アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:泊りがけ山行( 22 )

☆ 東北の百名山 “ 朝日岳・月山・鳥海山 ” :8月23日(水)~27日(日)

e0371039_7544.png
e0371039_1524795.gif
アルペン芦山の例会夏山のひとつです。メンバーは会員4名、リーダーT田さんよりの便りです。

 東北の百名山である大朝日岳は通常は山中1泊で登る山であるが、朝日鉱泉から中ツル尾根を登ると往復11時間で日帰り登山が可能。
 これに挑戦することが今回のテーマ。
 登頂後は近くの月山(ロープウエーが使える)、や鳥海山も登ろうということで計画をたてた。
 今年の夏はどうも天候が安定しないが、なんとか持ちそうなので8月23日早朝に車で出発。朝日鉱泉には16時ごろに到着した。

 翌日24日、午後3時ごろから雨になるとの予報で、小屋の主人も早めに出た方がよいとのアドバイス。4時半に出発した。
 約2時間、朝日川に沿った道を歩き、二俣から中ツル尾根に取り付く。急登の連続だが、おかげで高度は稼げる。
 宿を出たときから雨は降ったり止んだりで眺望は利かない。ガスの中で川を挟んだ小朝日岳が良く見える。
 ほぼ予定時間の11時に頂上着。何も見えないし、風もあるので、少し下った這松の陰で昼食。
 いよいよ下りにかかると、このころから凄まじい豪雨となった。風もきつくなり森林限界までは足元にも注意がいる。時々見える小朝日岳の側壁には数百mの滝がいたるところに懸かる。

 この調子では朝日川沿いの道が気になるので、急いで下る。二俣に降りたのは2時半。
 天気さえよければ4時か4時半には戻れるが、川はすさまじい濁流が渦巻き、これから先の状況が読めない。吊橋は順調に渡れるが、2ヶ所ほど本流の河原を歩く所があり、まずは此処がポイント。ヘツリができるギリギリの水位であり、まず1ヶ所目は通過。
 2ヶ所目に来たところで、宿の主人が心配して迎えに来てくれたのと出会う。宿泊者が我々だけだったのと、われわれの歩行時間がコースタイム通りだったので、喜んでくれた。
 この場所は本流の端を膝くらいの深さでトラバース。濁流で水深が判らないのですり足で進む。ここを通過すると後は水流より高い場所の道なので安心。
 次の関門は右岸から流れ込む沢の横断が2ヶ所ある所で、往路は飛び石伝いに簡単に進めたが、たどり着いてみると、唖然とするくらいの激流。宿の主人が来たときよりもさらに増水していた。
 小雨になれば30分ほどで減水するとのことだが、すでに東北一帯には大雨警報が出ているとのことで、相談しているあいだにも増水していくので、太ももくらいまで水に入るところもあるが、宿の主人の力を借りて強硬突破。2ヶ所目は水量が少ないので簡単に突破できた。
 後は道を下るだけなので、宿の主人は先に走り下る。ほとほと疲れたがゆっくり歩き、17時45分暗くなる前に無事到着。
 びしょ濡れの雨具や衣類を干して、温泉に入り人心地つく。
 花火で有名な秋田県の雄物川は堤防決壊なども起こっているらしく、明日の月山は中止と決める。           
     8月25日 酒田・象潟観光 

 起きてみるとまだ雨は降り続いている。
 宿の主人は、林道が土砂崩れで通れなくなる可能性もあるから、早めに出た方が良いとのアドバイス。出発の8時半ころには雨が上がった。
 いずれにしても山は十分堪能したので、以降の計画は全て中止。酒田や秋田県の象潟を見学して象潟で一泊。夕方には晴れて、鳥海山や日本海の夕日が素晴らしい。
 26日7時に宿を出て夕方帰宅した。<写真もT田さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_1523616.gif
e0371039_17325666.gif
e0371039_17324786.gif
e0371039_1732367.gif
e0371039_17322870.gif
e0371039_17321729.gif
e0371039_152553.gif
e0371039_17315894.gif
e0371039_1522819.gif
e0371039_1522067.gif
e0371039_152924.gif
e0371039_1515930.gif
e0371039_1541997.gif
e0371039_1541158.gif
e0371039_154218.gif
e0371039_1535276.gif
e0371039_153415.gif
e0371039_1533121.gif
e0371039_1532315.gif
e0371039_1531468.gif
e0371039_153790.gif
e0371039_1514678.gif
e0371039_1542569.gif
e0371039_1544396.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-23 07:03 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 日本最後の秘境を歩く “ 北ア・水晶岳~鷲羽岳~笠ヶ岳 ” :8月17日(木)夜~21日(月)

