アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

☆ 秋山を楽しむ 北アルプス 下の廊下 : 10月7日(土)~9日(祝)

e0371039_11183410.gif

 アルペン芦山会員4名メンバーの秋山 (個人山行) です。U田さんとF原さんからそれぞれ便りがありました。  

 待望の下の廊下は好天に恵まれ、秋の気配を感じながらの楽しい山行となりました。
 高さに足がすくむ水平歩道や吊橋を渡り、狭いトンネルを抜け、ときに沢の水飛沫をあびながらの山歩きは童心に返ってドキドキワクワクの冒険気分を味わえました。 (U田さん)

 初日の7日はあいにくの雨でしたが、歩きはなく移動だけでしたので問題はありませんでした。
 翌日は、秋晴れとなり紅葉や雪渓で癒されながら沢沿いのロングコースを楽しみました。
 最後は阿曽原温泉小屋で露店風呂のご褒美も頂き、今年最後の素敵な山行を満喫させていただきました。 (F原さん)

             <写真もU田さん、F原さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_11182528.gif
e0371039_1118782.gif
e0371039_11175917.gif
e0371039_1117491.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-10-07 11:15 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 石鎚山東稜ルート : 10月7日(土)~8日(日)

e0371039_111022100.gif
 アルペン芦山会員2名による自主山行、メンバーのH木さんよりの便りです。

 四国の百名山の一つ石鎚山に自主山行に行って来ました。
  今回の目的は、東稜ルートでのピークハントと南尖峰から墓場尾根でのバリエーション登攀にチャレンジです。
 土小屋ルートの東稜基部(ベンチ3)から東稜ルートへ入って行きます。すぐに登山禁止の看板が現れますが、それを横目に登って行きます。
 案外、ヤブ漕ぎが続き、最後の方はやや直登に近いヤブ漕ぎには、気合いが入りました。最後の危険な岩場を登りきると南尖峰に到着。
 ここで墓場尾根を探しに少し降りてルートを見つけに行ったのですが、結局ルートを見つけられずに途中で断念しました。次回への宿題です。
 当日は、3連休の中日でもあり、山頂はゆっくりザックを下ろす場所も無いぐらいヒトヒトでごった返し。修験場と言う言葉とは、全く不釣り合いですが人気の高さには驚きです。
 次回は何時になるか分かりませんが、登攀技術を身に付け再チャレンジしたいと思います。 (H木さん記(略))<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載> 
e0371039_11122168.gif
e0371039_1112392.gif
e0371039_1111518.gif
e0371039_11114061.gif
e0371039_1193685.gif
e0371039_1194414.gif
e0371039_11121183.gif
e0371039_1195378.gif
e0371039_1110157.gif
e0371039_1110788.gif
e0371039_11101670.gif
e0371039_1192685.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-10-07 11:06 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 穂高 奥又白池~涸沢 :10月7日(土)~9日(月・祝)

e0371039_6473127.png
e0371039_6475332.gif
 アルペン芦山の例会山行です。会員8名のパーティ、テント泊でした。リーダーの米田さんからの便りと参加者のコメントです。
 写真は、T本さん、O村さん、K田さんより届きました。それぞれ省略して掲載しています。 

 井上靖の「氷壁」の舞台になった前穂東陵登攀のベース奥又白池へ、そこから北尾根5・6のコルを抜け紅葉の涸沢へ。贅沢なプランだ。
 ベースキャンプの徳澤から奥又白池~徳澤までを第2班、更に前穂北尾根5・6のコルから涸沢~徳澤までを第1班として出発した。
 ナイロンザイル事件慰霊ケルンを過ぎ中畠新道分岐からは急登の連続、草や木の根を掴み這い登る。
 視界が開けて、前方に北尾根が迫ってくる。斜面をトラバース気味に登り切ると神秘的な佇まいを見せる奥又白池が現れた。
 小休止していると2班も到着、合流してティータイム。
 前方の明神岳、三本槍、前穂北尾根の全景に圧倒され、ダケカンバ、ナナカマドの紅葉に囲まれた奥又白池、絶景だ。
 ここから1班、2班が分かれて別行動。2班は東陵直下の踏替点あたりまで行ったとの事。
 1班は5・6のコルへと進む。コルが見えているのでルートはそう難しくはない。コル直下の難所トラバースも慎重に歩けば問題なしと判断しロープは使わなかった。
 5・6のコルからは目の前に奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳と展望抜群。振り返ればアルプスの瞳と言われる奥又白池、なるほどと思う。
 もしかしてまだ2班が奥又白池に?コールを送る。
 ガレた斜面を下り涸沢へ、テント村は一見200張り位のテントが立っている。紅葉のピークは一週間前だったとの事。
 多くの登山者で賑あうヒュッテを後にして無事徳澤に下山した。(リーダーY田さん記 (略) 詳しい山行報告はアルペン芦山会報11月号に掲載))
  
