アルペン芦山/兵庫県芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日帰りハイキング( 93 )

☆第48回歴史ハイキング“和歌山”:2月17日(日)

e0371039_1042480.gif
アルペン芦山の例会歴史ハイキングです。参加者は会員14名、一般12名、計26名でした。   

コース:南海和歌山市駅10:10~勝海舟寓居地碑~南方熊楠生誕地碑~地蔵堂~西ノ丸広場~わかやま歴史館~紅葉渓庭園・紅松庵~御橋廊下~二の丸庭園(二之丸御殿址)~伏虎像~表坂~天守閣~裏坂~銀明水~鶴の渓~12:00和歌山市役所14階“十四階農園”昼食(バイキング)13:00~砂の丸広場~追廻門~護国神社~不明門跡~岡山の時鐘堂~県立近代美術館~県立博物館~徳川吉宗生誕地碑~恵運寺~無量光寺~刺田比古神社~御作事所跡~高橋克己の碑~陸奥宗光の像~長屋門~岡口門~一の橋の樟樹~一の橋・大手門~15:00公園前バス停解散(歩いた距離:約6km)

    和歌山城址を主体に徳川御三家・紀伊55万石の城下町を散策しました。
今回歴史ハイキングで初めて昼食をレストランのバイキング料理にしたところ、皆さんに好評でホットしました。但し食後の集合場所と時間について、前回の歴史ハイキング「明石」での天文科学館での迷子騒ぎの反省を踏まえて、参加者全員に詳しく説明したつもりでしたが、2~3人の方が集合場所を間違えてしまい、探す羽目に陥り、連絡の徹底の難しさを今回も味わいました。
e0371039_10422093.jpg
e0371039_1042376.jpg
e0371039_10425084.jpg
e0371039_1043482.jpg
e0371039_10431678.jpg
e0371039_10432835.jpg
e0371039_10434371.jpg
e0371039_10435636.jpg
e0371039_10441791.jpg
e0371039_1047478.gif

by alpenrosan | 2019-02-17 10:40 | 日帰りハイキング

☆近代登山発祥の地ハイキング兼清掃:2月3日(日)

e0371039_9203962.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。
 事前申込制にして初の清掃ハイクであった。参加者は6人でかなり少なかった。
 2月の山歩案内が1月25、26日ごろに配られてから、申し込み締め切り(27日)まで余りに短かったこと、この日は雨の予報が出ていたことなどが参加者の少なさに影響したとみられる。
 定番のコースでもあり、締め切りはもっと遅くしたらよかった。参加者からもそういう声があった。
 参加者のうち2名は地獄谷に入らず中央稜を登った。
 木に針金や自転車のワイヤー錠などをくくりつけている工作物が下流に多くあり、大半は取り外したがペンチなどが必要なものは残した。
 粗ごみ1キロ、燃えるごみ0.5キロ。
 解散・昼食後、6人そろって風吹岩から魚屋道方面に向かい、蛙岩の少々手前から痩せた尾根道を下って地獄谷の堰堤に出る 「シキモリ道」 をF富さんの案内で通った。
 見晴らしのいい道だった。(T本さん記 略)
e0371039_9212332.gif
e0371039_9211592.gif
e0371039_921754.gif
e0371039_921025.gif
e0371039_9205372.gif
e0371039_9204741.gif
e0371039_9203144.gif
e0371039_9202426.gif
e0371039_9201793.gif
e0371039_9201039.gif
e0371039_920217.gif
e0371039_9195630.gif
e0371039_9194970.gif
e0371039_9194225.gif

by alpenrosan | 2019-02-03 09:18 | 日帰りハイキング

☆マニアック六甲山巡り⑮ “鉄塔巡り”:1月27日(日)

e0371039_5523918.gif

 アルペン芦山の例会ハイキング。マニアック六甲山のシリーズはO村さんが主宰しています。O村さんからの便りです。

 会員9人で関電高圧送電線新神戸線の鉄塔を巡ります。
 新神戸線は芦屋ロックガーデンを走る3線の内、最も北側の最も高い標高にあり、最も新しく、最も高電圧(275KV)の送電線です。
 伊丹変電所から神戸市灘区の新神戸変電所までに鉄塔はNo.1から60までありますが、今回はその一部、No.44から51を巡りました。
 鉄塔間を地図に無い道をも対象としていかに合理的に繋いで行くかに面白さがあり、ゲーム感覚で楽しめました。

