アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日帰りハイキング( 44 )

★ 関西百名山 白髪岳ハイキング :9月24日(日)

e0371039_640345.png
e0371039_15465316.gif
 アルペン芦山のハイキング例会です。参加者は会員13名、一般2名、計15名。リーダーT本さんからの便りです。

 集合地は福知山線の古市。1時間に2本、丹波路快速が止まる。
 登山口まで1時間あまり、彼岸花が咲き、キンモクセイが香る農村風景の中を歩く。
 登山口は標高400m近くあり、頂上までの標高差は320mしかない。東屋と水場があるがトイレはない。準備体操しいきなりの急登にかかった。ぐいぐい登って主尾根に乗ると間もなく岩場があり、ほどなく細長い山頂。
 昼食後、急坂を下って松尾山との鞍部へ。また急登を登り返し、千年杉を過ぎ、広いが展望のない松尾山頂上に至る。また急坂を下って禅僧の墓石である卵塔が並んでいるのを見て、高仙寺本堂跡に立ち寄り、谷に下って不動の滝へ。途中、食菌のウスヒラタケを収穫した。谷道をしばらく下ると住山の集落に出た。
 急坂が多く、標高差や距離の割には歩きでのある山で「初級ではない」という意見があった。
 登山口から山中を通じて、また下山口を過ぎて集落に入っても、キイロスズメバチが警戒に飛んできた。時には2匹も来た。われわれが集団で行動していることに警戒しているようで、決して刺激しないよう注意が必要だ。
 古市駅0905~登山口1017/1030~白髪岳山頂・昼食1145/1210~松尾山頂1307~卵塔群1340~高仙寺本堂跡1355~不動の滝1420~1528古市駅(解散) (T本さん記(略))

       <写真もT本さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_15471998.gif
e0371039_154711100.gif
e0371039_15464187.gif
e0371039_15463268.gif
e0371039_15462213.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-24 06:39 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★ ハイキング “ 石楠花山 ” :9月10日(日)

e0371039_633821.png
e0371039_1121387.gif
 アルペン芦山のハイキング例会です。参加者は会員13名、一般3名、計16名でした。リーダーのO石さんからの便りです。

 昨年は雨のため中止になったハイキングコースです。
 今年は晴れ、日陰が多く傾斜が緩やかですが、無風状態ではやはりまだ暑いです。
 登山口を入るとすぐ右、炭ヶ谷の名の由来となった炭窯の跡を通ります。登りにつれて谷は小さくなり、水がほとんどないです。
 沢を登り、分岐に出て右方向に進み大きな岩の烏帽子岩を見て少し戻り、笹藪をかき分けて石楠花山山頂の三角点に辿りつきましたが展望はありません。
 広い林道に出て次は右に天狗岩へ通じる道があり、ここからは神戸北区の街並とはるか遠くに淡路島、明石方面の景色が一望できました。
 すぐ手前の展望でみんなといっしょに楽しい昼食。
 下山は西方面にある丸太の階段を下り、ドライブウエイを横切って黄蓮谷へと続きます。
 徳川道の出会いを経てトエンテイクロスは人気コースだけあって家族連れや小グループが沢山行き交っていました。
 休憩をいつもより多く取りましたが、一般の参加者からはちょうど良いと喜んでくれました。
 それでも予定より早く全員無事に下山しました。 (略)


   <写真もO石さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_11215591.gif
e0371039_11214520.gif
e0371039_11212876.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-10 06:32 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ ハイキング “ 瑞宝寺 谷西 尾根から 七曲り へ ” :9月3日(日)

e0371039_713172.gif
e0371039_79282.png
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーのI居さんよりの便りです。参加者は会員8名一般1名でした。 

