アルペン芦山/兵庫県芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

新着活動報告 (↓クリック)

☆2019年元旦“初日の出ハイキング”:1月1日(祝)
☆初湯ハイキング“菊水山~湊山温泉”:1月6日(日)
☆四国遍路 32番禅師峯寺~37番岩本寺:12月28日(金)~1月2日(水)
☆カシミール・ジオグラフィカ講座:12月1日(土)
e0371039_13154911.gif
e0371039_11542015.gif
e0371039_740052.jpg
e0371039_8421488.gif

# by alpenrosan | 2020-12-09 11:57

第47回歴史ハイキング「明石」 とき:1月20日(日)

第47回歴史ハイキング「明石」 
とき:平成31年1月20日(日)小雨決行 集合:午前9時00分 JR明石駅改札前
概況:“時のまち”明石と、明石城を中心に城下町として栄えた明石。宮本武蔵や万葉の歌人・柿本人麻呂にゆかりある町並を歩きます。
参加費:一般400円(拝観料別)、別に資料(先着20名限り)代600円、持ち物:弁当、水筒、雨具、履き慣れた靴他
歴史ハイキングの問い合わせは CL:東郷滋072-692-7441(携帯090-3990-7441メールtogo863@ezweb.ne.jp)PC:togo863@neko.zaq.jp 

# by alpenrosan | 2019-01-20 15:46 | 歴史ハイク

☆初湯ハイキング“菊水山~湊山温泉”:1月6日(日)

e0371039_11543968.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーT本さんからの便りです。参加者は会員17名でした。 

 日差しはなかったが風は弱く、歩きよい日だった。登山口の広場で出発前のミーティング。
 広島から帰って久しぶりの参加のY内さん、休会から復帰のE澤さんの姿も見える。
 M下さんに準備運動を指導してもらい、木の階段が作ってある北面登山道に入る。この日は部分日食だったが、雲に遮られて分からなかった。
 途中各5分ほどの水飲み休憩とトイレ休憩のみでスムーズに山頂へ。まだ早いので景色を楽しんだ後、下の広場まで下って昼食とした。
 紅梅がちらほらと咲いていた。風はなく、わずかに日も差して暖かかった。鵯越方面から来たY田さんと出会う。
 烏原水源地の道をたどると、水面に鴨や鵜、カイツブリなどが浮かんでいた。近くの木にはコゲラもいた。
 1901~1904年に建造されたというダムのプレートなどを見て、切り通しを抜け、急傾斜の階段に驚きながら湊山温泉へ。
 前の駐車場で解散。入浴したのは6人にとどまった。(T本さん記 略)

          <写真はT本さんO村さんから>
e0371039_11545373.gif
e0371039_11542981.gif
e0371039_11542015.gif
e0371039_11541269.gif
e0371039_1154029.gif
e0371039_11534588.gif
e0371039_11533651.gif
e0371039_11531724.gif
e0371039_1153629.gif
e0371039_1152565.gif
e0371039_11524764.gif

# by alpenrosan | 2019-01-06 11:51 | 日帰りハイキング

☆2019年元旦“初日の出ハイキング”:1月1日(祝)

e0371039_1315275.gif
 2019年の初日の出スポットは、風吹岩下展望広場です。
 午前7時7分御来光を迎え、本年の安全登山を祈願しました。
 参加会員は4人と少なかったけれども、周りには100人を超える参拝者がいて、風吹岩のほうからも安全祈願をする大きな声が聞こえてきました。

      <文・写真はO村さんから>
e0371039_13155771.gif
e0371039_13154911.gif
e0371039_13151117.gif
e0371039_13154057.gif
e0371039_13145578.gif
e0371039_13144783.gif

# by alpenrosan | 2019-01-01 13:12 | 日帰りハイキング

☆四国遍路 32番禅師峯寺~37番岩本寺:12月28日(金)~1月2日(水)