e0371039_20401437.png
e0371039_8333046.gif
  アルペン芦山の夏山例会のひとつです。 会員メンバー4名。リーダY田さんの文とK田さんの写真の便りです。
全写真はこちらから https://1drv.ms/f/s!AjQN1cIg4ZrphHI0O3MCXF1LMSTY

  今回の山行は北アルプスの最深部、裏銀座約60kmを四日間で歩くというロングハードコース。
   今年の夏は天候不順で梅雨明け後もなかなか晴れの日が続かない。当山行も天気が気になる。天気予報 「良」 を信じて出発。
   四日の間、三日は晴れで天気にも恵まれた。メンバーは健脚でみごとに歩きぬいた。      

 登山口の折立から樹林帯の急登をひたすら歩き太郎兵衛平に到着、薬師岳はガスがかかり見えない。
ここから幾つかの沢を渡渉し薬師沢小屋に到着、ここは薬師沢と黒部川の合流点で趣のある小屋だ。

  早朝、吊り橋を渡り雲の平へ原生林の雰囲気のある急坂をひたすら登る。約一時間半、木道が現れたら一安心。
雲の平山荘外ベンチでひと休み、お楽しみのコーヒーブレーク。
 ガスが取れて祖父岳から双耳峰の水晶岳、ワリモ岳から鷲羽岳の稜線、そして堂々と聳え立つ黒部五郎岳が眺望できた。ワリモ北分岐にザックをデポし水晶岳に登頂、ワリモ岳~鷲羽岳はお花畑の稜線歩き、アルプスの天空の山歩きが満喫出来た。
 雄雄しく美しい山容の鷲羽岳を踏破し本日の宿、三俣山荘に到着、ここは勤労者山岳連盟の創立者、伊藤正一さんが建てた小屋。困難を極めた工事だったとの事。感謝。

 三俣蓮華岳は富山・岐阜・長野県境にありミヤマキンポウゲ・ヨツバシオガマ・ハクサンフウロ他多くの高山植物が咲き乱れまるでお花畑の中を歩いているようだ。
 山頂からは槍穂高連峰・後立山・立山連峰と360°の大パノラマ。絵になる風景だ。
 双六小屋では中学生の課外学習の生徒による澄んだ歌声に胸をうたれた。
 弓折岳付近で二羽の雷鳥と会えた、良かった、明日は雨かな? 
 ひときわ均整のとれた美しさを見せる 「笠ヶ岳」 はやはり飛騨の名峰だ。期待していた槍~穂の眺望はガスがかかり見えなかったが存在感のある山だ。
  
 笠新道の下りは長くて険しい。少し心配して予定より早く出発したがコースタイムより早く楽々下山した。(Y田さん記 (略))<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8345928.gif
e0371039_8344619.gif
e0371039_8343336.gif
e0371039_8342318.gif
e0371039_8341321.gif
e0371039_834376.gif
e0371039_833558.gif
e0371039_833396.gif
e0371039_83318100.gif
e0371039_8331032.gif
e0371039_833173.gif
e0371039_8325090.gif
e0371039_8324170.gif
e0371039_8323211.gif
e0371039_8351274.gif
e0371039_8352286.gif
e0371039_8353537.gif
e0371039_8354648.gif
e0371039_8355738.gif
e0371039_8361160.gif
e0371039_8362274.gif
e0371039_8363644.gif
e0371039_8364813.gif
e0371039_837138.gif
e0371039_8371480.gif
e0371039_8372653.gif
e0371039_8374036.gif
e0371039_8375156.gif
e0371039_838449.gif
e0371039_8381929.gif
e0371039_8383174.gif
e0371039_8384625.gif
e0371039_8385768.gif
e0371039_839922.gif
e0371039_8392157.gif
e0371039_839358.gif
e0371039_8394780.gif
e0371039_8395978.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-17 20:38 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ ゆっくり夏山 “ 燕岳から常念岳 縦走 ” :8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月)