 コースは夏の暑さを避けて、北面から六甲最高峰に登る。9時に有馬温泉口に集合。
 瑞宝寺まで有馬の街をぬって進む。到着後体操。瑞宝寺公園のなかはルートがいくつもあってややこしいが、今回は見晴台を通るコースにする。
 見晴台で有馬の街や遠く有馬富士まで見える眺望を楽しむ。一旦川まで下がると2年前の土砂崩れの跡が残っていて、すごさが窺える。
 川から筆屋道とわかれ瑞宝寺西尾根にあがるバリエーションルートにはいる。
 道は急登になり、ところどころ岩稜がある。急坂をしのいでから休憩をとり、笹が茂る径をさらに登るとドライブウェーにでた。
 涼しい風が吹いて快いコースだった。
 くだりは七曲のバリエーション。笹が肩まであるところなどあって藪こぎ?を楽しんで七曲りの入口付近に到着。後はそのままメインルートをくだる。
 標準時間2時間15分のところなぜか2時間45分かかったが無事に高座の滝に下り解散をする。 (I居さん記(略))

      <写真はF田さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_701713.gif
e0371039_703235.gif
e0371039_704616.gif
e0371039_705849.gif
e0371039_712362.gif
e0371039_724360.gif
e0371039_714359.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-03 07:08 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ ハイキング “ 白石 谷 ” :8月13日(日)

e0371039_722026.png
e0371039_15125359.jpg
盆の最中に涼を求めた白石谷ハイキングです。家族行事の都合で急遽欠席されたり、逆に参加されたりで参加者は入れ替わり、会員11人と一般1人の計12人となりました。9時に神鉄有馬温泉駅を出発。崖崩れによる通行止め箇所を迂回し、魚屋道から炭谷道を通って紅葉谷道へ、そして白石谷に入渓。今日のルートは日陰が多くあって、時々吹いてくる風が爽やかで心地良い。白石谷の谷筋はとりわけ涼しい。ここはイワタバコ(岩煙草)の一大群生地で、右や左の岩壁は赤紫の花で一杯です。やや盛りを過ぎているがそれでも見応えがありました。標高730mの谷分岐で昼食、そのあとは比較的楽なコースに変更して奥池バス停に15時半到着し解散。リフレッシュできた一日でした。
e0371039_15134817.jpg
e0371039_15133981.jpg
e0371039_15132381.jpg
e0371039_15131250.jpg
e0371039_1513333.jpg
e0371039_15124199.jpg
e0371039_15123187.jpg
e0371039_1512217.jpg
e0371039_15121318.jpg
e0371039_1512368.jpg
e0371039_1511548.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-13 07:01 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★近代登山発祥の地ハイキング兼清掃 :8月6日(日)

e0371039_657916.png
e0371039_1973028.jpg
猛暑日で大阪の最高気温予報は38℃。おそらく1年で最も暑い日だったと思われます。地獄谷の谷筋はそうはいっても涼しかったのですが、万物相の岩場はカンカン照りの異常高温で、直射日光は短時間でやり過ごさないと熱中症にかかります。給水休憩は長い目に取ったので、ペースは遅めです。猛暑日の清掃ハイクは日頃よりずっと難度が上がる感じで、もはや初級とは言えないと思います。猛暑のため体力も何割かに落ちてしまいます。しばらく運動していなければのぼせたようになってしまい、危険が伴います。当初の予定は横池解散でしたが、風吹岩解散に変更しました。これは当初から想定していました。猛暑日の山行は結構難しいと実感しました。会員10人、一般1人の参加でした。
e0371039_1974474.jpg
e0371039_198043.jpg
e0371039_1981157.jpg
e0371039_1982163.jpg
e0371039_1982938.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-08-06 06:56 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ らく楽ハイキング “ ハッチョウトンボ( 2cm )を見る ”:7月29日(土)

e0371039_2035545.png
e0371039_6231595.gif
 アルペン芦山のユニークなお楽しみハイキング例会です。らく楽ハイキングを主宰するO塚さんよりの便りです。参加者は7人。
 