四国遍路から元日2日早朝戻りました。前回は32番禅師峯寺まで。今回は37番岩本寺まで打って、さらに23キロ先の佐賀公園まで歩きました。37番岩本寺から38番金剛福寺までは91キロあり、四国遍路の最長区間、次回に備えて距離を稼いでおく必要があります。四国37番札所岩本寺の宿坊に運よく大晦日に泊まることができました。除夜の鐘は地元のテレビ局もやってきて、年越しそば、ぜんざい、日本酒の炊き出しがありました。元旦朝はお雑煮・お屠蘇も出てきて、大晦日の宿坊宿泊は絶対のおススメです。四国は旅情に満ちたワンダーランドで、いよいよ病みつきになりました。4日歩いて行き帰りとも夜行バス、最終日以外の歩行距離は毎日35キロ前後の強行軍でしたので、さすがに少々疲れました。(S本記)
e0371039_740052.jpg
青龍寺にて
e0371039_740229.jpg
浦戸大橋から太平洋を望む
e0371039_7403522.jpg
e0371039_741525.jpg
雪蹊寺
e0371039_7412528.jpg
種間寺
e0371039_803100.jpg
清滝寺
e0371039_80197.jpg
清滝寺
e0371039_7513445.jpg
宇佐湾
e0371039_7514676.jpg
宇佐大橋より宇佐湾を望む
e0371039_752211.jpg
青龍寺
e0371039_7523177.jpg
青龍寺
e0371039_832122.jpg
横浪スカイラインより太平洋を望む
e0371039_7533775.jpg
焼坂峠
e0371039_754011.jpg
岩本寺
e0371039_7545277.jpg
除夜の鐘
e0371039_7543216.jpg
年越しそば・ぜんざいの炊き出し
e0371039_8334696.jpg
岩本寺宿坊

# by alpenrosan | 2018-12-28 07:29 | その他

★ 2018 ツレモテイコラ 熊野ツアー:12月7日(金)~9日(日)

e0371039_1505796.gif
e0371039_18344742.png
 アルペン芦山の会員で熊野古道の語り部にも認定されているSさん主宰の毎年おなじみのツアーです。
 “一緒に行きましょう“ は、和歌山弁で“ツレモテイコラ” と言います。リーダーSさんからの便りです。

 12月7日(金)曇り 7:50大阪駅高速バスターミナル出発→10:50紀伊田辺到着→11:35紀伊田辺駅を龍神バスで出発→12:05鮎川新橋到着→住吉神社、御所平、念仏沼等を経由し中辺路を歩く→14:35清姫の里到着(T郷さんとY内さんは霧の郷たかはらの車で宿へ)→15:15滝尻到着―15:28龍神バス乗車→15:37栗栖川到着→(徒歩)→16:30「霧の郷たかはら」に到着→18:30夕食

 紀伊田辺で秋平を受け取り、龍神バスを待つ間にいただき、鮎川王子から富田川沿いに熊野古道を歩きました。
 「霧の郷たかはら」では、地元の食材を使ったお食事を堪能し、オーナーの治安さんがフラメンコギターを演奏してくれました。
 お食事は何でもありの飲み放題プラン付だったので、11時頃まで盛り上がっていたそうです。

 12月8日(土)晴れ 9:30「霧の郷たかはら」出発→高原神社を見学し、徒歩で栗栖川まで下山→10:59栗栖川を明光バスで出発→11:10牛馬童子口到着→箸折峠、牛馬童子、近露王子経由で中辺路を歩く→12:30~13:30「オーガニックレストラン朴」で昼食、(T郷さん、Y内さんは14時のバスで川湯温泉へ)→近露から小広峠までの中辺路歩き→16:14小広峠から龍神バス乗車→16:50川湯温泉に到着し、立石さんに宿泊→18:15夕食。
 宿でもらった熱々の焼き芋を抱えて高原熊野神社に行き、先日の台風21号で倒れた樹齢250年のタブノキでチェーンソーアイティストが作った龍神を見に行きました。
 この神社の社殿は中辺路で一番古く、室町時代まで遡りますが、社殿を囲む樹齢1000年と推定される楠は、いつ見ても圧倒されます。
 近露の「オーガニックレストランの朴」でのランチは、珍しい車麩のカツがメインで、体に優しいお食事。土曜日限定のシュークリームも楽しみました。
 元気になって続きの熊野古道を小広峠まで歩きました。
 月末の台風で川湯温泉は大打撃を受け、バス停の場所が変わり、道路は途中で行き止まり、まだ休業中の旅館もありました。
 宿の前の大塔川の護岸工事の為、源泉の温度が下がり、仙人風呂、公衆浴場が閉鎖のため、渡瀬のクアハウスの温泉に立石さんの車で送迎してもらいました。
 特別料理の天然伊勢エビさんは、お刺身を食べ終わってもヒゲが動いており、次々と出てくるご馳走で、地酒の太平洋の骨酒一升もきれいに無くなりました。