    <写真はO村さんとF田さんから>
e0371039_5551766.gif
e0371039_555870.gif
e0371039_5545831.gif
e0371039_554483.gif
e0371039_5543839.gif
e0371039_5543020.gif
e0371039_5542274.gif
e0371039_5541013.gif
e0371039_554010.gif
e0371039_5534975.gif
e0371039_5531980.gif
e0371039_553967.gif
e0371039_5525989.gif
e0371039_5524989.gif
e0371039_5522862.gif

by alpenrosan | 2019-01-27 05:50 | 日帰りハイキング

☆雪山ハイキング“愛宕山”:1月20日(日)

e0371039_19321390.gif
アルペン芦山の例会山行です。参加者は会員6名でした。リーダーのT森さんからの便りです。 

 朝から小雨が・・・午後から30%の予報で決行と判断し集合場所に向かう。
 JR保津峡駅内(高架下)で点呼、ストレッチ後に改札を出て歩き始める。
 鉄橋を渡りすぐにツツジ尾根登山口に・・・急登の岩場を登りアップダウンの尾根道を歩き荒神峠で休憩を取る。
 表参道出合までの急登を登り水尾分れ~黒門~愛宕神社に向かう。
 頂上直下辺りから凍結箇所、登山道脇に雪が見られ雪山ハイク気分も・・・? 
 昼食休憩後に神社に参拝し下山。下山ルートは凍結、ぬかるみが有り滑りやすいので安全第一に考え表参道コースに変更する。
 怪我もなく無事に下山。嵐山駅前で解散した次第です。

    <写真はF原さんとO村さんから>
e0371039_19334710.gif
e0371039_19333852.gif
e0371039_19332855.gif
e0371039_19331978.gif
e0371039_1933935.gif
e0371039_1933089.gif
e0371039_19325140.gif
e0371039_19324085.gif
e0371039_19322911.gif
e0371039_1932343.gif
e0371039_19315353.gif
e0371039_19312365.gif
e0371039_19314339.gif
e0371039_19311127.gif
 
by alpenrosan | 2019-01-20 19:34 | 日帰りハイキング

☆初湯ハイキング“菊水山~湊山温泉”:1月6日(日)

e0371039_11543968.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーT本さんからの便りです。参加者は会員17名でした。 

 日差しはなかったが風は弱く、歩きよい日だった。登山口の広場で出発前のミーティング。
 広島から帰って久しぶりの参加のY内さん、休会から復帰のE澤さんの姿も見える。
 M下さんに準備運動を指導してもらい、木の階段が作ってある北面登山道に入る。この日は部分日食だったが、雲に遮られて分からなかった。
 途中各5分ほどの水飲み休憩とトイレ休憩のみでスムーズに山頂へ。まだ早いので景色を楽しんだ後、下の広場まで下って昼食とした。
 紅梅がちらほらと咲いていた。風はなく、わずかに日も差して暖かかった。鵯越方面から来たY田さんと出会う。
 烏原水源地の道をたどると、水面に鴨や鵜、カイツブリなどが浮かんでいた。近くの木にはコゲラもいた。
 1901~1904年に建造されたというダムのプレートなどを見て、切り通しを抜け、急傾斜の階段に驚きながら湊山温泉へ。
 前の駐車場で解散。入浴したのは6人にとどまった。(T本さん記 略)

          <写真はT本さんO村さんから>
e0371039_11545373.gif
e0371039_11542981.gif
e0371039_11542015.gif
e0371039_11541269.gif
e0371039_1154029.gif
e0371039_11534588.gif
e0371039_11533651.gif
e0371039_11531724.gif
e0371039_1153629.gif
e0371039_1152565.gif
e0371039_11524764.gif

by alpenrosan | 2019-01-06 11:51 | 日帰りハイキング

☆2019年元旦“初日の出ハイキング”:1月1日(祝)

e0371039_1315275.gif
 2019年の初日の出スポットは、風吹岩下展望広場です。
 午前7時7分御来光を迎え、本年の安全登山を祈願しました。
 参加会員は4人と少なかったけれども、周りには100人を超える参拝者がいて、風吹岩のほうからも安全祈願をする大きな声が聞こえてきました。

