.gif
e0371039_850830.gif
e0371039_8501887.gif
e0371039_8504077.gif
e0371039_8504859.gif
e0371039_8505598.gif
e0371039_8511430.gif
e0371039_8512142.gif
e0371039_8513170.gif
e0371039_851391.gif
e0371039_8514731.gif
e0371039_8515540.gif
e0371039_852146.gif
e0371039_8521069.gif
e0371039_8522273.gif
e0371039_8523072.gif
e0371039_8523947.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 08:47 | 泊りがけ山行 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31