アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

☆ 白馬岳から花の朝日岳そして日本海へ :8月20日(日)~24日(木) (25日は予備日です)

7月21日からの例会「白馬岳から花の朝日岳そして日本海へ」は雨のため、8月20日(日)~24日(木)(25日は予備日)に順延しました。再募集のご案内です。

☆白馬岳から花の朝日岳そして日本海へ

と き:8月20日(日)~24日(木) (25日は予備日です)

集 合:JR長野駅東口 白馬乗鞍行き特急バスのりば 8月21日(月)午前8:00 
(8:20発に乗車)

またはJR白馬駅改札口前 8月21日(月)午前9:30 (上記バスは9:30着予定)

C L:江口 保 080-3104-1960

コース:8/21栂池~白馬岳(白馬岳山荘泊またはテント泊)~8/22雪倉岳~朝日岳
(朝日小屋泊またはテント泊)~

8/23栂海新道~栂海山荘(無人小屋泊)~8/24日本海(親不知)

申込先:江口まで携帯ショートメール  ※申込締切日 8月5日(土)

(概況)変化に富んだ魅力溢れる北アルプスのエピローグです。高山植物の宝庫、朝日岳(2418m)からは北アルプス最北部の縦走路である栂海新道を通って、日本海の親不知(海抜0m)までを歩きます。無人小屋泊があるので寝袋等の装備が必要です。8/21と8/22の宿泊は山荘またはテントです。テント泊はあと1名が可能です。申し込まれた方には別途説明します。

e0371039_0592443.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-20 07:05 | 泊りがけ山行 | Comments(1)

☆ 沢登り“ 赤坂谷 ” (愛知川・神崎川支流) :8月20日(日)

e0371039_734573.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-20 07:02 | 沢登り | Comments(0)

☆ 日本最後の秘境を歩く “ 北ア・水晶岳~鷲羽岳~笠ヶ岳 ” :8月17日(木)夜~21日(月)

e0371039_20401437.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-17 20:38 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ ハイキング “ 白石 谷 ” :8月13日(日)

e0371039_722026.png
e0371039_15125359.jpg
盆の最中に涼を求めた白石谷ハイキングです。家族行事の都合で急遽欠席されたり、逆に参加されたりで参加者は入れ替わり、会員11人と一般1人の計12人となりました。9時に神鉄有馬温泉駅を出発。崖崩れによる通行止め箇所を迂回し、魚屋道から炭谷道を通って紅葉谷道へ、そして白石谷に入渓。今日のルートは日陰が多くあって、時々吹いてくる風が爽やかで心地良い。白石谷の谷筋はとりわけ涼しい。ここはイワタバコ(岩煙草)の一大群生地で、右や左の岩壁は赤紫の花で一杯です。やや盛りを過ぎているがそれでも見応えがありました。標高730mの谷分岐で昼食、そのあとは比較的楽なコースに変更して奥池バス停に15時半到着し解散。リフレッシュできた一日でした。
e0371039_15134817.jpg
e0371039_15133981.jpg
e0371039_15132381.jpg
e0371039_15131250.jpg
e0371039_1513333.jpg
e0371039_15124199.jpg
e0371039_15123187.jpg
e0371039_1512217.jpg
e0371039_15121318.jpg
e0371039_1512368.jpg
e0371039_1511548.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-13 07:01 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 沢登り“ 御嶽山・南面・ 柿(かき) 其 (それ) 川 ” :8月12日(土)~14日(月)

e0371039_71254.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-12 06:59 | 沢登り | Comments(0)

☆ 沢 登り“ 本沢川・黒倉又谷 ” :8月6日(日)

e0371039_6584246.png
e0371039_15101934.gif
 アルペン芦山の沢登り例会です。過日、黒倉又谷を間違えて白倉又谷に行ってしまったので改めて黒倉又谷の遡行です。
 参加者は5名。CLのH木さんよりの便りです。