12月9日(日)晴れ 7:00T田さんご夫婦、大雲取り歩きの為立石さんの車で出発。
 8:16川湯温泉を龍神バスで出発→8:46発心門到着→水飲み王子、伏拝王子、祓殿王子経由で本宮大社への中辺路を歩く→12:40本宮大社前から龍神バス乗車→14:50紀伊田辺到着→15:35紀伊田辺を高速バスで出発→18:35大阪駅到着。
 11名が新宮まで熊野川を下る川船を希望されていましたが、川の水位が低く運行されないとの連絡が入り、18名で本宮町内の熊野古道を歩くことになりました。
 T田さんご夫妻は大雲取歩きにチャレンジされましたが、15:09無事に那智山に到着したと連絡がありました。
 途中の伏拝茶屋では、温泉コーヒー、シソジュースでゆっくり休憩しましたが、本宮大社では時間がなくゆっくりお参りできなかったのが反省点でした。
 いつもの”やまびこ弁当“は、鮎寿司、めはり寿司、鮎のから揚げが入り、紀伊田辺への車中でいただきました。
 今回はアルペン芦山での15回目の熊野ツアーでした。毎年多くの一般の方にもご参加いただき、感謝しております。2年連続で川船が欠航になりましたので、来年は、熊野川の水位が高い時期にツレモテイコラ熊野ツアーを企画したいと思います。(Sさん記)

 参加者のT郷さんからは次のように便りをいただきました。 

 私自身、熊野古道は世界遺産になる前から何度と無く訪れた懐かしい地。最近はご無沙汰でした。そんな時、Sさんから誘いの連絡があり、肺がん末期でほとんど歩けなくなって下痢や足の吊りの不安を抱えてご迷惑をお掛けするのをわかりつつも参加することにしました。
 Sさんが企画から運営まで1人で20人もの人を連れての熊野古道ツアーを実施して頂き、さすがツアーコンダクターとしての本領発揮と感じ入りました。
 2日間の昼弁当も地元の食材をふんだんに使った特別仕立てのものでした。
 12/8の昼食は民家を使ったオーガニックレストランでの食事、1日目の “霧の郷たかはら” は景色抜群の地に10年前に建てられた公共のホテルを10年借用してのホテル経営、今年からこのホテルを買取り、空地に自らの考えに基づく増改築の計画などオーナー小野治安氏は若くて活動的なアイデアマン。
 ピザや焼芋まで出てきました。又2日目の “民宿立石” は、今年の台風21号により床上浸水も受け、それを乗り越えての営業と、いつものイセエビ付きの超豪華料理・恒例の骨酒に満足しました。
 しかし源泉の温度が下がっているため、仙人風呂は閉鎖、3日目の楽しみにしていた川舟及び代替案の瀞峡ジェット船も水不足での中止は残念でしたが、3日間共、天候に恵まれ皆さんからの暖かい気遣いも頂き、思い出深い旅が出来ました。ありがとうございました。(T郷さん記)

