アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

☆ 雪彦山地蔵岳東稜ノーマルルート : 9月30日(土)

e0371039_991844.gif
 アルペン芦山会員3名による岩登りの便りです(自主山行)。リーダーはN西さん。写真とコメントはH木さんよりです。

 私自身、初めての本格的なマルチクライミングになります。初見と言う事でセカンドで登攀させて頂きました。
 事前に百丈岩の東稜ルート等で練習していたのでそれほど高度感は感じませんでした。ただ、3ピッチ目のチムニーや最終ピッチ(7ピッチ目?)の取り付きで苦労した分、良い経験が出来ました。
 早く一人前になれるよう頑張りたいと思っています。(H木さん記(略))

       <写真もH木さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_9102079.gif
e0371039_9101061.gif
e0371039_995733.gif
e0371039_994557.gif
e0371039_993848.gif
e0371039_992830.gif
e0371039_99109.gif
e0371039_99218.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-30 09:11 | 岩登り | Comments(0)

☆ 雪倉岳から朝日岳そして日本海へ :9月26日(火)~30日(土) (予備日:10月1日)

e0371039_6431866.png
e0371039_9164274.gif
 アルペン芦山会員メンバー4名による例会山行 (リーダーE口さん)です。参加者のO村さんとK林さんから写真とメンバーのコメントなど、便りがありました。
 7月と8月の計画は雨で流れ、三度目の正直、やっと行くことができました。
 梅田を夜行バスで出発、乗り継いで栂池平へ、そして登山道を白馬大池へ。
 三国境、雪倉岳を経て朝日小屋に着いたのは28日の15時だった。風雨の中を長時間登ってきたので結構疲れた。
 朝日小屋で美味しい夕食を頂き、明日に備えての十分な休息をとることができた。
 29日からはいよいよ核心部の栂海新道である。昨日と違って快晴である。今日、明日とも長丁場だ。気を引き締める。
 朝5時半に朝日小屋を出発、朝日岳の頂上を過ぎてからは数えきれないアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を下げていく。道中の所々に池塘がある湿原のなかの木道を、その周辺の紅葉や遠く稜線の紅葉を見ながら歩くのは誠に快適だ。
 9月も下旬になると稜線歩きに暑苦しさはない。少し汗ばんでくる体に微かに見える日本海からの風は爽やかで心地良い。北又の水を1人3リットルほど担いで犬ヶ岳を越えて栂海山荘(無人小屋)に着いたのは14時半だった。
 翌30日も、延々と続く稜線を歩いて、遥か遠くに見えていた日本海にタッチしたのは16時。感動の瞬間でした。(O村さん記)

 栂池平から北アルプスに入り4日かけて栂海新道を日本海まで縦走しました。
標高2766mから海抜0mへの縦走には、気象・体調・体力に加え様々なコンディションが求められ、自らの課題を認識する良い機会となりました。
 森林限界まで下り、木々の間から見えた紺碧の日本海の美しさ、荒天の中で見たチームワーク、全てが大切な思い出になりました。(A川さん記(略))

 前半の朝日小屋までの雨風の中での縦走や、疲れの溜まった最終日の栂海新道の縦走等、貴重な体験でした。特に栂海山荘から下駒岳への急坂登り、白鳥山を超えてからの黄金坂の長い急坂下りで、太もものダメージは大きく、鍛え方が足らないのだと痛感しました。
 全員無事親不知まで到着し、今回の目的が達成でき感無量です。解散後、栂海新道起点となる親不知海岸で、不意に大波に襲われ、全身ずぶ濡れになり、止む無く、そばの親不知観光ホテルに宿泊させて頂きました。山行で溺れたということではお笑いにもなりませんね。(K林記)

 本当にロングルートでした。一部私の地形の認識の甘さが原因で風雨の中、小一時間余分に歩かせてしまい御免ね。それにしてもメンバー全員、実によく歩かれましたね。
 親不知の海に無事にゴール出来たのは、チームの結束力の御蔭です。海岸に寄せ打つ波で顔を洗えて感動でした。(リーダーE口さん記(略))<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_91545.gif
e0371039_9151437.gif
e0371039_9152368.gif
e0371039_9153391.gif
e0371039_9154273.gif
e0371039_9155132.gif
e0371039_9162477.gif
e0371039_9163381.gif
e0371039_9164955.gif
e0371039_9165899.gif
e0371039_917627.gif
e0371039_9171441.gif
e0371039_9172314.gif
e0371039_9173192.gif
e0371039_917427.gif
e0371039_914452.gif
e0371039_9145574.gif
e0371039_9135023.jpg
e0371039_9134251.jpg
e0371039_9133517.jpg
e0371039_9135990.jpg
e0371039_914817.jpg
e0371039_9141784.jpg
e0371039_9142665.jpg
e0371039_9143695.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-26 06:42 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 岩登り 不動岩でトレーニング : 9月24日(日)

e0371039_18285977.gif
 アルペン芦山会員のN西さんからの便り (個人山行) です。
  <不動岩東壁アルパイン練習>
 久しぶりにJR道場駅近くにある不動岩へトレーニングに行ってきた。
 パートナーは登山学校でお世話になっているK氏である。いつもは長く感じるアプローチの斜面も、山の四方山話をしながらだとあっという間だった。
 東壁に到着すると、珍しく誰もいない。貸し切り状態で懸垂も遠慮なくできると思った。
 さて、今日は三級ルートを繰り返しつるべ登攀をすることにした。
 最近通っている岩場と比べ傾斜が強くまた触ると不安定なホールドもあるのでのでちょっと惑う。今後通うにつれ慣れてくるとは思うが。
 そうこうするうちに他のクライマーも参上してきて段々と賑やかになってきた。
 合計4ルート、最後のコーナーは3回目の登攀だが今回が一番やりにくかった。やっぱり歳かな?と思う。全てロープを担ぐ方法での懸垂下降で下った。
 使いやすいロープの担ぎ方を教わり、これも収穫の一つだった。
 道場駅前で軽く飲み解散となった。(N西さん記)<写真もN西さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>

e0371039_18292572.gife0371039_18291658.gife0371039_1829818.gife0371039_18293368.gife0371039_18285072.gife0371039_18284033.gif  
[PR]
by alpenrosan | 2017-09-24 18:25 | 岩登り | Comments(0)

