アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

★ 京都一周トレイル① “ 北山東部 ” :3月19日(日)

e0371039_20295596.png
 アルペン芦山の例会ハイキングです。参加者は会員13名、CLのT本さん及び参加者のK林さんからそれぞれ、写真と便りがありました。 

   <T本さんより(写真も)>
 暖かい日であったが、朝は結構冷えた。
 参加者は会員ばかり13人。京都一周トレイルの初回である。忠実にルートをたどることにし、ケーブルカーで山上へ。主な登りはケーブルカーで終わり、基本的に下りである。ただ地図上でも18キロと結構長い。道標は極めて丁寧に整備されており、今日のコースだけで46もある。
 山上の緩やかなアップダウンするいい道をたどり、浄土院、釈迦堂と経て玉体杉へ。比叡山には見所が多そうだ。
 横高山で昼食とする。まだ予定コースの5分の1ほどしか来ていない。いったん下がってこの日の最高所水井山へ。さらに仰木峠を経て大原へ。
 バス道に出て次は最後の上りの薬王坂へ。かなりの急坂で疲れた。下りたところの広場で解散。鞍馬駅から5人が帰り、残る8人で「北山西部」の出発点である二ノ瀬駅に向かった。
 駅への分かれ道を見逃して大回りし、近づいてくる電車に向かって最後の頑張りで走って乗り込んだ。しかし電車は行き違い待ちのためしばらく止まっていた。(略)
<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_22182912.gif

e0371039_22183917.gif
e0371039_22184794.gif
e0371039_22185758.gif
e0371039_2219762.gif
e0371039_22191966.gif
e0371039_2219305.gif
e0371039_2219382.gif
e0371039_22195081.gif
<K林さんより(写真も)>
天気にも恵まれ、気持ちの良いハイキングでした。ルートは非常に良く整備され、道に迷うことも少ないという印象でした。
 今回、ケーブル比叡終点からの歩きでしたので、奥比叡の尾根伝いに大原へ降り、静原を経由、鞍馬への薬王阪が最後の登りで、全般はゆるりとして、最後の締めでしっかり歩かせて頂きました。鞍馬で解散、一部は次回スタートの二ノ瀬駅まで歩きました。約20キロ、6時間半の歩行時間でした。(略)
<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_12564790.jpg
e0371039_1247582.jpg
e0371039_12472149.jpg
e0371039_12473540.jpg
e0371039_12474773.jpg
e0371039_1248418.jpg
e0371039_1248173.jpg
e0371039_12482777.jpg
e0371039_12483910.jpg
e0371039_12484962.jpg
e0371039_1249080.jpg
e0371039_12491330.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-19 20:00 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 雪の残る 熊野古道小辺路を完走: 3月17日(金)~20日(月・祝)

アルペン芦山会員S本さんからの便りです。・・・便りを有難う トミおじさん・・・

3月17日(金)~20日(月・祝)の3泊4日で、会社の同僚と高野山~熊野本宮大社の小辺路を完走しました。
民宿の送り迎えは一切してもらわず、すべて徒歩でしたので総行程80キロは超えていると思います。
意外にも大量の雪が残っており、半分は雪山ハイキングでした。小辺路は谷が急峻なので、雪道は極めて危険です。滑落すれば、とても助からないでしょう。ここまで恐い思いをしたのは初めてです。
しかし、あと半分は春爛漫のハイキング、この落差が極めて大きく、つくづく山はあなどれないと痛感しました。
農家民宿ではとくに温かいもてなしを受け、同僚ともども楽しい思い出をつくりました。極めて充実した、夢のような4日間でした。
e0371039_0312069.jpg
e0371039_031323.jpg
e0371039_031423.jpg
e0371039_0315574.jpg
e0371039_0321817.jpg
e0371039_0323026.jpg
e0371039_0324150.jpg
e0371039_033277.jpg
e0371039_0331634.jpg
e0371039_0332592.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-17 00:30 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

