アルペン芦山/兵庫県芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

新着活動予定/報告 (↓クリック)

☆マニアック六甲山巡り⑯“裏荒地山”:3月17日(日)
☆2019年4月山歩案内
☆姫路 御着で岩登り:3月9日(土)
☆自然保護部見廻りハイキング:3月3日(日)
☆蓬莱山雪上訓練:2月16日(土)
e0371039_7214072.jpg
e0371039_12513276.gif
e0371039_1241687.gif
e0371039_17284213.gif

# by alpenrosan | 2020-12-09 11:57

☆2019年4月山歩案内

e0371039_13502635.jpg
e0371039_13503991.jpg
e0371039_13505460.jpg
e0371039_135198.jpg

# by alpenrosan | 2019-04-01 00:00 | その他

☆マニアック六甲山巡り⑯“裏荒地山”:3月17日(日)

e0371039_7214072.jpg
e0371039_7151671.jpg
e0371039_7172338.jpg
e0371039_7145457.jpg
e0371039_7143415.jpg
e0371039_7142220.jpg
e0371039_714280.jpg
e0371039_7135163.jpg
e0371039_7132433.jpg
e0371039_7131211.jpg
e0371039_7125832.jpg
e0371039_7124372.jpg

# by alpenrosan | 2019-03-17 07:15 | 日帰りハイキング

☆姫路 御着で岩登り:3月9日(土)

e0371039_12505930.gif
 今日は姫路にある御着の岩場に個人山行で岩登りに行きました。メンバーは6名でした。
 まず、支点の回収、支点構築の基本を模擬練習した後、リード、トップロープ登攀、支点回収といったシングルピッチでのフリークライミングでよくるある手順を順を追って練習。
 皆さん、10a、U女史は10cをトップアウト、久しぶりの外岩にもかかわらず頑張ることが出来ました。
 今日の御着は、暑いくらい。クライミングにとって良い気候になってきました。(N西さん記)

    <写真もN西さんから>
e0371039_125158100.gif
e0371039_12513921.gif
e0371039_12513276.gif
e0371039_12512448.gif
e0371039_12511779.gif

# by alpenrosan | 2019-03-09 12:48 | 岩登り

☆自然保護部見廻りハイキング:3月3日(日)

e0371039_1240476.gif
参加者は会員14名。

   <コース 記録>
 芦屋川駅(9:00)~水車谷登山口(9:40)~柿谷鉄塔(10:35)~ゴロゴロ岳(11:05)飯盛尾根~奥池遊び広場(11:50)食事・地図読み12:20~熊笹峠(13:00)~石宝殿(13:25)~蛇谷北山(14:05)~土樋割(14:30)~東お多福山バス停(14:50)解散


 前日から天候にやきもきのスタート。
 水車谷登山口手前で体操。芦屋市地図にて見廻りハイキングの趣旨説明をI居さんから受ける。(道標・道分かれ道の確認・ゴミ回収)
 石がゴロゴロの山道が続く台風の被害も残っています。K-1道標~ゴロゴロ岳K-13を確認しながら進む。
 ゴロゴロ岳(565.3)、熊笹峠、蛇谷北山はアップダウンが面白く体力中級です。
 土樋割で13名が東お多福山バス停に向かう。1名歩いて下山芦屋川駅(16:05) 下山報告受ける。
 奥池広場のトイレ使用禁止で集会場トイレを使う。コースが初めての声も聞けて見回りハイキングを続けたいです。
 参加したK河さんから一句 “アセビ咲き山の話しにも花が咲き”  (T田さん記)

     芦屋市に提出した見回り結果報告  
     ① 山道について  良い点: ・昨年の台風の影響から回復して全体によく整備されていていた。 ・携帯が通じる。(前回は夏で木が茂っていて通じなかった)
      気になる点:一か所  ・ゴロゴロ岳をすぎて遊びの広場に至るところ 標識番号R-10からR-11間の階段にテッキン(鉄の釘)が地面より浮き出ていて危険。