     <写真はT郷さん、U田さん、Sさんから>
e0371039_1313214.gif
e0371039_1257493.gif
e0371039_150369.gif
e0371039_1502951.gif
e0371039_1502122.gif
e0371039_1501366.gif
e0371039_150569.jpg
e0371039_14595822.jpg
e0371039_14595253.jpg
e0371039_14594462.jpg
e0371039_1315047.gif
e0371039_1314123.gif
e0371039_1305898.gif
e0371039_1305026.gif
e0371039_1304369.gif
e0371039_1303651.gif
e0371039_1302871.gif
e0371039_1301912.gif
e0371039_130975.gif
e0371039_130122.gif
e0371039_12595414.gif
e0371039_12594674.gif
e0371039_12593874.gif
e0371039_12593068.gif
e0371039_12591985.gif
e0371039_12591277.gif
e0371039_125942.gif
e0371039_12585668.gif
e0371039_12584995.gif
e0371039_12584239.gif
e0371039_12583418.gif
e0371039_12582456.gif
e0371039_12581352.gif
e0371039_125836.gif
e0371039_150518.gif
e0371039_14593444.jpg
e0371039_14592787.jpg
e0371039_14592055.jpg
e0371039_14591466.jpg

# by alpenrosan | 2018-12-25 13:03

☆近代登山発祥の地ハイキング兼清掃“芦屋地獄谷”:12月9日(日)

e0371039_15131626.gif
 アルペン芦山の例会ハイキング兼清掃です。リーダーM尾さんからの便りです。

 芦屋川駅前広場はかなりの混雑で高座の滝までの道路も他のグループに混ざって歩く状態でした。
 高座の滝までは会全体が見渡せず速度が速すぎた事を反省しています。
 地獄谷の登りは、他会のアイゼン訓練のグループも多く、当会の参加者17名 (2名は中央陵を歩く) の団体では多すぎるかと心配しましたが、会員のみの歩行で、他のグループに道を譲る事も少なく快適に登れました。
 燃やせるゴミ1キロ、燃やせないゴミ1.5キロを回収。横池で中央陵からの2人と合流して記念撮影後、あまりの寒さのためすぐに解散をしました。
 それぞれ、高座谷コースと中央陵コースに分かれて下山しました。 (M尾さん記(略))

    <写真はF原さん、H口さん、O村さん、トミおじさんから>
e0371039_151413.gif
e0371039_15141757.gif
e0371039_15142556.gif
e0371039_15143241.gif
e0371039_15143897.gif
e0371039_15144650.gif
e0371039_15145324.gif
e0371039_1515190.gif
e0371039_1515845.gif
e0371039_15151527.gif
e0371039_15135237.gif
e0371039_15134687.gif
e0371039_15133873.gif
e0371039_15133178.gif
e0371039_15132334.gif
e0371039_1513667.gif
e0371039_15125951.gif
e0371039_15125212.gif

# by alpenrosan | 2018-12-09 15:11 | 日帰りハイキング

☆六甲山系 東お多福山の笹刈り:12月8日(土)

e0371039_14122.gif
 アルペン芦山の自然保護部活動の一環です。リーダーI居さんからの便りです。

 アルペン芦山の自然保護活動として、自然保護部会員3名で東お多福山草原保全再生活動に参加し、笹苅をしてきました。
 東お多福山は震災以来神戸市の手がとどかず2~3mの笹の山になっていました。阪神間の有志は11年前よりこの東お多福山をススキの草原に戻す運動を始めました。
 12月8日の笹苅には60人以上が参加。自然保護部の3名も 「人と自然の博物館」 研究員の説明を聞きながら、一日の格闘の覚悟を決めます。
 まずはススキ刈です。阪神間の茅葺屋根のふきかけに使うと聞いてやる気が出てきます。
 ついで笹苅作業です。専門部隊によって、草刈り機で刈られた笹を集めます。笹をガンジキ、レーキなどでビニールシートに掬う。一杯になったビニールシートをもって谷間に降りる。簡単なはずですが、午前1時間半、 午後1時間半の作業をするとぐったり。
 笹がびっしり生えていたお多福山頂上付近は、さわやかな草原に変身!
 ハイカーも次々登ってきます。疲労感ふっとぶ! 自然相手に年末大掃除をし、他の登山会員との交流も楽しんで、3人は元気よく下山しました。
   
        <写真はM井さんとO西さんから>
e0371039_1422369.gif
e0371039_1421458.gif
e0371039_142452.gif
e0371039_1413615.gif
e0371039_1412942.gif
e0371039_1412255.gif
e0371039_1411570.gif
e0371039_141877.gif
e0371039_1405550.gif
e0371039_1404597.gif
e0371039_1403229.gif
 
