アルペン芦山/芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

★ 六甲全山縦走西コース トレーニング :2月5日(日)

e0371039_2222055.png
予定通り実施。リーダーK島さんの便りによればリーダーとほか1名の2名で歩く。雨天トレーニングの良い機会だったとのこと。渋滞もなく須磨浦から新神戸まで26.5kmを9時間で完走。
e0371039_1795454.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-02-05 21:40 | 六甲山全山縦走 | Comments(0)

★近代登山発祥の地ハイキング兼清掃:2月5日(日)

e0371039_2223798.png
雨天のため中止。
[PR]
# by alpenrosan | 2017-02-05 21:36 | 中止山行 | Comments(1)

☆ 雪山入門山行 ② “ インディアン平原~ 岩籠山(いわごもりやま) ” :2月4日(土)

e0371039_22312758.png
アルペン芦山の雪山入門例会山行、今冬季、1月実施の赤坂山に続いて2回目、今回も絶好の天気。参加者は会員12名。リーダーのY田さんからの便りです。

 今回は積雪量と展望を求めて福井県敦賀市にある敦賀三山の一つ、インディアン平原~岩籠山に行って来た。
 目的は①ツボ足で雪道を歩く。②ワカンの迅速かつ確実な装着と歩き方。③深雪ラッセル訓練。

 電車・タクシーを乗り継ぎ、登山口のドライブイン「しのはら」に9時50分到着、体操をしてツボ足で10時10分出発。
 難所と言われている大岩も楽々通過。このあたりから雪が増えてきたのでワカンを装着。ほとんどのメンバーは手際よく付けていた。
 樹林帯から抜け左方向に野坂岳が見え景色が明るくなった。
 しばらくは急登をあえぎながら登る。ワカンが雪面に食い込みサクサクと快適に登れる。ここはブナの自然林、ブナに樹氷がついていれば最高の景色なのだが・・・。
 左前方にインディアン平原が見える。「さぁ、ラスト!・・・」 最後の急登もワカンでサクサクと登っていく。
 あたり一面にひろがる雪のインディアン平原にメンバーはプチ感動。12時50分到着。
 東には霊仙岳~伊吹山~金糞岳~横山岳、その奥は能郷白山が見える。北には敦賀湾が見える。南は高島トレイルの山々から比良の山々も展望できた。
 「素晴らしい眺めだ・・・」
 下山はワカンの利点を実感するためにできるだけトレースのない新雪を各自歩いてもらう。自分のワカンを踏んで転倒する人もいる。まだまだ慣れが必要か・・。
 15時50分全員無事に下山した。2回の雪山入門山行で感じたのは雪山は天候判断、場所設定、装備を万全にすれば何も問題はない。
 雪山の美しさ、楽しさを少しでも実感して頂ければ良い。(略 Y田さん記)
e0371039_19365032.gif
e0371039_1937081.gif
e0371039_19371662.gif
e0371039_19373780.gif
e0371039_19374610.gif
e0371039_19375577.gif
e0371039_1938262.gif
e0371039_19383578.gif
e0371039_19384337.gif
e0371039_19385793.gif
e0371039_193966.gif
e0371039_19391777.gif
e0371039_19393434.gif
e0371039_19394537.gif
e0371039_19395690.gif
e0371039_1940964.gif
e0371039_19402067.gif
e0371039_19403024.gif
e0371039_19404123.gif
e0371039_1941499.gif
e0371039_19411559.gif
e0371039_1941252.gif
e0371039_19413775.gif
e0371039_19414875.gif
e0371039_19415834.gif
e0371039_194293.gif
e0371039_19422735.gif
e0371039_1942398.gif
e0371039_19425027.gif
e0371039_1943271.gif
e0371039_19432255.gif
e0371039_1363128.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-02-04 17:57 | 雪山山行 | Comments(0)

☆ ハイ キングリーダーセミナー“ 机上講習 “ :2017年1月29日(日)

e0371039_15184831.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-29 15:18 | セミナー・勉強会 | Comments(0)

☆ 兵庫縦断トレール追加山行“置塩城 跡 ~広嶺山” :2017年1月28日(土)

e0371039_765270.png
平成28年(2016)はアルペン芦山創立50周年を迎え、それを記念して実施した兵庫縦断トレールは、同年10月9日見事にその道程を完歩、完遂したところです。この度はその一部について別ルートを追加山行したものです。参加者は会員7名、リーダーのT田さんからの便りです。