     ② 標識について  良い点: ・全員が標識のおしゃれ度に満足。コースの指示もわかりやすく、設置場所も概ね適切。
       気になる点: ・K-6の標識に 「阪急芦屋川駅」 と 「ゴロゴロ岳山頂」 が示されていたが、いずれも指す方向が90度ズレていた。(最後の写真,参照)
       ・山頂と関係のない分かれ道や、回り道については説明がない。(R-10 地点) ・神戸市と芦屋市の標識が整合性なく設置されている。 ・設置基準を教えてほしい。(I居さん記)

     <写真はT本さんから>
e0371039_1241687.gif
e0371039_1240577.gif
e0371039_12404862.gif
e0371039_1240414.gif
e0371039_12403496.gif
e0371039_12402651.gif
e0371039_12401994.gif
e0371039_12401143.gif
e0371039_12395784.gif
e0371039_12394825.gif
e0371039_12394045.gif
e0371039_12393256.gif
e0371039_12392599.gif
e0371039_12391524.gif
e0371039_1239879.gif
e0371039_1239057.gif
e0371039_12385242.gif
e0371039_12384419.gif
e0371039_12383644.gif
e0371039_1238295.gif

# by alpenrosan | 2019-03-03 12:36 | 日帰りハイキング

2019年3月山歩案内

e0371039_12594649.jpg
e0371039_12593363.jpg
e0371039_12592239.jpg
e0371039_1259987.jpg

# by alpenrosan | 2019-03-01 00:00 | その他

☆六甲全山縦走トレ西コース:2月24日(日)

 気温は低いが天候に恵まれた。
 鉢伏山で衣服調整、その後ひたすら須磨アルプスへの400段の階段を登り、馬の背の景色にホットする。
 行動食を摂りながら丸山市街地から鵯越駅へ。
 菊水山(458m)を登りW辺さん笑顔で頂上。15分の休憩を取り鍋蓋山(486m)へ。足の疲れも出るも、市ケ原へ15時:30分無事全員到着する。
 市街地のルートの確認も出来た。その他エスケープルート、トイレを確認する。六甲甲全山全縦コースには 白、黄色の表示が各所にあり安心。
 来る3月10日の六甲全縦走へのトレーニングになったと感じられた。(T田さん記)

 (コース記録)
 須磨浦公園(7:20)〜旗振山(7:48)~鉄拐山(8:00)~馬の背(9:20)~妙法寺(10:00)~高取山(10:48)~鵯越駅(11:53)~菊水山(13:10)~鍋蓋山(14:33)~大竜寺(15:08)~市ケ原(15:30)~新神戸駅(16:30)      活動時間 9時間10分 休憩100分 約22㎞

             <写真はU田さんから>
e0371039_23472667.gif
e0371039_23473798.gif
e0371039_23474867.gif

# by alpenrosan | 2019-02-24 23:44 | 事前トレーニング

☆三峰山 霧氷ハイキング:2月17日(日)

e0371039_1765269.gif

 参加者は会員4名。1月12日~2月24日の土日祝に期間限定で運行される霧氷バスに乗り、三峰山に行きました。
 旅行村から出発して1時間ぐらい経過すると、山道が凍って滑りやすくなったためアイゼンに履き替えます。
 さらに登っていくと、霧氷のトンネルがお出迎えしてくれました。
 枝に付着している霧氷がきめ細かく、繊細な感じが出ており、行き交うハイカーの会話では、こんなに綺麗な霧氷は珍しいとのことです。
 三峰山頂付近で軽く昼食をとり、八丁平に行くと、無数の霧氷がまるで桜が一面に咲いているような幻想的な光景に出会いました。当日は天候も良く、大満足の霧氷ハイクでした。(O西さん記)

        <写真はO西さんとE澤さんから>
e0371039_1773553.gif
e0371039_1772712.gif
e0371039_177188.gif
e0371039_177877.gif
e0371039_177025.gif
e0371039_176456.gif
e0371039_1763764.gif
e0371039_1763044.gif
e0371039_176229.gif

