アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:マラニック( 4 )

★ 六甲山・摩耶山マラニック~ヴォーリズ山荘をたずねて :7月17日(月・祝)

e0371039_20291223.png
e0371039_22572976.jpg
参加者:CL辻本、天王寺谷、古田、村井(計4人)
コースタイム:0900六甲ケーブル下=0915山上駅~0940ヴォーリズ山荘~1030凌雲台~1110/1245ヴォーリズ山荘~記念碑台~1357掬星台(解散)
神戸新聞に掲載されたが、一般参加者はなかった。杉本さんも集合場所に現れるが別行動で山荘へ。4人は六甲ケーブルに乗り、ゴルフ場脇を通ってヴォーリズ山荘に着いたところ、まだ開いておらず、電話で問い合わせると11時からとのこと。本日のメインの施設だったので外せない。凌雲台やカンツリーハウスをジョギングして時間待ちする。11時過ぎ、山荘の中に入ると杉本さんが先着しており、一緒にていねいな説明を聴く。本当に使いやすそうな、りっぱな山荘である。とてもおいしいコーヒーとケーキのセット(550円)をいただいてすっかり長居してしまった。
山荘を出てゆっくり走って摩耶山へ。掬星台ではランナーとおぼしい若い男女十数人が野外パーティーのように食事している。トレイルランナーはここ数年びっくりするくらいに増えている。
ここで解散し、3人はロープウエイとケーブルで、1人は上野道から下界へ。下りるにしたがって暑さが増し、汗が吹き出した。(辻本記)
e0371039_22524937.jpg
e0371039_22532732.jpg
e0371039_612679.gif
e0371039_2304411.jpg
e0371039_2254467.jpg
e0371039_22551529.jpg
e0371039_22554423.jpg
e0371039_22561944.jpg
e0371039_2257644.jpg
e0371039_2258176.jpg
e0371039_22582147.jpg
e0371039_2313882.jpg
e0371039_2258583.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-17 20:28 | マラニック | Comments(1)

★ 烏原貯水池一周マラニック と き:5月20日(土)

e0371039_775737.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-05-20 06:56 | マラニック | Comments(1)

★ 琵琶湖疏水花見マラニック :4月15日(土)

e0371039_1922926.png
e0371039_2051340.gif
 最近人気のマラニック。マラニックとは 「マラソン+ピクニック」 という意味の造語です。ガツガツ、マラソンなどを走るのもいいですが、観光や景色を楽しみ、タイムや順位を競わないマラニックはとても楽しいものです。
 アルペン芦山では5年ほど前からT本さんが主宰で年3~4回恒例で、このユニークな催しを行ってきました。
 今回参加者は会員4人。T本さんからの便りです。

 暖かい花曇り。午後にわか雨ありという予報である。かなり地下深くにある京都市営地下鉄蹴上駅から地上に出ると、たくさんの人々がインクラインの方へ上がってゆく。われわれ4人はネジリマンポを出たあたりで準備体操し、走るための服装を整える。
 0920スタート、南禅寺に向かった。水路閣の下をくぐって水路脇の通路に出ようとしたところ、工事のため通行止めになっており、やむなく山道を行くことにし「七福思案処」を目指した。
 南禅寺からの道、大文字山からの東山縦走路、日向大神宮に行く道などが交差しており、あっちも御利益、こっちも福、と思案するので名がついたという。かなり上ったと思う0950頃やっと到着。
 予定コースでは日向大神宮に向かうのが筋だが、標高を稼いだことでもあり、天智天皇陵などもまたの機会にして、時間があれば寄ろうと思っていた毘沙門堂に直接向かうことにした。
 コンパスをちゃんと合わせて山道をたどっていると、道は谷に下るのと上り気味のと左右に分かれていた。コンパスは上りを指している。10センチ角の小さな道標があり、上りが正解。ここからまた結構な上りがあった。これでは「疏水沿いのフラットなコースで初級」という案内とは全く違って「トレイルランニング、中級」とすべきところだ。
 1030毘沙門堂に到着。見事に満開のしだれ桜をバックに記念撮影した。やっと疏水に出ると菜の花と咲き競う桜が美しい。一灯園を経て小関越に向かおうとする頃、にわかに雨が本降りになった。風も強く、雨を避ける場所もないので、四宮駅から電車で大津に行くことにする。
 駅は結構遠く、途中で雨はやんだ。1146四宮発の京阪京津線の4両編成電車は急カーブを次々に曲がって上栄町駅に。170円。大津赤十字病院の脇を曲がってちょいと坂を上り、琵琶湖疏水に出る。取り入れ口付近は散り急ぐ桜がとても美しい。ここでも記念撮影し、1230浜大津駅で解散した。

 記録:京都市営地下鉄蹴上駅0900~ネジリマンポ脇0920~0950七福思案処~1030毘沙門堂1045~1109一灯園~京都・大津市境あたりで雨~京津線四宮駅1146=1154上栄町駅~1220琵琶湖疏水取り入れ口~1230浜大津駅(解散)

               <写真もT本さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_2032040.gif
e0371039_2033085.gif
e0371039_2033962.gif
e0371039_2034856.gif
e0371039_2035662.gif
e0371039_204416.gif
e0371039_2041373.gif
e0371039_2042242.gif
e0371039_204306.gif
e0371039_204387.gif
e0371039_2045237.gif
e0371039_205331.gif
e0371039_205271.gif
e0371039_2053951.gif
e0371039_2054841.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-04-15 19:21 | マラニック | Comments(0)

★ 酒蔵巡りマラニック :2017年1月14日(土)

e0371039_792237.png
晴れたが、寒く風の強い日。酒蔵の開館に合わせて午前10時の集合とし、10:10に阪神魚崎駅を出発した。
 住吉川の河川敷道を通って、最初の浜福鶴吟醸工房へ。
 説明者の名調子に感心した。ここでは近代化された工場内部が見られる。いろんな新商品を試飲させてくれた。
 次いで菊正宗酒造記念館、白鶴酒造資料館へ。両館とも歴史的な酒造りの資料が充実し、手作りだった工程が分かる展示である。
 神戸酒心館ではノーベル賞受賞晩さん会に出された「純米吟醸 福寿」は残念ながら品切れで、試飲もかなわなかった。
 国道を渡って乙女塚古墳に立ち寄る。謡曲「求女塚」の題材にもなり、歌枕でもある前方後方墳。東西に各2キロずつ離れて、求愛した2人の男の墓とされる東求女塚、西求女塚の前方後方墳がある。
 近くのこうべ甲南武庫の郷でお土産をさらに購入。奥にある旧高嶋平介邸内部を見学していると既に正午を過ぎていた。
 最後に予定していた沢の鶴資料館は割愛し、都賀川沿いに北上して阪神電車大石駅前で12:50解散した。希望者は水道筋商店街での昼食とお風呂へ。
                                                                             (T本さん記)
e0371039_6403658.gif
e0371039_6404679.gif
e0371039_6405699.gif
e0371039_641475.gif
e0371039_6411122.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-01-14 06:10 | マラニック | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31