<メンバーのコメントより (いずれも略)>

素晴らしい経験ができました。神秘的な奧又白池、前穂北尾根5,6のコルに立った瞬間に目に飛び込んできた穂高の絶景は忘れません。 (K田さん)

 奥又白池は憧れていた場所だった。
 池から少し登ると5.6のコルに向かうアルペン芦山のパーティーや、前穂高岳の岩壁に取り付くクライマーの姿も見られ、時間はあっという間に過ぎた。
 目を転じると、燕から常念、蝶への稜線、遠くに富士山も見える絶好の場所だ。さして難しくはないので、天気のいい日に行かれるといい。 (T本さん)

初体験の北アルプスバリエーションも2泊のテント生活もおかげ楽しむことができました。 (I居さん)

お天気が良くて倍楽しめました本当によかったです。皆さんお世話様、お疲れ様。写真有難うございました。 (H中さん)

残念ながら5・6のコルを超えることはできませんでしたが、いつも遠くから眺めていた岩峰をすぐ真近で見ることができました。静かな山の紅葉も満喫です。 (O田さん)<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_6501147.gif
e0371039_650020.gif
e0371039_6495016.gif
e0371039_6494018.gif
e0371039_6493046.gif
e0371039_6491873.gif
e0371039_649839.gif
e0371039_6485770.gif
e0371039_648473.gif
e0371039_6483730.gif
e0371039_6482685.gif
e0371039_6481611.gif
e0371039_64836.gif
e0371039_6473988.gif
e0371039_6473066.gif
e0371039_6472058.gif
e0371039_64711100.gif
e0371039_6463296.gif
e0371039_6462278.gif
e0371039_6461255.gif
e0371039_646080.gif
e0371039_64550100.gif
e0371039_6454065.gif
e0371039_64530100.gif
e0371039_6452038.gif
e0371039_645115.gif
e0371039_6445171.gif
e0371039_6443734.gif
e0371039_6442675.gif
e0371039_6441691.gif
e0371039_644536.gif
e0371039_6435139.gif
e0371039_6434141.gif
e0371039_6433162.gif
e0371039_643219.gif
e0371039_643963.gif
e0371039_6425665.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-10-07 06:46 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

★ 救助法講習会 :10月1日(日)

e0371039_6462935.png
e0371039_8505437.gif
 今回は、クリーンハイクは22名と参加者は多いのに、講習会の参加者は11人、ちょっと寂しいな。
 来年もするべきかな・・・。
、講習会は、まず、がけから落ちた人を、引き揚げて、タンカで安全なところまで運び、ツエルトを張り、負傷者の安全を図る。・・などその他。(O塚さん記(略))
e0371039_851340.gif
e0371039_8504217.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-10-01 06:45 | セミナー・勉強会 | Comments(0)

★近代登山発祥の地ハイキング兼清掃 :10月1日(日)

e0371039_6451035.png
e0371039_8523810.gif
 好天気に恵まれ、清掃しながら楽しくハイキングすることができました。
 一般参加の3名の方は地獄谷が初めてで、岩を登るのに苦労をされていましたが、ベテランの会員の方の支援により全員無事に横池に到着されました。
 参加者は会員19名、一般3名、計22名でした。清掃も兼ねて、ビン、カン2kg 燃えるゴミ1kg回収しました。(U田さん記(略))<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
[PR]
# by alpenrosan | 2017-10-01 06:44 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆ 雪彦山地蔵岳東稜ノーマルルート : 9月30日(土)

e0371039_991844.gif
 アルペン芦山会員3名による岩登りの便りです(自主山行)。リーダーはN西さん。写真とコメントはH木さんよりです。

 私自身、初めての本格的なマルチクライミングになります。初見と言う事でセカンドで登攀させて頂きました。
 事前に百丈岩の東稜ルート等で練習していたのでそれほど高度感は感じませんでした。ただ、3ピッチ目のチムニーや最終ピッチ(7ピッチ目?)の取り付きで苦労した分、良い経験が出来ました。
 早く一人前になれるよう頑張りたいと思っています。(H木さん記(略))