# by alpenrosan | 2019-02-17 17:04 | 雪山山行

☆第48回歴史ハイキング“和歌山”:2月17日(日)

e0371039_1042480.gif
アルペン芦山の例会歴史ハイキングです。参加者は会員14名、一般12名、計26名でした。   

コース:南海和歌山市駅10:10~勝海舟寓居地碑~南方熊楠生誕地碑~地蔵堂~西ノ丸広場~わかやま歴史館~紅葉渓庭園・紅松庵~御橋廊下~二の丸庭園(二之丸御殿址)~伏虎像~表坂~天守閣~裏坂~銀明水~鶴の渓~12:00和歌山市役所14階“十四階農園”昼食(バイキング)13:00~砂の丸広場~追廻門~護国神社~不明門跡~岡山の時鐘堂~県立近代美術館~県立博物館~徳川吉宗生誕地碑~恵運寺~無量光寺~刺田比古神社~御作事所跡~高橋克己の碑~陸奥宗光の像~長屋門~岡口門~一の橋の樟樹~一の橋・大手門~15:00公園前バス停解散(歩いた距離:約6km)

    和歌山城址を主体に徳川御三家・紀伊55万石の城下町を散策しました。
今回歴史ハイキングで初めて昼食をレストランのバイキング料理にしたところ、皆さんに好評でホットしました。但し食後の集合場所と時間について、前回の歴史ハイキング「明石」での天文科学館での迷子騒ぎの反省を踏まえて、参加者全員に詳しく説明したつもりでしたが、2~3人の方が集合場所を間違えてしまい、探す羽目に陥り、連絡の徹底の難しさを今回も味わいました。(T郷さん記)
e0371039_10422093.jpg
e0371039_1042376.jpg
e0371039_10425084.jpg
e0371039_1043482.jpg
e0371039_10431678.jpg
e0371039_10432835.jpg
e0371039_10434371.jpg
e0371039_10435636.jpg
e0371039_10441791.jpg
e0371039_1047478.gif

# by alpenrosan | 2019-02-17 10:40 | 歴史ハイク

☆蓬莱山雪上訓練:2月16日(土)

e0371039_17284887.gif
 ・ ロープウェイからの眺めは霧と雪。新雪が多く滑落停止の訓練は何度か尻セードでスロープを作り実施した。

 ・ 12時頃から雪洞を掘りだしたが、雪が少なくステップを作り、ツェルトを張ってビーク出来る体制で昼食(3張)

 ・ 午後は前方に倒れ込んだ場合のストップの練習と、ロープワークを練習。

 ・ 訓練としては雪の状態が良くなくて今一歩であったが、エビのシッポがついた山頂は美しく、楽しむことが出来た。

  <行程> 大阪駅発7:45=志賀8:55~9:23=ロープウエー山上駅10:00~10:20―蓬莱山頂近く 11:15(訓練開始)―出発2:50―
         ロープウェイ山上駅3:30~3:55下駅4:00=志賀4:23=大阪5:30 (T田さん記)

        <写真はK田さんより>
e0371039_17305718.gif
e0371039_17304965.gif
e0371039_17302215.gif
e0371039_17301573.gif
e0371039_1730884.gif
e0371039_1730188.gif
e0371039_17295557.gif
e0371039_17294754.gif
e0371039_17294123.gif
e0371039_17293491.gif
e0371039_17292321.gif
e0371039_17291393.gif
e0371039_1729495.gif
e0371039_17285576.gif
e0371039_17284213.gif
e0371039_17283459.gif
e0371039_1728265.gif

# by alpenrosan | 2019-02-16 17:24 | 事前トレーニング

☆歩荷訓練②(上級):2月11日(月・祝日)

e0371039_17234516.gif
午前:山芦屋公園8:00-風吹岩9:15-雨ヶ峠10:00-一軒茶屋11:30-六甲最高峰11:40-一軒茶屋11:55(3時間55分、休憩20分含む)
         昼食:一軒茶屋11:55-12:15(20分)         
午後:一軒茶屋12:15-東屋12:55-一軒茶屋13:55-塩尾寺17:10(4時間55分、休憩20分含む)。
          山頂の舗装道路から東六甲縦走路に入る地点から船坂峠と大平山の中間付近までの区間で軽アイゼン、チェーンスパイク等を装着した。