8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月) 6月山歩案内の予定を変更して実施します。
e0371039_21181914.png
e0371039_8465450.gif
アルペン芦山の夏山の一つです。メンバーは会員5名。リーダーT本さんよりの便りです。写真はT本さんとK林さんよりです。
  山行中はほぼ午前は晴れ、午後は東側にガスが出て、西側はクリアという天候が続き、ラッキーだった。
 「のんびり夏山」の趣旨に沿ってペースはゆっくりめを心がけた。沿道の高山植物や鳥を見たり、写真に撮ったりも大事な山行目的の一つである。
 もっとも夏山シーズン真っ最中とあって小屋は満員のため、早めに着いて、いい部屋や早い食事をあてがってもらわねばならず、兼ね合いが難しい。
 サブリーダーのT田さんはペースセット、休憩、追い越し(追い越され)、交差待ちなど、誠に適切な判断で安心であった。
 8月3日 阪急三番街のバスターミナルを8時に出発。割に空いている。
 中房温泉は建物や設備か古いせいか、すいていた。しかし温泉は充実している。男2人は5カ所を回る。朝風呂も。値段は安いが食事はそれなりである。水はうまい。

8月4日 中房温泉を0725に出て合戦尾根へ。
 長い登りは坦々とこなす。名物のスイカを頬張る。とてもおいしい。燕山荘では新館に案内される。一角の6人部屋をわれわれ5人だけで使える。トイレも近く、清潔である。
 まず燕岳へ往復する。コマクサの群落が各所にある。白い砂、黒い岩、緑のハイマツと山小屋。どこも絵になる景色だ。
 山頂からの帰り、見え隠れする山頂を同定していて、雲間に鷲羽岳を見つける。T田さん、A川さんが登っているだろうか。その左手の大きなカールに面しているのは三俣蓮華岳だ。
 燕山荘に戻ってコーヒーとケーキ。外に出て夕暮れの空を眺めていると稜線と雲に夕日が映えて美しい夕焼けだ。
                                 
 8月5日 0345起床、0415の一番の朝食に並ぶ。
 食後日の出を見る。富士山が雲海のかなたに見える。
 槍ヶ岳は間近だ。広場に出て体操しようとするとイワヒバリがちょこまか。全く人を怖がらない。
 0555出発。前方には大天井岳、やや右手に槍ヶ岳、右側方に鷲羽岳、三俣蓮華岳、昨日は見えなかった双六岳もくっきり。素晴らしいパノラマである。
 大天荘へ登る途中でハイマツの中に雷鳥の親子が見え隠れしている。
 大天井岳頂上を往復し、目の前の槍ヶ岳をバックに記念写真撮影。
 常念小屋は大混雑だった。12人定員の部屋にきっちり12人。布団1枚に2人の計算である。廊下はザックであふれそう。従業員も少ないのか大忙しだった。21時消灯。今夜は星は見えない。
     
  8月6日 常念岳へのピストンと下るだけなので、0550食事とする。この頃はもうすいてきて、のんびりムード。
 水とウインドブレーカーだけを持って登る。常念乗越との高度差は約400mだが、ゴロゴロした岩の上を踏んでいく気を遣う道である。頂上ではホシガラスが飛んできた。ガスの中、屏風岩が目の前、上高地はほぼ見える。晴れていれば大展望の場所だ。時折ガスが切れて稜線が見えるのでもう少し、もう少しとつい長居してしまった。
 小屋に下りて一服し、タクシーを一の沢登山口に予約して下山だ。九十九折りの道をひたすら下る。1100m余りのうち後半は緩やか。沢の水音は涼しげだが、気温はどんどん上がる。1336タクシーの待つ林道終点に着いた。
 会員制リゾートホテルで貸し切り状態の入浴、穂高駅前のおいしいそばを食べて解散した。 <T本さん記  略><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8464669.gif
e0371039_8463682.gif
e0371039_8462625.gif
e0371039_8461870.gif
e0371039_846114.gif
e0371039_846373.gif
e0371039_8455684.gif
e0371039_8454632.gif
e0371039_8453831.gif
e0371039_8453094.gif
e0371039_8452218.gif
e0371039_845978.gif
e0371039_845072.gif
e0371039_8445319.gif
e0371039_844445.gif
e0371039_8443672.gif
e0371039_8442780.gif
e0371039_8441938.gif
e0371039_844967.gif
e0371039_844092.gif
e0371039_847168.gif
e0371039_8471063.gif
e0371039_847185.gif
e0371039_8472859.gif
e0371039_8473690.gif
e0371039_8474553.gif
e0371039_8475457.gif
e0371039_848491.gif
e0371039_8481220.gif
e0371039_8482188.gif
e0371039_8482934.gif
e0371039_8483653.gif
e0371039_8484571.gif
e0371039_8485339.gif
e0371039_849023.gif
e0371039_849934.gif
e0371039_8491736.gif
e0371039_8492592.gif
e0371039_8493384.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8495254.gif
e0371039_84959100.gif
e0371039_850814.gif
e0371039_8501813.gif
e0371039_8503057.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 21:17 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 夏山 北アルプス 鷲羽岳:8月3日(木)~5日(土)