 2016年2月27日に実施した兵庫縦断トレールの第7区間は、中国自動車道の夢前SIC(スマートインターチェンジ)から夢前川東岸の山を南下して南条山に至り、そこから南西に方向を変えて置塩城跡へ向った。 これはトレールに書写山を入れたいということから取られたルートである。しかし今回取った南条山からほぼ磁北線にそって南下して廣嶺山に抜ける方が、車道を全く通らないことや、ルート取りとしての完成度からも素晴らしく、どうしても心に残ってしまった。
 そこで、追加的にこのルートを歩くことにした。結果的にはすっきりしたトレールが完成し、今後兵庫縦断トレールとしてはこのルートの方がふさわしいと思う。(T田さん記)
e0371039_7115429.gif
e0371039_712571.gif
e0371039_7121934.gif
e0371039_7123085.gif
e0371039_7123837.gif
e0371039_7124778.gif
e0371039_7125595.gif
e0371039_71338.gif
e0371039_7131293.gif
e0371039_7132592.gif
e0371039_713354.gif
e0371039_7134649.gif
e0371039_714198.gif
e0371039_7141587.gif
e0371039_7142760.gif
e0371039_7144115.gif
e0371039_7145881.gif
e0371039_715104.gif
e0371039_7152131.gif
e0371039_7153122.gif
e0371039_7154438.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-28 07:05 | 日帰りハイキング | Comments(2)

☆ 雪山ハイ キング “ 三峰山 ” :2017年1月28日(土)

e0371039_656164.png
関西圏の雪山を楽しむことを目的に、霧氷で有名な奈良県の三峰山の例会ハイキングを実施しました。
 当日は穏やかで快晴の天気に恵まれ、予定の登リ尾コースを順調に往復しました。
 山頂からやや下った八丁平で雪原と眺望を楽しむことができましたが、週前半までの寒波が前日から緩み、気温が高めだったためか、期待していた霧氷は全く見ることができません。
 機会があれば、霧氷を求めて数年内に再チャレンジしようと思っています。
 メインの霧氷が見られなかったは本当に残念でしたが、良い天気と皆さんのおかげで楽しい一日となりました。私自身にとっても良い経験となりました。(略) 
e0371039_6534927.gif
e0371039_6535884.gif
e0371039_654818.gif
e0371039_6541874.gif
e0371039_6542611.gif
e0371039_6543592.gif
e0371039_6544798.gif
e0371039_6545618.gif
e0371039_655425.gif
e0371039_6551410.gif
e0371039_6552539.gif
e0371039_6553966.gif
e0371039_6555075.gif
e0371039_656092.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-28 06:14 | 雪山山行 | Comments(0)

★ 雪山 ハイキング “ 愛宕山 ” :2017年1月22日(日)

e0371039_081422.png
アルペン芦山の例会ハイキングです。参加者は会員9名、一般1名計10名でした。リーダーT森さんからの便りです。

JR保津峡駅を出発。ツツジ尾根登山口から登り始めますがいきなりの急登を10分ぐらい。
緩やかなアップダウンを繰り返しながら米買道分岐と表参道合流点までの急登をゆっくり歩きます。水尾分岐のすぐ下で合流し黒門から愛宕神社境内に雪山ハイキングを楽しみました。
昼食休憩後、杉谷を下山します。大杉谷には雪が多く狭い登山道を下山口まで参加者はよく歩かれました。F沢さん、K本さんは80歳台にも関わらず足の運び雪山歩行には敬服します。
愛宕神社までは雪山ハイキングでしたが大杉谷下山道はむしろ雪山登山と言うべきでした。参加者はほんとうによく歩かれました。(略)
e0371039_084049.gif
e0371039_085394.gif
e0371039_091387.gif
e0371039_092547.gif
e0371039_093414.gif
e0371039_094486.gif
e0371039_095342.gif
e0371039_010749.gif
e0371039_0102214.gif
e0371039_0103322.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-22 00:06 | 日帰りハイキング | Comments(1)

☆ 雪山入門山行① “ 赤坂山 ” :2017年1月21日(土)

e0371039_6522039.png
アルペン芦山主催の雪山入門、参加者は女性6名、男性8名、会員計14名。CLI田さん、SLY田さんの報告他、皆さんの体験の感想が続々と寄せられました。

 雪山の基本である深い雪の中を「わかん」を付けて歩く事、雪山の持つ様々な側面を体感する事が目的である。
 一週間ほど前の大寒波で湖北は一面の銀世界。山麓でも雪は十分深い。
 前日までの気象情報から強い風雪も覚悟していたが、一時的に雪がちらつく程度ですみ、昼前後には晴れ間も見られて厳冬期としては望外の穏やかさであった。
 全員が赤坂山頂上を踏み、事故、怪我なく無事に下山する事が出来た。(中には自分で自分のわかんを踏んで何度もこけた人が何人かいましたが)・・・
                                                                             (略) (CL I田さん記)
 わかん歩きの利点を感じてもらうために東屋までツボ足で歩いた。谷からは冬道を選択、深雪ラッセル方法を学ぶ。稜線は風もなく難なく登頂。帰りは童心にかえり尻セードで遊びながら下山。今回は天気にも恵まれ、雪山の楽しさを少しは味わっていただけたと思う。・・(略) (SL Y田さん記)