☆ 岩登り “ 保塁岩 ” :9月24日(日)

e0371039_6415753.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-24 06:41 | 岩登り | Comments(1)

★ 関西百名山 白髪岳ハイキング :9月24日(日)

e0371039_640345.png
e0371039_15465316.gif
 アルペン芦山のハイキング例会です。参加者は会員13名、一般2名、計15名。リーダーT本さんからの便りです。

 集合地は福知山線の古市。1時間に2本、丹波路快速が止まる。
 登山口まで1時間あまり、彼岸花が咲き、キンモクセイが香る農村風景の中を歩く。
 登山口は標高400m近くあり、頂上までの標高差は320mしかない。東屋と水場があるがトイレはない。準備体操しいきなりの急登にかかった。ぐいぐい登って主尾根に乗ると間もなく岩場があり、ほどなく細長い山頂。
 昼食後、急坂を下って松尾山との鞍部へ。また急登を登り返し、千年杉を過ぎ、広いが展望のない松尾山頂上に至る。また急坂を下って禅僧の墓石である卵塔が並んでいるのを見て、高仙寺本堂跡に立ち寄り、谷に下って不動の滝へ。途中、食菌のウスヒラタケを収穫した。谷道をしばらく下ると住山の集落に出た。
 急坂が多く、標高差や距離の割には歩きでのある山で「初級ではない」という意見があった。
 登山口から山中を通じて、また下山口を過ぎて集落に入っても、キイロスズメバチが警戒に飛んできた。時には2匹も来た。われわれが集団で行動していることに警戒しているようで、決して刺激しないよう注意が必要だ。
 古市駅0905~登山口1017/1030~白髪岳山頂・昼食1145/1210~松尾山頂1307~卵塔群1340~高仙寺本堂跡1355~不動の滝1420~1528古市駅(解散) (T本さん記(略))

       <写真もT本さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_15471998.gif
e0371039_154711100.gif
e0371039_15464187.gif
e0371039_15463268.gif
e0371039_15462213.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-24 06:39 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 沢登り テント泊 “ 芦廼瀬川・本流 ( 大峰山 ) ” :9月23日(土・祝)~24日(日) (

e0371039_6392015.png
e0371039_153540.gif
 アルペン芦山の沢登り例会、テント一泊です。リーダーH木さんからの便りです。参加者は3名でした。

 今シーズン最後の沢登り。秋が近づき肌寒くなったせいか、参加者も少なくなりました。そこでリーダー権限で沢登り前後にちょっとしたプチ観光を計画。
 9/23は、明日香の石舞台、亀石、猿岩、鬼のせっちん等を観光、9/24の沢登り後には温泉(泉湯)や谷瀬の吊り橋で空中散歩をビビリながら楽しみました。
 肝心な沢登りの方ですが、今回も滝が大きく、今のレベルでは太刀打ち出来ずと判断し、遡行を途中で中止し、引き返しました。
 満足する事が出来なかった沢登りでしたが、来期に向け技術、精神面を鍛え直し、再チャレンジしたいと思います。

    <写真はH木さんとO塚さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_1544659.gif
e0371039_1543825.gif
e0371039_1542782.gif
e0371039_1541816.gif
e0371039_15478.gif
e0371039_1535940.gif
e0371039_1534811.gif
e0371039_1533537.gif
e0371039_1532351.gif
e0371039_1525617.gif
e0371039_1524663.gif
e0371039_1523766.gif
e0371039_1522872.gif
e0371039_1521822.gif
e0371039_152870.gif
e0371039_1515919.gif
e0371039_1514949.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-23 06:38 | 沢登り | Comments(0)

☆ ノルディックウォーキング“大阪駅~天王寺駅” :9月23日(土・祝)

e0371039_6381589.png
e0371039_1411547.gif
 アルペン芦山のノルデックウォーキングの例会です。会員7名が参加しました。主宰者でリーダーの会員K島さんからの便りです。

 今回は大阪のど真ん中! 大阪駅からなんばを通り、天王寺駅まで歩きました。
 ビル群の中のコンクリート・アスファルトの単調な道を歩くと意外に長く、普段なら、なにげなく通り過ぎてしまいそうな大阪の有名な建物や、名所が確認できました。
 久しぶりに参加された会員さんも、これからも続けて参加して行きたいとの事。
 大坂の食文化、商いに触れ、大阪らしさを大いに堪能。   
     
             <写真もK島さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_14139100.gif
e0371039_141301.gif
e0371039_1412255.gif

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-23 06:37 | ノルディックウォーキング | Comments(0)

☆ 上信越の百名山 “ 平 ヶ 岳・会津駒 ヶ 岳 ” :9月18日(月・祝)~21日(木)

e0371039_636412.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-18 06:36 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 沢 登り“ 大峰・下多古川 ” :9月17日(日)~18日(月・祝)

e0371039_6353752.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-17 06:34 | 中止山行 | Comments(1)

★ 大峰山・武庫川渓谷廃線跡 :9月17日(日)

e0371039_6342629.png

[PR]
by alpenrosan | 2017-09-17 06:33 | 中止山行 | Comments(1)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30