e0371039_8501887.gif
 アルペン芦山会員二人連れの夏山です。T田さんより便りがありました。  
 鷲羽岳は北アルプスの中央部にあり、標高2924m、三角錐の堂々とした山容であり、頂上からの眺めも素晴らしく、日本百名山の一つである。
 ところがこの山を登ろうとすると奥まった場所にあるため、通常は縦走の時に通過するという場合が多い。
 この周辺の山はほとんど登ったが、この山だけが登っておらず、百名山の空白点になっていたので、この山だけを目標にA川さんと個人山行を試みた。

                             写真をスライドショーで見るhttps://1drv.ms/f/s!AgfcUVFRbzsojXH6i9Z8zNqCx6oJ 
    8月3日 新穂高温泉から鏡平小屋        

 3時半に車で芦屋を出発、新穂高温泉には9時ごろに到着。ワサビ平小屋から鏡平小屋に登る。
 終日曇りで一時少し雨が降ったが、14時半に到着。夕方少し晴れてきたが、槍穂高は見えない。小屋は大変な混みようで、布団1枚に2人が詰め込まれた。           

      8月4日 鷲羽岳往復

 A川さんの大きなザックに置いていくものを纏めて、軽装のサブザックで5時前に出発。
 槍ヶ岳がチラリと見えるがどの山も霧の中である。
 双六小屋からトラバース道を経て三俣蓮華小屋へ。ここまでは来たことがある懐かしい場所。小屋に荷物を預けて、水と貴重品を持っていよいよ鷲羽岳に登る。
 標高差で400m弱。11時過ぎに頂上に着いた。
 出発からすでに6時間がたっている。このころから天気が良くなってきて槍ヶ岳や周辺の山々が望める。
 11時20分に下山を開始。往路を引き返す。道は登り下りが多く、ほとんど登りと変わらない時間がかかり、鏡平小屋には17時丁度に到着。12時間強の行動時間でかなり疲れた。因みに昭文社の時間では休憩なしで11時間である。
 小屋は昨日より大分空いており、二段ベッドの部屋を割り当ててくれた。 
   
      8月5日 鏡平から新穂高温泉へ下山

 5時5分に小屋を出た。天気が良くて槍ヶ岳から穂高が一望なので鏡池で写真を撮る。
 池の面に連山が写り、これがこの小屋の最大のセールスポイント。十分満足。
 駐車場には9時すぎに到着。平湯のバスターミナルの温泉でさっぱりして、家に帰ったのは3時半。都会の暑さに驚く。<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8481950.gif
e0371039_848299.gif
e0371039_8483563.gif
e0371039_848488.gif
e0371039_8485717.gif
e0371039_849644.gif
e0371039_8491542.gif
e0371039_8492470.gif
e0371039_8493365.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8494928.gif
e0371039_850059.gif
e0371039_850830.gif
e0371039_8501887.gif
e0371039_8504077.gif
e0371039_8504859.gif
e0371039_8505598.gif
e0371039_8511430.gif
e0371039_8512142.gif
e0371039_8513170.gif
e0371039_851391.gif
e0371039_8514731.gif
e0371039_8515540.gif
e0371039_852146.gif
e0371039_8521069.gif
e0371039_8522273.gif
e0371039_8523072.gif
e0371039_8523947.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-03 08:47 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 北海道の百名山(4山):7月31日(月)~ 8月9日(水)