★ 梅見 ハイキング “ 中山連山縦走 ” :3月12日(日)

e0371039_20303378.png
アルペン芦山の例会ハイキングです。この時期ピッタリの恒例ハイキングです。参加者のF沢さんから楽しい様子の写真が届きました。
e0371039_2131133.jpg
e0371039_2131922.jpg
e0371039_21311897.jpg
e0371039_21312733.jpg
e0371039_21313548.jpg
e0371039_2132632.jpg
e0371039_21321443.jpg
e0371039_21322248.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-12 19:59 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 第51回 兵庫労山六甲全 山縦走 大会 “ 須磨浦公園~宝塚 ” :3月12日(日)

e0371039_203171.png
毎年恒例の催しです。CLのO塚さん、事務処理担当K島さん、それぞれからの便りです。

 <O塚さんより>
 山頂サポートは、無風でとても暖かい日。9:00事務所集合でサポート用具を積み込み山頂へ。10:00~18:15まで9時間15分のサポートでした。
 参加者の皆さんは、とても笑顔で山頂を通過していきました、途中、芦屋から歩いて遊びに来てくれたM井さんもいました。

 <K島さんより>
 天候は晴れ、午前中などは市民が早朝の散歩ルートとしている人、ランナーが練習で山道を駆けていく光景に遭遇します。
 通常は歩いても13時間ぐらいで宝塚に行けます。
 私の場合、会社の同僚で初めての参加のI原さんと、出発がこの時間でないとスタート出来ないT田さんと3人グループ。
 6時30分にスタート。山登りが初めてのI原さんが14時間かけ完走出来ました。
 I原さんは摩耶山あたりで足が痛くなり、終盤は痛くて辛い疲労困憊した体でしたが、完全踏破した事は、人生の中でも代えがたい達成感と頑張りぬく精神力が出来たと感激されていました。(略)         

          <写真はK島さんとF田さんより>
e0371039_19325813.jpg
e0371039_19301693.jpg
e0371039_1930315.jpg
e0371039_19304585.jpg
e0371039_1930574.jpg
e0371039_19324010.jpg
e0371039_20343273.png
第51回 六甲全山縦走 2017・3・12(日)
★「全山縦走」  申込書数 18
(アルペン芦山会員:8、一般:10)
*キャンセル:1(会員)
*リタイア:4(会員:1)(一般:3)
*完走:13(会員:6、一般:7)

★「東コース」  申込者数 33
(アルペン芦山会員:1、一般:32)
*キャンセル:名(一般:3)
*リタイア:2(一般:2)
*完走:28(会員:1、一般:27)

完走者:K島、K田、S本、T田、H木、A川、K林
留守宅:M辺
山頂サポート:O塚、F田、U田
東コースアンカー:T本、H中
[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-12 19:58 | 六甲山全山縦走 | Comments(0)

☆ 岩登り “ 蓬莱峡 ” :3月11日(土)

e0371039_20315978.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-11 19:57 | 岩登り | Comments(0)

☆ マニアック六甲山巡り ⑩ “ 摩耶 ・ 黒岩尾根 ” :3月5日(日)

e0371039_20323760.png
 アルペン芦山のユニークなハイキング例会。六甲山の数あるルートから、ときには外れて、あまり人の通らない、そして興味深く面白い道を選んで歩きます。 
 主宰は毎回O村さん。このマニアックな六甲山巡りは10回目となりました。
 ちなみにトミおじさんは登り掬星台まではついて歩きましたが、あとはちょっとしんどかったのでエスケープ。皆さんは全員元気に完走されたとのこと。
 O村さんからの便りです。

 本日は快晴で、神戸市内の最高気温は14℃の暖かい一日だった。阪急六甲に会員16人が参集した。
 摩耶山の北東の尾根と西方の尾根をバリーションルートに選定したロングコースを行きます。
 護国神社でミーティング、予定のコース図を配布して説明、そしてストレッチ体操をして出発。
 歩いていると汗ばんでくる。杣谷道の入り口や道中で衣服調整と水分補給を要した。