 前回に次いで2回目「山行グレーディング規定」を目安に、歩荷トレーニングを実施した。
 参加メンバーは男性会員2名、女性会員3名の計5名であった。
 当日は午前雪、午後曇りの気象条件となり、中腹から山頂付近にかけては10~15cmの積雪が認められた。
 行動時間は合計9時間10分(休憩等約60分含む)で、山行グレーディング規定の山行上級レベルの想定タイム(8時間50分)をやや超えるものであったが、積雪下での歩きにくさや途中の軽アイゼンやチェーンスパイクの脱着時間を考慮すると妥当な時間と思われる。
 厳しめの条件下、メンバーの多くは先月の中級歩荷よりも負荷を増やしての完歩であり、春の雪山山行や夏のアルプス縦走に向けて、体力面でのレベルアップを実感できたのではないかと思う。負荷はそれぞれ9㎏~20.5kg。 (K田さん記  略)

           <2月11日・写真はH本さんとM井さんから>
e0371039_17243259.gif
e0371039_17241482.gif
e0371039_1724635.gif
e0371039_17235894.gif
e0371039_17233821.gif
e0371039_17232865.gif
e0371039_17232031.gif
e0371039_1723399.gif
e0371039_17225493.gif
e0371039_17224114.gif
e0371039_17223343.gif
e0371039_17222368.gif

# by alpenrosan | 2019-02-11 17:18 | 事前トレーニング

☆近代登山発祥の地ハイキング兼清掃:2月3日(日)

e0371039_9203962.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。
 事前申込制にして初の清掃ハイクであった。参加者は6人でかなり少なかった。
 2月の山歩案内が1月25、26日ごろに配られてから、申し込み締め切り(27日)まで余りに短かったこと、この日は雨の予報が出ていたことなどが参加者の少なさに影響したとみられる。
 定番のコースでもあり、締め切りはもっと遅くしたらよかった。参加者からもそういう声があった。
 参加者のうち2名は地獄谷に入らず中央稜を登った。
 木に針金や自転車のワイヤー錠などをくくりつけている工作物が下流に多くあり、大半は取り外したがペンチなどが必要なものは残した。
 粗ごみ1キロ、燃えるごみ0.5キロ。
 解散・昼食後、6人そろって風吹岩から魚屋道方面に向かい、蛙岩の少々手前から痩せた尾根道を下って地獄谷の堰堤に出る 「シキモリ道」 をF富さんの案内で通った。
 見晴らしのいい道だった。(T本さん記 略)
e0371039_9212332.gif
e0371039_9211592.gif
e0371039_921754.gif
e0371039_921025.gif
e0371039_9205372.gif
e0371039_9204741.gif
e0371039_9203144.gif
e0371039_9202426.gif
e0371039_9201793.gif
e0371039_9201039.gif
e0371039_920217.gif
e0371039_9195630.gif
e0371039_9194970.gif
e0371039_9194225.gif

# by alpenrosan | 2019-02-03 09:18 | 日帰りハイキング

☆雪山入門山行 “インディアン平原~岩籠山(いわごもりやま)”:2月2日(土)

e0371039_9104535.gif

 アルペン芦山の例会山行です。敦賀三山のひとつ岩籠山、参加者は会員7名。

 曇り一時晴れ、無風、気温2℃(登山口)、ガスは出ておらず視界は良好。降雪なし。
 登山口よりP361付近までは一部地面が露出。岩場を過ぎたあたりから雪が深くなり、左折地点(550m)でワカンを装着。
 ルートは尾根伝いに行くが積雪量は目算で約1m。2017年2月と比べると明らかに少なく感じた。
 標高500mと655mのルート屈曲地点は要注意。特に655m地点は尾根が終わって緩やかな地形となりそこから90度右折し降りにさしかかるため視界不良時にはルートを見失いやすい。
 また降った先の鞍部の右手(東側)は大きく崩壊しており年々酷くなっている。
 ルートはこれを左(西側)に避けて進む。なお、この先に頂上に至るまでに結構なアップダウンが連続。頑張りどころである。
 前回赤坂山の坪足とアイゼンに対して、今回の岩籠山ではワカン歩行に慣れる事をテーマとした。
 しかしワカンの経験者が集まったため、慣れるというよりも道具として積極的に利用して雪山をガンガン歩くといった内容の山行となった。
 ちなみに総行動時間は5時間02分で昨年より40分近く短い。決して早さを競う事は目的ではなく、参加者の人数、年齢、経験度から見てパーティーとしての自然の行動の結果であった思う。
(I田さん記  略)