7月31日(月)~ 8月9日(水) 5月山歩案内の予定を変更して実施します。
e0371039_751537.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-31 07:03 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 中央アルプス 空木岳山行 : 7月24日(月)~27日(木)

 アルペン芦山会員5名パーティによる夏山報告です。
 リーダーのK島さんより写真と参加者全員の感想文が届きました。
 天候には恵まれず、風とガスと雨のなかの歩行がつづき、岩稜を越え、クサリ、梯子を超えて頂上に達し、可憐な高山の花を眺めて有意義で楽しい山行となった様子です。
   ・・・ (山行報告と参加者の感想文はアルペン芦山会報に掲載されます) ・・・
 
   <写真はK島さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_14352398.gif
e0371039_14353058.gif
e0371039_1435381.gif
e0371039_14354853.gif
e0371039_1435577.gif
e0371039_1436575.gif
e0371039_14361512.gif
e0371039_1436252.gif
e0371039_14363274.gif
e0371039_14364274.gif
e0371039_14365556.gif
e0371039_1437291.gif
e0371039_14371220.gif
e0371039_14371878.gif
e0371039_14372644.gif
e0371039_14373791.gif
e0371039_1437438.gif
e0371039_1437534.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-24 14:37 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 東北飯豊山石転び沢 およ び東北の百名山 :6月9日(金)~15日(木)

e0371039_733760.png
e0371039_10253061.gif
 アルペン芦山会員3名のパテーによる山行です。リーダーのT田さんからの便りです。

 東北の百名山の中でも一番手ごわい飯豊山を準バリエーションの石転び沢雪渓から登ろうと計画を立てた。
 山中では無人小屋の梅花皮(カイラギ)小屋に2泊するので、荷物は12~15Kgにはなる。メンバーはT田、O田、A川の3名。
 登山口から小屋までは標高差1400m、そのうち1200mは雪渓で、最後の部分の雪面の傾斜は45度を超える。勿論、ヘルメット、ピッケル、アイゼンは必携である。

 6月9日、自家用車で出発し、10時間走って麓の国民宿舎梅花皮山荘に宿泊。
 10日は5時半に出発。11時ころまでは一時的に陽も射したが、それ以降は豪雨、雷、強風となり、加えて傾斜が45度という厳しい条件となった。
 ただメンバーは元気で、予定時間より早く小屋に着くことができた。無人小屋だが結構快適。ただし凄まじい風と雨の音が夜通し続いていた。
 11日は雨は上がったものの濃霧と強風でとても飯豊本山は無理なので、登ってきた石転び沢を下降した。上部の急斜面は特に慎重に下った。中腹からは傾斜も落ちて、陽も射してきて快適に下った。
 予定より1日早く降りて来たので、蔵王に行くことにして山形駅前で宿泊。アルペン芦山山行管理部に状況を報告して了解を得た。
 12日は蔵王を登り午後からは、F沢会員のお宅に(夏季は山形に帰省してお住まい)伺い大歓待を受けて泊めていただいた。
 13日は西吾妻山を登り、その後岳温泉へ向い民宿泊。
 14日は午前中に安達太良山に登り、午後は裏磐梯から磐梯山を登った。それまでの天気は曇りとか雨であったが、磐梯山は素晴らしい晴天で、ブナの新緑の木漏れ日の中を登り、頂上からは猪苗代湖や桧原湖もよく見えて最後のご褒美という感じであった。この日は五色沼のペンション風の民宿に宿泊。
 15日は朝から快晴。五色沼を散策して帰路についた。結果的には百名山を4山登れたが、当初目標の飯豊は撤退を余儀なくされた。別ルートから再挑戦を果たしたい。
             (T田さん記。・・・詳しい山行記録はアルペン芦山会報8月号に掲載されます)<写真もT田さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_10252089.gif
e0371039_10254066.gif
e0371039_10254979.gif
e0371039_10255743.gif
e0371039_1026845.gif
e0371039_10262172.gif
e0371039_10263020.gif
e0371039_10263912.gif
e0371039_10264823.gif
e0371039_10265674.gif
e0371039_1027530.gif
e0371039_10271517.gif
e0371039_10272570.gif
e0371039_10273348.gif
e0371039_10274329.gif
e0371039_10275364.gif
e0371039_1028370.gif
e0371039_1028138.gif
e0371039_10282299.gif
e0371039_10283357.gif
e0371039_10284199.gif
e0371039_10285736.gif
e0371039_1029689.gif
e0371039_10291624.gif
e0371039_10292536.gif
e0371039_10293637.gif
e0371039_10294680.gif
e0371039_10295470.gif
e0371039_1030350.gif
e0371039_10301197.gif
e0371039_10301741.gif
e0371039_10302681.gif
e0371039_10303473.gif
e0371039_10304856.gif
e0371039_1030585.gif
e0371039_10311015.gif
e0371039_10312166.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-06-09 07:02 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 秘滝! 「双門の滝」を見よう! “ 双門の滝~八経ヶ岳~行者還岳 ” :6月2日(金)~4日(日)