 布引見晴らし展望台到着17時になると伝えると皆さん驚かれたが、元気に歩かれ予定より30分ほど早く掬星台に着き、午後も予定のペースで歩かれ30分ほど早く布引見晴らし展望台に着くことができた。
 目新しいルートもあり、また春の陽気で天気にも恵まれ、楽しく1日を過ごされた。 (O村さん記)
     
    <写真はO村さんとトミおじさん>
e0371039_23484812.gif
e0371039_2349895.gif
e0371039_23492830.gif
e0371039_23494076.gif
e0371039_2350495.gif
e0371039_23502251.gif
e0371039_23503456.gif
e0371039_23504544.gif
e0371039_23512041.gif
e0371039_23513767.gif
e0371039_23515813.gif
e0371039_23521841.gif
e0371039_23524016.gif
e0371039_23525462.gif
e0371039_2353629.gif
e0371039_23532297.gif
e0371039_23533930.gif
e0371039_23595491.gif
e0371039_2354074.gif
e0371039_23541498.gif
e0371039_23542724.gif
e0371039_23544572.gif
e0371039_235456100.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-05 05:55 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★雪上技術訓練下見山行 :3月1日(木)

 アルペン芦山会員T田さんからの便りです。
 会員4名で雪上訓練の適地を探しに比良方面に向かわれたとのこと。訓練には非常に適した場所をみつけられ、訓練の予行も行われた様子です。・・・便りを有難うトミおじさん・・・
 3月1日の平日、5月の立山に向けて、アイゼン、ピッケルワーク、滑落停止など訓練の場所として新しい場所を見つけに出かけた。せっかくなので、いろいろな訓練を行ってみて、良い場所であることを確信した。来年からは本格的に利用したい。(T田さんより)

   <写真はY田さんより>
e0371039_1442454.jpg
e0371039_1443159.jpg
e0371039_14431290.jpg
e0371039_14432696.jpg
e0371039_14433854.jpg
e0371039_14434972.jpg
e0371039_144358100.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-01 14:41 | Comments(1)

アルペン芦山50周年記念行事「兵庫縦断トレール」が『登山時報』に掲載されました

『登山時報』 2017年3月号記事 (←クリック)
e0371039_6305740.png
e0371039_0435851.png


[PR]
# by alpenrosan | 2017-03-01 00:49 | Comments(0)

☆ハイキングリーダーセミナー 実技Ⅲ “ ロープワーク、懸垂下降の手順 ” :2月26日(日)

e0371039_2295656.png
アルペン芦山のK島さんが主宰するハイキングセミナーの一環です。
 アルペン芦山では会員は通常の日帰りハイキングでも、長めのテープシュリンゲ、安全環付きカラビナ、ヘッドランプ、コンパス等を常時携帯するよう心がけています。
 このたびのセミナーでは、いざというとき、それらを活用する方法、ロープワークなどの最低限知っておくべき事柄のセミナーです。
 参加者のK林さんから写真と便りが届きました。

 この4回のセミナーは、本当に「目からウロコが落ちる」 と言えるような充実した経験でした。
 全く歩いたことのないロックガーデンや地獄谷、岩梯子 など、とても親しみを覚えることができました。
 リーダーのK島さんほか山の諸先輩から沢山の教示とアイデアを頂き感激です。
 ロープワーク等はさっぱり覚えられませんでしたが、十分興味が持てましたので、今後も忘れず修練したく思っています・・・。(略 K林さん記)

              <写真もK林さんより>
e0371039_12372823.jpg
e0371039_12374518.jpg
e0371039_12375585.jpg
e0371039_1238446.jpg
e0371039_12381338.gif
e0371039_12382881.gif
e0371039_12384058.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-02-26 21:51 | セミナー・勉強会 | Comments(1)