 宝塚を10:20のバスで、西谷の森公園口で下車・・歩き・1時間15分・・丸山湿原に到着。
 早速、ハッチョウトンボを一生懸命に探す。
 丸山湿原は県内では湿原面積が大きく宝塚の天然記念物にも指定され、ハッチョウトンボの生息地と知られているので、どこかに飛んでいるはずだが、よくわからないので、まずは昼食とする。
 食事後、再びあちらこちら探す。しばらくすると、みんなの目の前、数センチのところに、・・いた!・・体長わずか2cmのハッチョウトンボを発見。
 ハッチョウトンボは日本一小さいトンボ、世界的にも最小の部類。絶滅危惧種といわれる貴重なハッチョウトンボを見ることが出来て皆さん満足。 
 岩稜帯を下り川下川ダム上流へ出たところで15:00なので、近くのバス停玉瀬から16:05で武田尾駅へ。
 今日は5時間歩き 「らく楽ハイキング」 と言えるものではではありませんでした。             

    <写真はO塚さんM邊さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_6232741.gif
e0371039_6233561.gif
e0371039_6234464.gif
e0371039_6235549.gif
e0371039_624696.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-29 20:34 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★ ハイキング“ ポンポン山 ” :7月23日(日)

e0371039_20323820.png
e0371039_21184860.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーのF原さんより写真を、参加者T森さんよりは報告の便りがありました。

 参加者は会員8名でした。
 JR向日町駅~阪急東向日駅経由の善峯寺行バスに乗車し善峯寺バス停まで・・・。
 ストレッチ後に西山古道を歩きます。樹林帯の中の緩やかなアップダウンを何度も繰り返しました。
 分岐して休憩後に釈迦岳を目指して急登を登ります。
 この時期の低山は暑くうんざりしますが、今日は曇天で時折吹く涼しい風にも恵まれて気持ちの好い山歩きです。
 釈迦岳からポンポン山までは稜線歩きで快調に歩きました。
 昼食休憩後に集合写真を撮り、出灰に向けて下山。予定通りのバス(14:21)でJR高槻駅に、ここで解散となりました。<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_21175686.gif
e0371039_2118552.gif
e0371039_21181330.gif
e0371039_21182276.gif
e0371039_21183194.gif
e0371039_21184077.gif
e0371039_21185891.gif
e0371039_2119796.gif
e0371039_21191834.gif
e0371039_21192733.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-23 20:31 | 日帰りハイキング | Comments(1)

★ 京都一周トレイル③ “ 西 山 ” :7月2日(日)

e0371039_20163399.png
e0371039_1339978.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーO本さんからの便りです。

 会員8名と一般1名の参加。京都駅前からバスに乗り槇ノ尾下車。西明寺前駐車場で体操、コースの説明、注意事項(落ち葉、苔等多く滑り易い)を話してスタート。
 青カエデ等の木々の下、清滝川の強めの水流の音が心地よく、前々日までの大雨で水嵩水流が心配でしたが水も澄んでいる。むしろしっとりした岩肌山肌で緑を楽しむ事が出来、空気も美味しかった。
 落合橋の手前の河原で少し早目の昼食をとる。

 11:50発 落合を過ぎ、今日初めての登りになる。保津川を眼下に見ながら一気に六丁峠(171m)へ。
 その後、あだしの、嵐山に入り景色は一変する。
 茅葺屋根の家並み、綺麗に整備された石畳の道、民芸品店をちらちら覘きながら和やかな雰囲気で老若[?]男女会話が弾む。
 二尊院の塀の上から手毬のように満丸に咲いた見事な紫陽花の花など、いっぱい写真を撮ったのに、集合写真を撮るのを忘れる程、今日を満喫する。