 前日までの台風5号の進路が凄く気になりしましたが、どうにか計画通り実施する事が出来ました。
 黒倉又谷、白倉又谷も同じ駐車場(600円)に車を止めるのですが、前回の7月2日と比べると台風の影響でしょうか?止まっている車も少なかったです。
 前回(7月2日)はゴール後に 「行く谷を間違えていた」 と言う事が分かり、今回はみんなで地図を確認しながら前進。
 本沢川(本流)を沿いに歩き、黒倉又谷出会に架る吊橋まで約30分で到着。
 今回も、水量も多いせいか直登は難しい滝が多く、巻き道を進むも足場を確認し、ビビりながら突破です。ナメ床もコケが多く皆さん「すってんころり」と転けまくりです。今年は、コケが多いような気がします。水を楽しむと言うより、行きも帰りも巻き道に費やした時間の方が長く今回は、非常にしんどかった沢登りでした。
            
    <写真はH木さんとO塚さんより>
e0371039_1593466.gif
e0371039_1594558.gif
e0371039_1595677.gif
e0371039_1510626.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-06 06:57 | 沢登り | Comments(0)

★近代登山発祥の地ハイキング兼清掃 :8月6日(日)

e0371039_657916.png
e0371039_1973028.jpg
猛暑日で大阪の最高気温予報は38℃。おそらく1年で最も暑い日だったと思われます。地獄谷の谷筋はそうはいっても涼しかったのですが、万物相の岩場はカンカン照りの異常高温で、直射日光は短時間でやり過ごさないと熱中症にかかります。給水休憩は長い目に取ったので、ペースは遅めです。猛暑日の清掃ハイクは日頃よりずっと難度が上がる感じで、もはや初級とは言えないと思います。猛暑のため体力も何割かに落ちてしまいます。しばらく運動していなければのぼせたようになってしまい、危険が伴います。当初の予定は横池解散でしたが、風吹岩解散に変更しました。これは当初から想定していました。猛暑日の山行は結構難しいと実感しました。会員10人、一般1人の参加でした。
e0371039_1974474.jpg
e0371039_198043.jpg
e0371039_1981157.jpg
e0371039_1982163.jpg
e0371039_1982938.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-06 06:56 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 岩登り“御着の岩場” :8月5日(土)

e0371039_656458.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-05 06:55 | 岩登り | Comments(0)

☆ ゆっくり夏山 “ 燕岳から常念岳 縦走 ” :8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月)

8月3日(木)~ 6日(日)、予備日 7日(月) 6月山歩案内の予定を変更して実施します。
e0371039_21181914.png
e0371039_8465450.gif
アルペン芦山の夏山の一つです。メンバーは会員5名。リーダーT本さんよりの便りです。写真はT本さんとK林さんよりです。
  山行中はほぼ午前は晴れ、午後は東側にガスが出て、西側はクリアという天候が続き、ラッキーだった。
 「のんびり夏山」の趣旨に沿ってペースはゆっくりめを心がけた。沿道の高山植物や鳥を見たり、写真に撮ったりも大事な山行目的の一つである。
 もっとも夏山シーズン真っ最中とあって小屋は満員のため、早めに着いて、いい部屋や早い食事をあてがってもらわねばならず、兼ね合いが難しい。
 サブリーダーのT田さんはペースセット、休憩、追い越し(追い越され)、交差待ちなど、誠に適切な判断で安心であった。
 8月3日 阪急三番街のバスターミナルを8時に出発。割に空いている。
 中房温泉は建物や設備か古いせいか、すいていた。しかし温泉は充実している。男2人は5カ所を回る。朝風呂も。値段は安いが食事はそれなりである。水はうまい。