e0371039_785523.png
e0371039_712516.gif
 アルペン芦山会員メンバー4名の山行です。リーダーのY田さんよりの便りです。  

 目的は「日本の滝100選」の中で最も到達が困難とされる双門の滝を見る。岩の双門という自然の造形美を探索する。関西で最難関と言われる弥山川~双門コースを歩く。

 今回は弥山川に沿って熊渡から狼平まで、やせ尾根、絶壁に設けられた多数の梯子を登り続け、大岩を乗り越え、徒渉を繰り返す難関コースだ。
 取り付きの釜滝で水量をチェック、少ない、OK!。傾いた木橋は滑りやすく手すりにつかまりながら慎重に歩く。岩場のトラバース、大岩の乗り越えも一歩ずつ確実に進めば大丈夫。 
 辿り着いた滝見テラスから対岸に仙人嵓の大岩壁、雄大なゴルジュ、弥山川ブルーが見え、そして威圧感がありかつ気品のある自然の造形美、双門の滝に感動!
 テラスから少し登りレリーフから岩の双門を探しに行く。
 コンパスの角度を頼り目標物を確認し発見。これこそが双門、大自然の造形美に大感動! 
 ハイライトの空中梯子、空中回廊も気合でクリア。狼平への吊り橋がみえ一安心。予定時間通り弥山小屋に到着した。

 二日目はうって変わって尾根道の楽々コース。近畿最高峰の八経ヶ岳から気になる鋭鋒頂仙岳へ挑戦、尖っている割にしんどくない。
 山頂は眺望はないがシャクナゲが美しい。ここでまったりとコーヒーブレイク。ナメリ坂、澄んだ空気とブナの新緑に癒される。双門コースとは違った幸せを実感。
 天女の舞に未練を感じつつカナビキ尾根で下山。予定時間より少し早く全員無事下山した。(略)
   
    <写真は神田さん、O村さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>  全撮影写真はこちら https://1drv.ms/f/s!AjQN1cIg4ZrphFH6N9NmptsWfV-6 スライドショウ設定でご覧ください。
e0371039_793620.gif
e0371039_79464.gif
e0371039_795526.gif
e0371039_710694.gif
e0371039_7102310.gif
e0371039_7103261.gif
e0371039_7104263.gif
e0371039_7105073.gif
e0371039_7105967.gif
e0371039_7111085.gif
e0371039_7112078.gif
e0371039_7113641.gif
e0371039_7114951.gif
e0371039_712176.gif
e0371039_7121110.gif
e0371039_7101516.gif
e0371039_7122280.gif
e0371039_7123269.gif
e0371039_7124246.gif
e0371039_712516.gif
e0371039_713134.gif
e0371039_7131186.gif
e0371039_7132125.gif
e0371039_7133149.gif
e0371039_7134087.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-06-02 19:41 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 北海道 花の名山 アポイ岳への旅:6月2日(金)~6日(火)

e0371039_18175955.gif

 アルペン芦山の女性会員4人メンバーの山旅、M住さんからの便りです。

 当初の雨予報も回避され、北海道の大自然を満喫してきました。

 この時期、観光客も少なく、目に映るは広大な大自然のみ。
 日高、十勝、大雪山山脈は白い雪を抱き、その麓では牛や馬が放牧され、青々とした若葉の樹林が続く。絵葉書のような風景に圧倒される。