      <文・写真はO村さんから>
e0371039_13155771.gif
e0371039_13154911.gif
e0371039_13151117.gif
e0371039_13154057.gif
e0371039_13145578.gif
e0371039_13144783.gif

by alpenrosan | 2019-01-01 13:12 | 日帰りハイキング

☆近代登山発祥の地ハイキング兼清掃“芦屋地獄谷”:12月9日(日)

e0371039_15131626.gif
 アルペン芦山の例会ハイキング兼清掃です。リーダーM尾さんからの便りです。

 芦屋川駅前広場はかなりの混雑で高座の滝までの道路も他のグループに混ざって歩く状態でした。
 高座の滝までは会全体が見渡せず速度が速すぎた事を反省しています。
 地獄谷の登りは、他会のアイゼン訓練のグループも多く、当会の参加者17名 (2名は中央陵を歩く) の団体では多すぎるかと心配しましたが、会員のみの歩行で、他のグループに道を譲る事も少なく快適に登れました。
 燃やせるゴミ1キロ、燃やせないゴミ1.5キロを回収。横池で中央陵からの2人と合流して記念撮影後、あまりの寒さのためすぐに解散をしました。
 それぞれ、高座谷コースと中央陵コースに分かれて下山しました。 (M尾さん記(略))

    <写真はF原さん、H口さん、O村さん、トミおじさんから>
e0371039_151413.gif
e0371039_15141757.gif
e0371039_15142556.gif
e0371039_15143241.gif
e0371039_15143897.gif
e0371039_15144650.gif
e0371039_15145324.gif
e0371039_1515190.gif
e0371039_1515845.gif
e0371039_15151527.gif
e0371039_15135237.gif
e0371039_15134687.gif
e0371039_15133873.gif
e0371039_15133178.gif
e0371039_15132334.gif
e0371039_1513667.gif
e0371039_15125951.gif
e0371039_15125212.gif

by alpenrosan | 2018-12-09 15:11 | 日帰りハイキング

☆花シリーズ“紅葉ハイク 二本松林道”:12月2日(日)

e0371039_15271825.gif

アルペン芦山のハイキング例会、花シリーズです。リーダーO本さんからの便りです。参加者は会員12名でした。 

 JR元町西改札口(9:00)~諏訪山公園 点呼 コース説明 体操(9:40)~燈籠茶屋(10:10)~猩々池(10:45)~再度公園(11:30)昼食(11:55)~修法ケ原池一周して太龍寺~猩々池(12;40)~二本松林道~市章山(13:50)~錨山~ビーナスブリッジ(14:30)点呼 体操 解散(14:45)

 JR元町で参加者を待っていると何ヶ月振かでお会いする人達のお顔が見え、皆さんとても嬉しそうでした。
 諏訪大明神に登山の無事をお願いし登り始める。
 山腹の道から谷に沿う道になり、少しずつ木々の色づきを感じる。
 太陽の光で一層鮮明さをます紅葉を楽しみながら緩やかな登りで会話も弾み、多くのの登山者に追い越されながらも、あっという間に再度公園に着く。
 暖かく風も無い修法ケ原池の水面に映る紅葉した木々、緑の木々、真っ青な空のコントラストが美しい。
 太龍寺境内を散策し猩々池に戻る。
 ここから紅葉の名所二本松林道に入る。いきなり一面の真っ赤な紅葉に目を奪われる。
 幾つかの絶景ポイントを楽しみながら林道を終え、市章山から眼下に広がる神戸の街、海を眺めビーナスブリッジに向かう。
 明るく心和む散策の小道、紅葉で目を楽しませてもらい、多くの会話で心を慰めてもらう、ステキな一日になっていたら嬉しいです。(O本さん記)