8月4日 中房温泉を0725に出て合戦尾根へ。
 長い登りは坦々とこなす。名物のスイカを頬張る。とてもおいしい。燕山荘では新館に案内される。一角の6人部屋をわれわれ5人だけで使える。トイレも近く、清潔である。
 まず燕岳へ往復する。コマクサの群落が各所にある。白い砂、黒い岩、緑のハイマツと山小屋。どこも絵になる景色だ。
 山頂からの帰り、見え隠れする山頂を同定していて、雲間に鷲羽岳を見つける。T田さん、A川さんが登っているだろうか。その左手の大きなカールに面しているのは三俣蓮華岳だ。
 燕山荘に戻ってコーヒーとケーキ。外に出て夕暮れの空を眺めていると稜線と雲に夕日が映えて美しい夕焼けだ。
                                 
 8月5日 0345起床、0415の一番の朝食に並ぶ。
 食後日の出を見る。富士山が雲海のかなたに見える。
 槍ヶ岳は間近だ。広場に出て体操しようとするとイワヒバリがちょこまか。全く人を怖がらない。
 0555出発。前方には大天井岳、やや右手に槍ヶ岳、右側方に鷲羽岳、三俣蓮華岳、昨日は見えなかった双六岳もくっきり。素晴らしいパノラマである。
 大天荘へ登る途中でハイマツの中に雷鳥の親子が見え隠れしている。
 大天井岳頂上を往復し、目の前の槍ヶ岳をバックに記念写真撮影。
 常念小屋は大混雑だった。12人定員の部屋にきっちり12人。布団1枚に2人の計算である。廊下はザックであふれそう。従業員も少ないのか大忙しだった。21時消灯。今夜は星は見えない。
     
  8月6日 常念岳へのピストンと下るだけなので、0550食事とする。この頃はもうすいてきて、のんびりムード。
 水とウインドブレーカーだけを持って登る。常念乗越との高度差は約400mだが、ゴロゴロした岩の上を踏んでいく気を遣う道である。頂上ではホシガラスが飛んできた。ガスの中、屏風岩が目の前、上高地はほぼ見える。晴れていれば大展望の場所だ。時折ガスが切れて稜線が見えるのでもう少し、もう少しとつい長居してしまった。
 小屋に下りて一服し、タクシーを一の沢登山口に予約して下山だ。九十九折りの道をひたすら下る。1100m余りのうち後半は緩やか。沢の水音は涼しげだが、気温はどんどん上がる。1336タクシーの待つ林道終点に着いた。
 会員制リゾートホテルで貸し切り状態の入浴、穂高駅前のおいしいそばを食べて解散した。 <T本さん記  略><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_8464669.gif
e0371039_8463682.gif
e0371039_8462625.gif
e0371039_8461870.gif
e0371039_846114.gif
e0371039_846373.gif
e0371039_8455684.gif
e0371039_8454632.gif
e0371039_8453831.gif
e0371039_8453094.gif
e0371039_8452218.gif
e0371039_845978.gif
e0371039_845072.gif
e0371039_8445319.gif
e0371039_844445.gif
e0371039_8443672.gif
e0371039_8442780.gif
e0371039_8441938.gif
e0371039_844967.gif
e0371039_844092.gif
e0371039_847168.gif
e0371039_8471063.gif
e0371039_847185.gif
e0371039_8472859.gif
e0371039_8473690.gif
e0371039_8474553.gif
e0371039_8475457.gif
e0371039_848491.gif
e0371039_8481220.gif
e0371039_8482188.gif
e0371039_8482934.gif
e0371039_8483653.gif
e0371039_8484571.gif
e0371039_8485339.gif
e0371039_849023.gif
e0371039_849934.gif
e0371039_8491736.gif
e0371039_8492592.gif
e0371039_8493384.gif
e0371039_8494235.gif
e0371039_8495254.gif
e0371039_84959100.gif
e0371039_850814.gif
e0371039_8501813.gif
e0371039_8503057.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-03 21:17 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 夏山 “ 白馬岳から唐松岳縦走 ”:8月3日(木)夜~6日(日)、予備日 7日(月)

中止
e0371039_21165129.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-08-03 21:16 | 中止山行 | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31