  <参加者の感想より・・いずれも略文です>
 ◆入門とはいえ雪山デビューを果たせ充実感を感じています。思っていたよりもわかんを使えたのは収穫ですが、ラッセルの技術と体力には少し不安を残しました。天候、環境や高度の変化(樹林帯⇒稜線上)、運動量などに応じて夏山以上に適切に衣類調節を行うことの重要性を実感しました。
 ◆このけったいな形をした不細工な道具を履いて登れるとははなから思いませんでしたが、履いてみると意外に歩き易く、金具がサクサクと音を立てて雪に食い込むさまが心地良く、次第に夢中になり、気が付いたら山頂に立っていました。踏みしめても次から次に崩れるラッセル地獄、先輩方とのふれあい、憧れの“山男”の仲間に入れてもらえたような嬉しい気持になりました。
 ◆素晴らしい天候でこの上ない幸せでした。たくさんの発見があり 小さいですが自信になりました。先輩の方々にも色々な示唆を頂き、わかんについてもいい経験になりました。
 ◆初めてわかんをつけて雪山を経験しました。わかんがどう役に立つのか疑問でしたが歩いて納得です。赤坂山頂上直下では誰も踏んでいない雪面に自分の足跡ができて、楽しい経験でした。
 ◆初めてのわかんの装着で、歩き方等心配でしたが歩けて良かったです。次回は装着をもっと考えて下りでゆるんだりせずちゃんと歩けるようにします。  
 ◆雪山を目にするとテンションが上がります。なによりも景色が美しいです。様々なご指導有難うございました!
e0371039_6494685.gif
e0371039_6495453.gif
e0371039_65016.gif
e0371039_6501079.gif
e0371039_6501832.gif
e0371039_6502639.gif
e0371039_6503657.gif
e0371039_6504618.gif
e0371039_6505660.gif
e0371039_651844.gif
e0371039_6512194.gif
e0371039_6513240.gif
e0371039_6514377.gif
e0371039_6515354.gif
e0371039_652756.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-21 06:17 | 雪山山行 | Comments(0)

☆ アルペン芦山 OB 会 “ 2017年 新年会 ” ご案内 :2017年1月15日(日)

e0371039_15202178.png

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-15 15:19 | 親睦会 | Comments(0)

☆マニアック六甲山巡り⑨ “ 荒地山界隈” :2017年1月15日(日)

e0371039_6475149.png
アルペン芦山のユニークな山行、O村さんが主宰しています。
 今日のマニアックハイキングの山域は荒地山周辺から住吉川までの六甲山中腹一帯で狭く、歩行ルートの主な目的はバリエーションです。
 前夜半より日本列島を寒波が襲い、日頃は温暖な芦屋の街も早朝はうっすらと雪を被っていました。

 荒地山周辺は縦横無尽に枝道があります。それは大小の岩がごろごろある岩海や樹林の中にかすかな踏み跡としてあります。もちろん登山地図にはありません。ロックガーデンを開いた藤木九三のRCC時代からのルートの痕跡、あるいは関電工事ルート、境界線であったり、名も知らぬ登山者がつくった道かも。
 あたり一面、緑の笹の上に、茶褐色の落ち葉の上に、,朽ちた倒木の上に、積もる白い雪の風情は 「美しい!」 
 ルートは雪に消されて見つからない状況にありますが地形を読み、地図を読んで進みます。ときには樹の枝をつかんだり、レイバック、スメアリング・・・岩登り技術も必要ですよ。
 狭い幅のトラバースは一歩どころか半歩間違えると大変だぁ~。
 それでも普段は見られない雪化粧の樹林の景色を楽しみながらアップダウンを繰り返します。
 「日常では、めったに出来ない素敵な体験だよね・・・これこそマニアックの味わい・・」
 アルペン芦山会員15人参加 (82歳、83歳、86歳の高齢会員3人も、平均66歳以上) が子供のような冒険心をかきたてて、ことさら難儀な道を選んで楽しみました。
 もう1月半ば、時の流れは速い。でも今日の一日は慎重に歩行して長い一日になりました。・・・ものすごく面白かったですね・・・。
e0371039_642215.gif
e0371039_6421197.gif
e0371039_6422175.gif
e0371039_6423270.gif
e0371039_642413.gif
e0371039_6425190.gif
e0371039_6431417.gif
e0371039_643232.gif
e0371039_6433226.gif
e0371039_6434327.gif
e0371039_644626.gif
e0371039_6441855.gif
e0371039_6442884.gif
e0371039_6443972.gif
e0371039_645726.gif
e0371039_6452667.gif
e0371039_6454043.gif
e0371039_6455851.gif
e0371039_6461028.gif
e0371039_6462799.gif
e0371039_6464018.gif
e0371039_647750.jpg
e0371039_6471677.jpg
e0371039_6472663.jpg
e0371039_647366.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2017-01-15 06:11 | 日帰りハイキング | Comments(0)
line

芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30