       <写真もH木さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_9102079.gif
e0371039_9101061.gif
e0371039_995733.gif
e0371039_994557.gif
e0371039_993848.gif
e0371039_992830.gif
e0371039_99109.gif
e0371039_99218.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-09-30 09:11 | 岩登り | Comments(0)

☆ マダガスカル旅行 : 9月30日(土)~10月14日(土)

e0371039_944592.png
アルペン芦山会員のSさんとH本さん二人連れの海外旅です。Sさんより便りがありました。 

 仕事の予定が急に空き、10月はジャカランダの花が満開なので、急きょ以前から行きたかったマダガスカルにいつものトラベルメイトのHさんと行くことにしました。
 パリ経由で、飛行機に乗っている時間は24時間余り、乗り継ぎ時間も入れると33時間余りと、気が遠くなるような長いフライトでした。

 目的はバオバブの並木、世界遺産の針の山の大、小Tshingy登山、横っ飛びのベローシファカ、ワオキツネザル等々のキツネザル達、カメレオンでした。

 マダガスカルについては全く無知で、旅の準備を始めるまで日本の1.6倍もある大きな国で、世界一森林破壊が進んでいて、7%しか森林が残っていない国であることを知りませんでした。
 貧弱なインフラで、少し町を外れると道路は舗装されておらず、炎天下、エアコンの効かない車で砂埃にまみれての何時間もの移動は大変でしたが、生まれて初めて見る雄大な自然や愛らしい動物達は今でも目に焼き付いています。

 Berenty保護区では、NHKが取材をしていました。12月の月曜日、午後8時からBSの”Wild Life”で、好奇心旺盛なワオキツネザル始め動物達をご覧になってください。
e0371039_965440.gif
e0371039_964073.gif
e0371039_961165.gif
e0371039_96215.gif
e0371039_955432.gif
e0371039_954631.gif
e0371039_953717.gif
e0371039_951037.gif
e0371039_945763.gif
 Sさんの便りに引き続きH本さんからの便りです。
 
 マダガスカルのメインは ”大ツインギー” とてつもなく秘境で、アンタナナリボから飛行機で1時間、車で8時間・・・途中2つの川を渡るのですが橋が無い!

 船の筏に車を乗せ1時間、また次の川に渡るのに川の中へ車ごと入り筏へ乗り継ぎ到着でした (-_-;)  
 ここは雨季には行けない、陸の孤島です。

 幾つかの国立公園や保護区では洞窟探検、早朝にモーニングサファリ、夜はナイトサファリ、お昼はトゲの森Spiny Forest ジャングルなどの散策。
 茶色キツネザル、シファカ、は朝日に身体を広げ日光浴、じっと木にしがみ付くカメレオンなどまじかに動物に出会えました。


         <写真もH本さんより>
e0371039_14183224.gif
e0371039_14182412.gif
e0371039_14181616.gif
e0371039_1418882.gif
e0371039_14175991.gif
e0371039_14175152.gif
e0371039_14174399.gif
e0371039_14173416.gif
e0371039_14172655.gif
e0371039_14171595.gif
e0371039_1417557.gif
e0371039_14165622.gif
e0371039_14164893.gif
e0371039_14163844.gif
e0371039_14162946.gif
e0371039_14162230.gif
e0371039_141606.gif
e0371039_14155087.gif
e0371039_14154133.gif
e0371039_14153380.gif
e0371039_14152540.gif
e0371039_14151737.gif
e0371039_1415895.gif
e0371039_14145781.gif
e0371039_1414483.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-09-30 09:02 | 海外山行 | Comments(0)

☆ 雪倉岳から朝日岳そして日本海へ :9月26日(火)~30日(土) (予備日:10月1日)

e0371039_6431866.png
e0371039_9164274.gif
 アルペン芦山会員メンバー4名による例会山行 (リーダーE口さん)です。参加者のO村さんとK林さんから写真とメンバーのコメントなど、便りがありました。
 7月と8月の計画は雨で流れ、三度目の正直、やっと行くことができました。
 梅田を夜行バスで出発、乗り継いで栂池平へ、そして登山道を白馬大池へ。
 三国境、雪倉岳を経て朝日小屋に着いたのは28日の15時だった。風雨の中を長時間登ってきたので結構疲れた。
 朝日小屋で美味しい夕食を頂き、明日に備えての十分な休息をとることができた。
 29日からはいよいよ核心部の栂海新道である。昨日と違って快晴である。今日、明日とも長丁場だ。気を引き締める。
 朝5時半に朝日小屋を出発、朝日岳の頂上を過ぎてからは数えきれないアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を下げていく。道中の所々に池塘がある湿原のなかの木道を、その周辺の紅葉や遠く稜線の紅葉を見ながら歩くのは誠に快適だ。
 9月も下旬になると稜線歩きに暑苦しさはない。少し汗ばんでくる体に微かに見える日本海からの風は爽やかで心地良い。北又の水を1人3リットルほど担いで犬ヶ岳を越えて栂海山荘(無人小屋)に着いたのは14時半だった。
 翌30日も、延々と続く稜線を歩いて、遥か遠くに見えていた日本海にタッチしたのは16時。感動の瞬間でした。(O村さん記)