# by alpenrosan | 2018-12-08 13:58 | その他

☆花シリーズ“紅葉ハイク 二本松林道”:12月2日(日)

e0371039_15271825.gif

アルペン芦山のハイキング例会、花シリーズです。リーダーO本さんからの便りです。参加者は会員12名でした。 

 JR元町西改札口(9:00)~諏訪山公園 点呼 コース説明 体操(9:40)~燈籠茶屋(10:10)~猩々池(10:45)~再度公園(11:30)昼食(11:55)~修法ケ原池一周して太龍寺~猩々池(12;40)~二本松林道~市章山(13:50)~錨山~ビーナスブリッジ(14:30)点呼 体操 解散(14:45)

 JR元町で参加者を待っていると何ヶ月振かでお会いする人達のお顔が見え、皆さんとても嬉しそうでした。
 諏訪大明神に登山の無事をお願いし登り始める。
 山腹の道から谷に沿う道になり、少しずつ木々の色づきを感じる。
 太陽の光で一層鮮明さをます紅葉を楽しみながら緩やかな登りで会話も弾み、多くのの登山者に追い越されながらも、あっという間に再度公園に着く。
 暖かく風も無い修法ケ原池の水面に映る紅葉した木々、緑の木々、真っ青な空のコントラストが美しい。
 太龍寺境内を散策し猩々池に戻る。
 ここから紅葉の名所二本松林道に入る。いきなり一面の真っ赤な紅葉に目を奪われる。
 幾つかの絶景ポイントを楽しみながら林道を終え、市章山から眼下に広がる神戸の街、海を眺めビーナスブリッジに向かう。
 明るく心和む散策の小道、紅葉で目を楽しませてもらい、多くの会話で心を慰めてもらう、ステキな一日になっていたら嬉しいです。(O本さん記)

     <写真はトミおじさんから>
e0371039_15283344.gif
e0371039_15282585.gif
e0371039_15281865.gif
e0371039_15281169.gif
e0371039_1528315.gif
e0371039_15275430.gif
e0371039_15274766.gif
e0371039_15274032.gif
e0371039_15273266.gif
e0371039_15272558.gif
e0371039_15271293.gif
e0371039_1527496.gif
e0371039_1526565.gif
e0371039_15264531.gif
e0371039_15263872.gif
e0371039_15262949.gif
e0371039_15261994.gif
e0371039_15261165.gif
e0371039_15255883.gif
e0371039_15254682.gif
e0371039_15253816.gif
e0371039_15252563.gif

# by alpenrosan | 2018-12-02 15:23 | 日帰りハイキング

☆第46回歴史ハイキング「京街道・守口宿」 とき:12月1日(土)

☆第46回歴史ハイキング「京街道・守口宿」
とき:12月1日(土)小雨決行 集合:午前9時00分 京阪・土居駅改札前 (守口駅より1駅淀屋橋寄りの駅)
概況:江戸時代の東海道で日本橋から数えて57番目の宿場町です。文禄時代(1592~1596)に秀吉によって築かれた文禄堤が今も残る町並を歩きます。難宗寺の大いちょうは見事。午後は松下幸之助歴史館を見学します。
歴史ハイキングの問い合わせは CL:東郷滋072-692-7441(携帯090-3990-7441メールtogo863@ezweb.ne.jp)PC:togo863@neko.zaq.jp 
e0371039_14225638.jpg
アルペン芦山の東郷さんが主宰する歴史ハイキングの便りです。参加者は会員9名、一般13名、計22名でした。 

 コース:京阪・土居駅9:00~守居神社~京街道・下の見付跡~義天寺~守居橋~文禄堤案内板・本町橋~古い町屋~みよし写真館~徳永邸~魚万楼跡~川東傘ちょうちん店~来迎坂(野崎道)~高札場跡~本陣跡~大塩平八郎ゆかりの書院跡~難宗寺(大いちょうの木)~盛泉寺~瓶橋跡碑~一里塚記念碑~11:00公園(昼食)11:45~ものづくり館~松下幸之助記念館~14:30京阪西山荘駅解散(歩いた距離:約6km)

