アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

2017年 02月 12日 ( 2 )

☆ 春山登山のための事前訓練登山 “ 堂満ルンゼ ” :2月12日(日)

e0371039_724872.png
アルペン芦山の訓練登山です。参加者は9名。サブリーダーI田さんからの便りです。

 数日前から、今冬最大級の寒波が南下し西日本でも日本海側を中心に大雪との予報が出ていた。
 当日の天候はさほど悪くはなかったが、雪がかなり深く気温も厳冬期にしては高めで万が一雪崩の心配もあったので、堂満岳山頂は目指さず、ルンゼ途中で雪山訓練を行うこととし、事故怪我なく全員無事に下山した。
 春山(立山3山)を念頭において、堅く締まった急斜面でのアイゼンワーク訓練などを目標にしていたが、ルンゼ内はここ数日の新雪が腰丈ほどもあり、実質的なアイゼンのトレーニングには適さない。
 風は強くはなく、また気温もそれ程低くはなかったので汗をかきやすく湿雪による着衣の濡れもあって不快かつ行動もしにくい。
 時間的な制約もあるため、ルンゼを三分の一ほど登ったあたり(滝の少し上、勿論滝は雪で埋まって全く見えない)の急斜面で前進を中止。
 そこで固定ロープの設置とそれを使っての登降やトラバースの訓練を行う。横の枝沢では極小規模ながら雪崩も発生。あまり気持ちが良くない。入山前から種々リスクを想定し、現場を見て早めに計画を修正したのは正解だった。 

 前2回の雪山入門(赤坂山、岩籠山)は穏やかな天候に恵まれ、雪山の楽しさを十分に味わう事が出来た山行だったが、今回の堂満ルンゼはルートの難易度が高く、また(運よく?)気象条件も適度に悪かった。動きを止めると汗冷でゾクゾクしてくる寒さ、体が半分埋まる程の雪の中を泳ぐように進む辛さ(一種の快感?)、不安定な雪の急斜面で何をするにしても手袋を付けたままと云うもどかしさ等々… 本格的な冬山の厳しさの一端を体験する事ができた山行であったと思う。       
                                                                           (略 I田さん記)
   参加者よりは
 ◆ 頂上へ行けなかったのは残念でしたが今日も楽しい山行でした!◆ 自分自身いろいろな面で課題が確認できた山行でした。・・・            

      <写真はU田さんより  動画はこちらより>
e0371039_1935495.gif
e0371039_193617.gif
e0371039_19361193.gif
e0371039_19362198.gif
e0371039_1936377.gif
e0371039_19364837.gif
e0371039_1936573.gif
e0371039_193779.gif
e0371039_19372362.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-02-12 23:00 | 雪山山行 | Comments(3)

☆ ハイキングリーダーセミナー 実技Ⅱ “ 地図の見方、コンパスの使い方 ” :2月12日(日)

e0371039_22142081.png
アルペン芦山のK島さんが主宰してハイキングリーダーに関するセミナーが2日間にわたって行われました。K島さんの便りです。
e0371039_9583690.png
2/12 参加者 7名
 遭難事故で一番多いのが道迷いなので、机上で習った事を実際に山行中に地図、コンパスを使いこなせるかを実施。
 皆、一度は通った道をあえて、地図を広げ地形判断とコンパスで現在地の確認を行ない、あらためて山行の楽しみ方が出来ました。
 これからは、ハイキングでも初めての道では地図とコンパスで現在地の確認ができれば一層楽しいのでは。
e0371039_17302969.gif
e0371039_17303891.gif
e0371039_17304825.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-02-12 21:45 | セミナー・勉強会 | Comments(5)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28