 栂池平から北アルプスに入り4日かけて栂海新道を日本海まで縦走しました。
標高2766mから海抜0mへの縦走には、気象・体調・体力に加え様々なコンディションが求められ、自らの課題を認識する良い機会となりました。
 森林限界まで下り、木々の間から見えた紺碧の日本海の美しさ、荒天の中で見たチームワーク、全てが大切な思い出になりました。(A川さん記(略))

 前半の朝日小屋までの雨風の中での縦走や、疲れの溜まった最終日の栂海新道の縦走等、貴重な体験でした。特に栂海山荘から下駒岳への急坂登り、白鳥山を超えてからの黄金坂の長い急坂下りで、太もものダメージは大きく、鍛え方が足らないのだと痛感しました。
 全員無事親不知まで到着し、今回の目的が達成でき感無量です。解散後、栂海新道起点となる親不知海岸で、不意に大波に襲われ、全身ずぶ濡れになり、止む無く、そばの親不知観光ホテルに宿泊させて頂きました。山行で溺れたということではお笑いにもなりませんね。(K林記)

 本当にロングルートでした。一部私の地形の認識の甘さが原因で風雨の中、小一時間余分に歩かせてしまい御免ね。それにしてもメンバー全員、実によく歩かれましたね。
 親不知の海に無事にゴール出来たのは、チームの結束力の御蔭です。海岸に寄せ打つ波で顔を洗えて感動でした。(リーダーE口さん記(略))<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_91545.gif
e0371039_9151437.gif
e0371039_9152368.gif
e0371039_9153391.gif
e0371039_9154273.gif
e0371039_9155132.gif
e0371039_9162477.gif
e0371039_9163381.gif
e0371039_9164955.gif
e0371039_9165899.gif
e0371039_917627.gif
e0371039_9171441.gif
e0371039_9172314.gif
e0371039_9173192.gif
e0371039_917427.gif
e0371039_914452.gif
e0371039_9145574.gif
e0371039_9135023.jpg
e0371039_9134251.jpg
e0371039_9133517.jpg
e0371039_9135990.jpg
e0371039_914817.jpg
e0371039_9141784.jpg
e0371039_9142665.jpg
e0371039_9143695.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-09-26 06:42 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ 岩登り 不動岩でトレーニング : 9月24日(日)

e0371039_18285977.gif
 アルペン芦山会員のN西さんからの便り (個人山行) です。
  <不動岩東壁アルパイン練習>
 久しぶりにJR道場駅近くにある不動岩へトレーニングに行ってきた。
 パートナーは登山学校でお世話になっているK氏である。いつもは長く感じるアプローチの斜面も、山の四方山話をしながらだとあっという間だった。
 東壁に到着すると、珍しく誰もいない。貸し切り状態で懸垂も遠慮なくできると思った。
 さて、今日は三級ルートを繰り返しつるべ登攀をすることにした。
 最近通っている岩場と比べ傾斜が強くまた触ると不安定なホールドもあるのでのでちょっと惑う。今後通うにつれ慣れてくるとは思うが。
 そうこうするうちに他のクライマーも参上してきて段々と賑やかになってきた。
 合計4ルート、最後のコーナーは3回目の登攀だが今回が一番やりにくかった。やっぱり歳かな?と思う。全てロープを担ぐ方法での懸垂下降で下った。
 使いやすいロープの担ぎ方を教わり、これも収穫の一つだった。
 道場駅前で軽く飲み解散となった。(N西さん記)<写真もN西さんより><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>

e0371039_18292572.gife0371039_18291658.gife0371039_1829818.gife0371039_18293368.gife0371039_18285072.gife0371039_18284033.gif  
[PR]
# by alpenrosan | 2017-09-24 18:25 | 岩登り | Comments(0)

☆ 岩登り “ 保塁岩 ” :9月24日(日)

e0371039_6415753.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-09-24 06:41 | 岩登り | Comments(1)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31