  今回も良い天気に恵まれた。期待した難宗寺の大いちょうの木は台風21号の影響で昨年の秋の見事さは失われていたのは残念。
それもあって昼食時間が大幅に早くなって時間を持て余した形になった。
 ものづくり館・松下幸之助記念館は見学に十分な時間が取れた。
e0371039_14185414.jpg
e0371039_1419387.jpg
e0371039_14191380.jpg
e0371039_14192462.jpg
e0371039_14193492.jpg
e0371039_14194580.jpg
e0371039_14195687.jpg
e0371039_1420692.jpg

# by alpenrosan | 2018-12-01 19:17 | 歴史ハイク

☆紅葉の大威徳寺から和泉葛城山のブナ林ヘ:12月1日(土)

e0371039_15174583.jpg
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーK林さんからの便りです。メンバーは会員5名でした。

 大威徳寺の紅葉は盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ堪能できました。
 9:40 紅葉の牛滝から登り始め、途中二十一丁地蔵あたりは台風21号影響の倒木と崩落を迂回しながら無事クリアしました。
 ブナ林のデッキウォークから既に葉を落とした樹木の様相ははや冬でした。
 11:40 標高860mの頂上へ到着。6℃の寒さで、展望台にて昼食後早々に、ややゆるい陽のある天然記念物のブナ林をゆっくり散策しながら下山しました。
 13:50 標高280mの塔原のバス停に余裕を持って到着しました。
 泉州地区のハイキング、少し遠い印象がありますが、皆さん以外に近いといったお話でした。
 今後、当地より粉川、犬鳴きへ抜けるルートや、槇尾山から滝畑ダムへ歩こうなど話題があり、計画していきたいと思っております。


    <写真はK林さんとO村さんから>
e0371039_15173724.jpg
e0371039_15172524.jpg
e0371039_15171633.jpg
e0371039_15165933.jpg
e0371039_15165256.jpg
e0371039_15164466.jpg
e0371039_15163378.jpg
e0371039_1516244.jpg
e0371039_15161341.jpg
e0371039_1516398.jpg

# by alpenrosan | 2018-12-01 15:13 | 日帰りハイキング

☆カシミール・ジオグラフィカ講座:12月1日(土)

e0371039_8421488.gif
 勤労者山岳連盟兵庫県連主催のカシミール・ジオグラフィカ講座が県連事務所で催され参加してきました。
 全3回で終了でしたが、自分のものにするにはもっと実際の場面で使わなければいけません。
 安全登山のためにも利用価値大です。専用機より地図が見やすいと思います。 (N西さん記)

    <写真もN西さんから>
e0371039_8423192.gif
e0371039_8422220.gif
e0371039_842657.gif

# by alpenrosan | 2018-12-01 08:43 | その他

☆六甲山 “穂高湖”:11月25日(日)

e0371039_102291.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーO石さんからの便りです。

 久々の例会ハイキングです。お互い声掛けの成果があって19人と大人数でのハイキングでした。
 天気は晴々として、登山道のところどころで紅葉が楽しめ、シェール道から穂高湖までは大変静かであまり人が歩いていないので、とても好いコースだと参加者に気に入ってもらいました。
 昼食中は少し寒さを感じてきたので急ぎ穂高湖を後にして、杣峠を通り抜け摩耶山へ向かいました。
 今年は台風の影響で登山道が大変な被害をもたらしましたが、現在は一部を除き倒木は随分と取り除かれています。
 下りの計画コース、トエンテイクロスはあじさい広場の先が崩落したままで危険であるため、SLと相談した上で全員賛成のもと天狗道を通ってハーブ園経由のコースを選びました。予定より1時間遅れで布引展望台に全員が無事に下山しました。
 秋の六甲山を味わいつくす楽しいハイキングになりました。
 