☆ 雪山・春山トレーニング山行 “ 武奈ヶ岳(細川ルート) ”:2月25日(土)

e0371039_2211158.png
e0371039_23463110.jpg
アルペン芦山のトレーニン例会山行です。 CL Y田さん、SL K田さんから、それぞれ写真と便りがありました。

 雪山・春山トレーニング山行中級・上級編。ルートは細川尾根~武奈ヶ岳~坊村。細川尾根は地図ルートは無く、冬はルートファインディング力が必要。時期や積雪によって深い雪のラッセルになる可能性がある。.キックステップ歩き、ストック・ワカンを使っての深雪ラッセルなど、1月に実行した、雪山赤坂山、岩籠山、などの雪山基本動作の仕上げとして企画した。
 困難なルートを予定コースタイム通りで登頂し全員無事下山するのが今回の目的。


 電車・バスを乗り継ぎ9時40分に細川集落に到着。メンバーにはスケジュールをあらかじめ伝えていたので動作はスムーズ。コンパスをセットし、10時ツボ足で出発。
 尾根直登コースの冬道を選択。案の定、いきなりの急登で汗だくになる。雪を利用し、木を掴んで、はい登って行く。
 雪質は堅く締まっており歩きやすい。ワカンを装着し先頭交代でルーファイとラッセル訓練歩行。トレースがはっきりと付いておりルートは明白、積雪は1ⅿくらいあるが締まった雪でルートを外さなければもぐらない。
 このあたりからブナの自然林になり、やがては小さなピークで大杉を確認。
 ブナに樹氷が付いて美しい、雪はふかふか、さらさら、メルヘンの世界に入り込んだ感覚。稜線では風はなく寒くない。
 予定時間より30分早く山頂に到着。山頂は登山者でにぎわっている。写真、昼食をとり御殿山コースで下山。
 P846を過ぎてからは雪が腐っており歩きにくい。おまけに急な下り道。何回か尻もちをつきながらの下山となった。予定到着時間ジャスト15時20分全員無事に下山した。
 今回の細川ルートは積雪は1ⅿほど有り、雪は堅く締まっておりラッセルで苦労するところは少なく、トレースもしっかりと付いており、恵まれた山行になった。 赤坂山、岩籠山、武奈ヶ岳といずれも好条件の雪山となったがいつもそうではない。確かな知識、装備を携え経験を積んで次のステージにすすんでほしい・・・。(略 Y田さん記)
                                                     <詳しい山行報告はアルペン芦山会報4月号に掲載されます> 
 この山行にコメントが寄せられています。
 ここ数年、アルペンの例会では積雪期に武奈ヶ岳のピークを踏めずにいましたが、今回若手のメンバーも入って久しぶりの登頂おめでとうございます。それにしてもY田さんがリーダーの雪山三行すべて好天! 晴れ男ですね (笑) (I田さんより)


 Y田さんの記録を拝見しましたが、順調に進んだようで、これも堂満を含めて3回の経験が蓄積されたからだと思います。今後が楽しみです。
 確かにY田田さんは晴れ男ですね。 (T田さんより)

       <写真はK田さん、Y田さんより>
e0371039_1814523.jpg
e0371039_1815261.jpg
e0371039_18154848.jpg
e0371039_181623100.jpg
e0371039_18163782.jpg
e0371039_18164953.jpg
e0371039_1817036.jpg
e0371039_18171447.jpg
e0371039_18174653.jpg
e0371039_1818299.jpg
e0371039_18181174.jpg
e0371039_2225173.jpg
e0371039_22252794.jpg
e0371039_22255180.jpg

e0371039_0511521.jpg
e0371039_0425873.jpg
e0371039_0432088.jpg
e0371039_0434689.jpg
e0371039_047047.jpg
e0371039_0472685.jpg
e0371039_23465434.jpg
e0371039_2347523.jpg
e0371039_23471684.jpg
e0371039_22261354.jpg
e0371039_2226229.jpg
e0371039_1072937.jpg
e0371039_10833100.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-02-25 22:08 | 雪山山行 | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31