アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

2017年 08月 03日 ( 3 )

☆ ゆっくり夏山 “ 燕岳から常念岳 縦走 ” :8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月)

8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月) 6月山歩案内の予定を変更して実施します。
e0371039_21181914.png
e0371039_8465450.gif
アルペン芦山の夏山の一つです。メンバーは会員5名。リーダーT本さんよりの便りです。写真はT本さんとK林さんよりです。
  山行中はほぼ午前は晴れ、午後は東側にガスが出て、西側はクリアという天候が続き、ラッキーだった。
 「のんびり夏山」の趣旨に沿ってペースはゆっくりめを心がけた。沿道の高山植物や鳥を見たり、写真に撮ったりも大事な山行目的の一つである。
 もっとも夏山シーズン真っ最中とあって小屋は満員のため、早めに着いて、いい部屋や早い食事をあてがってもらわねばならず、兼ね合いが難しい。
 サブリーダーのT田さんはペースセット、休憩、追い越し(追い越され)、交差待ちなど、誠に適切な判断で安心であった。
 8月3日 阪急三番街のバスターミナルを8時に出発。割に空いている。
 中房温泉は建物や設備か古いせいか、すいていた。しかし温泉は充実している。男2人は5カ所を回る。朝風呂も。値段は安いが食事はそれなりである。水はうまい。

8月4日 中房温泉を0725に出て合戦尾根へ。
 長い登りは坦々とこなす。名物のスイカを頬張る。とてもおいしい。燕山荘では新館に案内される。一角の6人部屋をわれわれ5人だけで使える。トイレも近く、清潔である。
 まず燕岳へ往復する。コマクサの群落が各所にある。白い砂、黒い岩、緑のハイマツと山小屋。どこも絵になる景色だ。
 山頂からの帰り、見え隠れする山頂を同定していて、雲間に鷲羽岳を見つける。T田さん、A川さんが登っているだろうか。その左手の大きなカールに面しているのは三俣蓮華岳だ。
 燕山荘に戻ってコーヒーとケーキ。外に出て夕暮れの空を眺めていると稜線と雲に夕日が映えて美しい夕焼けだ。
                                 
 8月5日 0345起床、0415の一番の朝食に並ぶ。
 食後日の出を見る。富士山が雲海のかなたに見える。
 槍ヶ岳は間近だ。広場に出て体操しようとするとイワヒバリがちょこまか。全く人を怖がらない。
 0555出発。前方には大天井岳、やや右手に槍ヶ岳、右側方に鷲羽岳、三俣蓮華岳、昨日は見えなかった双六岳もくっきり。素晴らしいパノラマである。
 大天荘へ登る途中でハイマツの中に雷鳥の親子が見え隠れしている。
 大天井岳頂上を往復し、目の前の槍ヶ岳をバックに記念写真撮影。
 常念小屋は大混雑だった。12人定員の部屋にきっちり12人。布団1枚に2人の計算である。廊下はザックであふれそう。従業員も少ないのか大忙しだった。21時消灯。今夜は星は見えない。
     
  8月6日 常念岳へのピストンと下るだけなので、0550食事とする。この頃はもうすいてきて、のんびりムード。
 水とウインドブレーカーだけを持って登る。常念乗越との高度差は約400mだが、ゴロゴロした岩の上を踏んでいく気を遣う道である。頂上ではホシガラスが飛んできた。ガスの中、屏風岩が目の前、上高地はほぼ見える。晴れていれば大展望の場所だ。時折ガスが切れて稜線が見えるのでもう少し、もう少しとつい長居してしまった。
 小屋に下りて一服し、タクシーを一の沢登山口に予約して下山だ。九十九折りの道をひたすら下る。1100m余りのうち後半は緩やか。沢の水音は涼しげだが、気温はどんどん上がる。1336タクシーの待つ林道終点に着いた。
 会員制リゾートホテルで貸し切り状態の入浴、穂高駅前のおいしいそばを食べて解散した。 <T本さん記  略><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8464669.gif
e0371039_8463682.gif
e0371039_8462625.gif
e0371039_8461870.gif
e0371039_846114.gif
e0371039_846373.gif
e0371039_8455684.gif
e0371039_8454632.gif
e0371039_8453831.gif
e0371039_8453094.gif
e0371039_8452218.gif
e0371039_845978.gif
e0371039_845072.gif
e0371039_8445319.gif
e0371039_844445.gif
e0371039_8443672.gif
e0371039_8442780.gif
e0371039_8441938.gif
e0371039_844967.gif
e0371039_844092.gif
e0371039_847168.gif
e0371039_8471063.gif
e0371039_847185.gif
e0371039_8472859.gif
e0371039_8473690.gif
e0371039_8474553.gif
e0371039_8475457.gif
e0371039_848491.gif
e0371039_8481220.gif
e0371039_8482188.gif
e0371039_8482934.gif
e0371039_8483653.gif
e0371039_8484571.gif
e0371039_8485339.gif
e0371039_849023.gif
e0371039_849934.gif
e0371039_8491736.gif
e0371039_8492592.gif
e0371039_8493384.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8495254.gif
e0371039_84959100.gif
e0371039_850814.gif
e0371039_8501813.gif
e0371039_8503057.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 21:17 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 夏山 “ 白馬岳から唐松岳縦走 ”:8月3日(木)夜~6日(日)、予備日 7日(月)