              <写真はO村さんとトミおじさんから>
e0371039_9585943.gif
e0371039_959937.gif
e0371039_9591790.gif
e0371039_959278.gif
e0371039_9593732.gif
e0371039_9594768.gif
e0371039_9595755.gif
e0371039_100951.gif
e0371039_1001836.gif
e0371039_1002937.gif
e0371039_1004182.gif
e0371039_100505.gif
e0371039_101066.gif
e0371039_101914.gif
e0371039_1012059.gif
e0371039_1013330.gif
e0371039_1014666.gif
e0371039_1021688.gif
e0371039_1022890.gif
e0371039_1023827.gif
e0371039_1024977.gif

# by alpenrosan | 2018-11-25 09:56 | 日帰りハイキング

☆四国遍路 室戸~高知: 11月22日(木)~25日(日)

四国遍路4回目。前回は室戸の26番金剛頂寺まで。今回はそのふもとの元橋バス停から出発しました。22日(木)は前泊し、まだ星が出ているころ民宿を出ましたが、夜が明けると一気に大パノラマが広がります。後方に室戸岬、前方は土佐湾のかなたに足摺岬が見える状態で、2日間は基本海岸線の国道55号線を歩きました。今回は27番神峯寺(こうのみねじ)から32番禅師峯寺(ぜんじぶじ)までの6刹を回りました。歩行距離は3日とも40キロ弱で、楽ではありませんでしたが、余力は残り、ちょうどよかったと思います。遍路姿をしていると行きかう人々は丁寧に挨拶をされ、さすがは四国。高知は南国で、11月も下旬というのにコスモス満開で、少ないながらまだトンボも飛んでおりました。3日とも好天に恵まれ、朝晩はさすがに冷えましたが、日中は秋本番の陽気でした。(S本記)
e0371039_5412471.jpg
夜明けの室戸岬
e0371039_5421692.jpg
前方にうっすら足摺岬
e0371039_5432615.jpg
27番神峯寺
e0371039_6221462.png
本堂横にて
e0371039_5452679.jpg
27番神峯寺(こうのみねじ)から土佐湾を望む
e0371039_5465268.jpg
24日朝の土佐湾
e0371039_5474870.jpg
28番大日寺
e0371039_5484067.jpg
喫茶民宿
e0371039_5491669.jpg
29番国分寺
e0371039_5494159.jpg
30番善楽寺
e0371039_5502188.jpg
31番竹林寺
e0371039_551592.jpg
32番禅師峯寺
e0371039_5515698.jpg
禅師峯寺から土佐湾を望む

# by alpenrosan | 2018-11-22 05:16 | その他

☆六甲山 “高羽背山”:11月18日(日)

e0371039_12555589.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーO村さんからの便りです。参加者は9名でした。 

 一王山十善寺を訪ね、坊主山、油コブシを登り、天狗岩南尾根を下りました。
 次のような感想が寄せられました。

・歴史有り、鉄塔有り、紅葉有りで良い一日でした。
・久しぶりのアルペンの山行に参加でき、まずまず歩けたようで喜んで帰りました。
・18日のハイキング、有難うございました。私も六甲山はよく歩きましたが、毎回見知らね道を連れて行って頂き、楽しみにしています。
・18日のハイキングは好天気のなか、久しぶりで本当に楽しく、待ちに待ったハイキングでした。ゆっくり歩きで僕も歩き通すことが出来て自信もついて有難うございました。

    <写真はM井さんO村さんトミおじさんから>
e0371039_129526.gif
e0371039_12535598.gif
e0371039_1254436.gif
e0371039_1254161.gif
e0371039_12542638.gif
e0371039_12543666.gif
e0371039_12544750.gif
e0371039_12545773.gif
e0371039_12551057.gif
e0371039_12552329.gif
e0371039_1255409.gif
e0371039_1256597.gif
e0371039_12562080.gif
e0371039_12571682.gif
e0371039_12564625.gif
e0371039_12563376.gif
e0371039_12573052.jpg
e0371039_12574272.jpg
e0371039_1257541.gif
e0371039_1258668.gif

# by alpenrosan | 2018-11-18 12:58 | 日帰りハイキング
line

兵庫県芦屋の登山会の活動を掲載


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31