 嵐山一帯は観光客も多く、聞こえてくる言葉(言語)も多種多様。そんな中、遠くに雷鳴。このあと松尾山に登れるかなと思っているとパラパラ。しかしすぐにあがりホットしましたが、空は暗い。
 渡月橋を渡り阪急嵐山駅を眼の前にした瞬間、ゲリラ豪雨にあい駅構内に流れ込む。スマホで雨量レーダー観て松尾山は中止解散となる。(14:00)

 京都はこの日30度の猛暑と聞いてましたが、木々の間を通り抜ける風は心地よく私達を満足させてくれました。 (略 O本さん記)       

 
             <写真はO村さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_13391928.gif
e0371039_13392822.gif
e0371039_13393699.gif
e0371039_13394875.gif
e0371039_13395772.gif
e0371039_134068.gif
e0371039_13403023.gif
e0371039_13404118.gif
e0371039_13405289.gif
e0371039_134114.gif
e0371039_1341113.gif
e0371039_13412356.gif
e0371039_13413424.gif
e0371039_13414670.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-07-02 20:15 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 自然観察ハイキング “ 東お多福山周辺 ” :6月24日(土)

e0371039_21231326.png
e0371039_10353162.png
参加者:参加者 会員 3 名
コース:芦屋川北広場→高座の滝→ロックガーデンより風吹岩→横池→お多福山→土樋割峠
→東お多福山停留所→(バス)→芦屋川
自然観察員二人とメンバー一人で芦屋川北広場を出発。大正橋を過ぎると芦屋川沿いに次々花や珍しい木が見
つかる。本格的に学習している O 田さんのコーチで名前がわかる。風吹岩から横池に入ると池の面にハスの花が
咲いている。白いハスの花が池を埋めている風景は何度も横池にきているが始めてだ。ここで昼ご飯にする。林
間の道にもどり雨が峠を目指す。1週間前の下見ではかつての水飲み場付近に満開だったコアジサイは終わって
いた。お多福山の草原は笹が刈られて数年前に比べて快適な場所になっている。笹原にササユリが計6本ほど咲
いていた。ドビワレから林道をおりて崖沿いの花を観察しながら、東お多福山停留所に下りた。花や木の名前が
わかると何故かほっとする。名前がわかるともの言わぬ木々や花がしゃべり始めるように思う心休まる一日となった。
e0371039_221562.png
e0371039_22151945.png
e0371039_22153294.png
e0371039_22154452.png
e0371039_22155964.png
e0371039_22161425.png
e0371039_22162444.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-06-24 21:49 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★ あじさいハイキング“神戸森林植物園” :6月18日(日)

e0371039_21261813.png
e0371039_16383546.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。参加者は会員15名、一般4名、計19名でした。リーダーT木さんからの便りです。

 日中の気温は28℃、梅雨シーズンですが爽やかなハイキングになりました。
  諏訪山公園で会員M下さん指導のストレッチのあと再度公園へ、、
 緑鮮やかな樹々を眺めながら学習の森、森林植物園へと歩きます。
 園内の青葉トンネル手前でヤマユリを見ることが出来ました。その後も様々な可憐な草花や豊富な種類の樹木を眺めながら長谷池の畔で昼食。
 「あじさいハイキング」 ということでしたが、今回のあじさいは残念ながら例年の美しさを見ることが出来ませんでした。
 植物園の方の話ですと、雨が少なく生育も悪く、花も小ぶりだそうです。
 帰路は植物園の東門よりトゥエンティクロスへ。陽射しの強いなかを下り布引の滝の展望台まで。
 ここで再びM下さんにクールダウンのストレッチをしていただき解散としました。 (略 津木さん記)

  <写真はF田さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_163846.gif
e0371039_16381740.gif
e0371039_16382722.gif
e0371039_16384331.gif
e0371039_16385377.gif
e0371039_1639371.gif
e0371039_16391179.gif
e0371039_16392081.gif
e0371039_16392858.gif
e0371039_16393732.gif
e0371039_1639465.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-06-18 21:50 | 日帰りハイキング | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31