中止
e0371039_21165129.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 21:16 | 中止山行 | Comments(0)

☆ 夏山 北アルプス 鷲羽岳:8月3日(木)~5日(土)

e0371039_8501887.gif
 アルペン芦山会員二人連れの夏山です。T田さんより便りがありました。  
 鷲羽岳は北アルプスの中央部にあり、標高2924m、三角錐の堂々とした山容であり、頂上からの眺めも素晴らしく、日本百名山の一つである。
 ところがこの山を登ろうとすると奥まった場所にあるため、通常は縦走の時に通過するという場合が多い。
 この周辺の山はほとんど登ったが、この山だけが登っておらず、百名山の空白点になっていたので、この山だけを目標にA川さんと個人山行を試みた。

                             写真をスライドショーで見るhttps://1drv.ms/f/s!AgfcUVFRbzsojXH6i9Z8zNqCx6oJ 
    8月3日 新穂高温泉から鏡平小屋        

 3時半に車で芦屋を出発、新穂高温泉には9時ごろに到着。ワサビ平小屋から鏡平小屋に登る。
 終日曇りで一時少し雨が降ったが、14時半に到着。夕方少し晴れてきたが、槍穂高は見えない。小屋は大変な混みようで、布団1枚に2人が詰め込まれた。           

      8月4日 鷲羽岳往復

 A川さんの大きなザックに置いていくものを纏めて、軽装のサブザックで5時前に出発。
 槍ヶ岳がチラリと見えるがどの山も霧の中である。
 双六小屋からトラバース道を経て三俣蓮華小屋へ。ここまでは来たことがある懐かしい場所。小屋に荷物を預けて、水と貴重品を持っていよいよ鷲羽岳に登る。
 標高差で400m弱。11時過ぎに頂上に着いた。
 出発からすでに6時間がたっている。このころから天気が良くなってきて槍ヶ岳や周辺の山々が望める。
 11時20分に下山を開始。往路を引き返す。道は登り下りが多く、ほとんど登りと変わらない時間がかかり、鏡平小屋には17時丁度に到着。12時間強の行動時間でかなり疲れた。因みに昭文社の時間では休憩なしで11時間である。
 小屋は昨日より大分空いており、二段ベッドの部屋を割り当ててくれた。 
   
      8月5日 鏡平から新穂高温泉へ下山

 5時5分に小屋を出た。天気が良くて槍ヶ岳から穂高が一望なので鏡池で写真を撮る。
 池の面に連山が写り、これがこの小屋の最大のセールスポイント。十分満足。
 駐車場には9時すぎに到着。平湯のバスターミナルの温泉でさっぱりして、家に帰ったのは3時半。都会の暑さに驚く。<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8481950.gif
e0371039_848299.gif
e0371039_8483563.gif
e0371039_848488.gif
e0371039_8485717.gif
e0371039_849644.gif
e0371039_8491542.gif
e0371039_8492470.gif
e0371039_8493365.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8494928.gif
e0371039_850059.gif
e0371039_850830.gif
e0371039_8501887.gif
e0371039_8504077.gif
e0371039_8504859.gif
e0371039_8505598.gif
e0371039_8511430.gif
e0371039_8512142.gif
e0371039_8513170.gif
e0371039_851391.gif
e0371039_8514731.gif
e0371039_8515540.gif
e0371039_852146.gif
e0371039_8521069.gif
e0371039_8522273.gif
e0371039_8523072.gif
e0371039_8523947.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 08:47 | 泊りがけ山行 | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31