     <写真はトミおじさんから>
e0371039_15283344.gif
e0371039_15282585.gif
e0371039_15281865.gif
e0371039_15281169.gif
e0371039_1528315.gif
e0371039_15275430.gif
e0371039_15274766.gif
e0371039_15274032.gif
e0371039_15273266.gif
e0371039_15272558.gif
e0371039_15271293.gif
e0371039_1527496.gif
e0371039_1526565.gif
e0371039_15264531.gif
e0371039_15263872.gif
e0371039_15262949.gif
e0371039_15261994.gif
e0371039_15261165.gif
e0371039_15255883.gif
e0371039_15254682.gif
e0371039_15253816.gif
e0371039_15252563.gif

by alpenrosan | 2018-12-02 15:23 | 日帰りハイキング

☆紅葉の大威徳寺から和泉葛城山のブナ林ヘ:12月1日(土)

e0371039_15174583.jpg
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーK林さんからの便りです。メンバーは会員5名でした。

 大威徳寺の紅葉は盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ堪能できました。
 9:40 紅葉の牛滝から登り始め、途中二十一丁地蔵あたりは台風21号影響の倒木と崩落を迂回しながら無事クリアしました。
 ブナ林のデッキウォークから既に葉を落とした樹木の様相ははや冬でした。
 11:40 標高860mの頂上へ到着。6℃の寒さで、展望台にて昼食後早々に、ややゆるい陽のある天然記念物のブナ林をゆっくり散策しながら下山しました。
 13:50 標高280mの塔原のバス停に余裕を持って到着しました。
 泉州地区のハイキング、少し遠い印象がありますが、皆さん以外に近いといったお話でした。
 今後、当地より粉川、犬鳴きへ抜けるルートや、槇尾山から滝畑ダムへ歩こうなど話題があり、計画していきたいと思っております。


    <写真はK林さんとO村さんから>
e0371039_15173724.jpg
e0371039_15172524.jpg
e0371039_15171633.jpg
e0371039_15165933.jpg
e0371039_15165256.jpg
e0371039_15164466.jpg
e0371039_15163378.jpg
e0371039_1516244.jpg
e0371039_15161341.jpg
e0371039_1516398.jpg

by alpenrosan | 2018-12-01 15:13 | 日帰りハイキング

☆六甲山 “穂高湖”:11月25日(日)

e0371039_102291.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーO石さんからの便りです。

 久々の例会ハイキングです。お互い声掛けの成果があって19人と大人数でのハイキングでした。
 天気は晴々として、登山道のところどころで紅葉が楽しめ、シェール道から穂高湖までは大変静かであまり人が歩いていないので、とても好いコースだと参加者に気に入ってもらいました。
 昼食中は少し寒さを感じてきたので急ぎ穂高湖を後にして、杣峠を通り抜け摩耶山へ向かいました。
 今年は台風の影響で登山道が大変な被害をもたらしましたが、現在は一部を除き倒木は随分と取り除かれています。
 下りの計画コース、トエンテイクロスはあじさい広場の先が崩落したままで危険であるため、SLと相談した上で全員賛成のもと天狗道を通ってハーブ園経由のコースを選びました。予定より1時間遅れで布引展望台に全員が無事に下山しました。
 秋の六甲山を味わいつくす楽しいハイキングになりました。
 

              <写真はO村さんとトミおじさんから>
e0371039_9585943.gif
e0371039_959937.gif
e0371039_9591790.gif
e0371039_959278.gif
e0371039_9593732.gif
e0371039_9594768.gif
e0371039_9595755.gif
e0371039_100951.gif
e0371039_1001836.gif
e0371039_1002937.gif
e0371039_1004182.gif
e0371039_100505.gif
e0371039_101066.gif
e0371039_101914.gif
e0371039_1012059.gif
e0371039_1013330.gif
e0371039_1014666.gif
e0371039_1021688.gif
e0371039_1022890.gif
e0371039_1023827.gif
e0371039_1024977.gif

by alpenrosan | 2018-11-25 09:56 | 日帰りハイキング
line

兵庫県芦屋の登山会の活動を掲載


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28