     <写真はM井さんから>
e0371039_9121243.gif
e0371039_912497.gif
e0371039_9115156.gif
e0371039_9113990.gif
e0371039_9113011.gif
e0371039_9112475.gif
e0371039_9111694.gif
e0371039_911944.gif
e0371039_911114.gif
e0371039_9105355.gif
e0371039_9103895.gif
e0371039_9103186.gif
e0371039_910231.gif
e0371039_9101516.gif
e0371039_910853.gif
e0371039_995896.gif
e0371039_994828.gif
e0371039_994019.gif
e0371039_993140.gif

# by alpenrosan | 2019-02-02 09:05 | 雪山山行

☆マニアック六甲山巡り⑮ “鉄塔巡り”:1月27日(日)

e0371039_5523918.gif

 会員9人で関電高圧送電線新神戸線の鉄塔を巡ります。
 新神戸線は芦屋ロックガーデンを走る3線の内、最も北側の最も高い標高にあり、最も新しく、最も高電圧(275KV)の送電線です。
 伊丹変電所から神戸市灘区の新神戸変電所までに鉄塔はNo.1から60までありますが、今回はその一部、No.44から51を巡りました。
 鉄塔間を地図に無い道をも対象としていかに合理的に繋いで行くかに面白さがあり、ゲーム感覚で楽しめました。(O村さん記)

    <写真はO村さんとF田さんから>
e0371039_5551766.gif
e0371039_555870.gif
e0371039_5545831.gif
e0371039_554483.gif
e0371039_5543839.gif
e0371039_5543020.gif
e0371039_5542274.gif
e0371039_5541013.gif
e0371039_554010.gif
e0371039_5534975.gif
e0371039_5531980.gif
e0371039_553967.gif
e0371039_5525989.gif
e0371039_5524989.gif
e0371039_5522862.gif

# by alpenrosan | 2019-01-27 05:50 | 日帰りハイキング

☆雪山ハイキング“愛宕山”:1月20日(日)

e0371039_19321390.gif
アルペン芦山の例会山行です。参加者は会員6名でした。リーダーのT森さんからの便りです。 

 朝から小雨が・・・午後から30%の予報で決行と判断し集合場所に向かう。
 JR保津峡駅内(高架下)で点呼、ストレッチ後に改札を出て歩き始める。
 鉄橋を渡りすぐにツツジ尾根登山口に・・・急登の岩場を登りアップダウンの尾根道を歩き荒神峠で休憩を取る。
 表参道出合までの急登を登り水尾分れ~黒門~愛宕神社に向かう。
 頂上直下辺りから凍結箇所、登山道脇に雪が見られ雪山ハイク気分も・・・? 
 昼食休憩後に神社に参拝し下山。下山ルートは凍結、ぬかるみが有り滑りやすいので安全第一に考え表参道コースに変更する。
 怪我もなく無事に下山。嵐山駅前で解散した次第です。

    <写真はF原さんとO村さんから>
e0371039_19334710.gif
e0371039_19333852.gif
e0371039_19332855.gif
e0371039_19331978.gif
e0371039_1933935.gif
e0371039_1933089.gif
e0371039_19325140.gif
e0371039_19324085.gif
e0371039_19322911.gif
e0371039_1932343.gif
e0371039_19315353.gif
e0371039_19312365.gif
e0371039_19314339.gif
e0371039_19311127.gif
 
# by alpenrosan | 2019-01-20 19:34 | 日帰りハイキング
line

兵庫県芦屋の登山会の活動を掲載


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31