 目的の 「アポイ岳」、林道歩きから始まり、5合目避難小屋通過後は 「花の名山」 のごとく様々なお花が今が盛りと展開する。カンラン岩の岩場が山頂まで続きアルペン的な要素もあり面白い。
 登山道からは眼下に太平洋のパノラマが望めるはずだがガスに覆われ残念。 ダケカンバに覆われた山頂は静かだった。
 
  まっすぐに伸びる自動車道は何処に行ってもプライベートロード状態でハンドルさばきも軽やかにドライビングを楽しんだメンバーたち。
 北海道の良さを充分楽しんだ4泊5日の旅でした。(M住 記)


 コース:新千歳~トムラウシ温泉~摩周湖~釧路~釧路湿原~花畑牧場~襟裳岬~アポイ岳(810.6m)~士幌高原~新千歳 (走行距離1,294㎞)

        <写真もM住さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_18161041.gif
          
e0371039_18161952.gif
e0371039_18162858.gif
e0371039_1816361.gif
e0371039_18164599.gif
e0371039_18165372.gif
e0371039_1817281.gif
e0371039_18179100.gif
e0371039_18171711.gif
e0371039_18172654.gif
e0371039_18173591.gif
e0371039_18174996.gif
e0371039_18181080.gif
e0371039_18182121.gif
e0371039_18183199.gif
e0371039_18184321.gif
e0371039_18185428.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-06-02 18:14 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ テント泊入門山行 “ 明神平でテント泊を楽しみませんか ” :5月20日(土)~21日(日)

e0371039_19411272.png
e0371039_6315461.jpg
目的
テント泊入門として人気のあるスポット、明神平でテント泊を楽しみ,台高山脈北部に位置する薊岳~桧塚奥峰~伊勢辻山を縦走する。メンバーには事前ミーティングで負荷12k~15kの自主歩荷トレを課題としておいた。

報告
芦屋グループは神田さんの車で、大阪グループは池田さんの車で東吉野の大又で合流した。地元の人のご厚意で神社前に駐車できた。登山口から薊岳までは標高差約1000ⅿを登る。登山口(大又)からは吉野杉の植林帯が続き風もなく蒸し暑い。各自自主トレの成果か難なく登っている。薊岳山頂はシャクナゲが満開、癒される。見渡す限り山山山の眺望に大満足。前山までは苔むした岩とブナ林、幻想的な景色に「来て良かった」との声。 明神平のテント場もベストの場所がキープできた。水汲み班、テント設営班、に分かれテキパキと役割りをこなす。明神平のおいしい水(?)を使って濱中チーフシェフの指揮で美味しい贅沢なべを頂き全員満腹大満足。満天の星の下、就寝。
鳥のさえずりで目が覚め、村井シェフおすすめのフランスパン・サラダ・チーズ・ハム・コーヒーの朝食を頂いた。桧塚奥峰は三重県最高峰、山頂からは台高山脈~大峰山系が見渡され360度の大展望。山が深い。ここが日本オオカミ最終生息地だったことも納得できる。テント撤収もスムーズ。下山は水無山~国見山~伊勢辻山と縦走し踏み跡のうすい道を地図・コンパスでルートファインディングしながら歩いた。二股橋からは左岸道が崩れているところが数か所あり慎重に歩いた。このルートはやがては使えなくなると思う。希望者で登山道から少し離れたところにある和佐羅の滝に行く。さすが奈良の名瀑迫力がある。ただ登り返しは大変。予定時間より早く全員無事下山。
今回、かなり体力を要する山行となったが、全員体力があり自主トレもできており達成感のある山行が出来たと思う。次回のテント泊が楽しみだ。
e0371039_6323712.jpg
e0371039_634501.jpg
e0371039_6385687.jpg
e0371039_6325457.jpg
e0371039_6333465.jpg
e0371039_6335392.jpg
e0371039_6503933.jpg
e0371039_6331558.jpg
e0371039_6321893.jpg
e0371039_632638.jpg
e0371039_632274.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-05-20 19:39 | 泊りがけ山行 | Comments(1)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31