アルペン芦山/兵庫県芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

★ 六甲山 “ 裏地獄谷~アイスロード ” と き:7月29日(日)

e0371039_652337.png

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-29 06:51 | 中止山行

☆南アルプス“鳳凰三山” と き:7月27日(金)~29日(日)

e0371039_2252621.png

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-27 22:04 | 中止山行

☆ 岩登り日曜例会“蓬莱峡” と き:7月22日(日)

e0371039_7321218.png
 アルペン芦山の岩登り例会です。参加者は会員14名。リーダーH本さんからの便りです。 

 今回は、いつもより一時間早い出発のバスにしましたが、すでに“危険な暑さ”でした。
 蓬莱峡は他に一組だけで貸切状態。
 7月初旬の大雨で大屏風の前の川が大きく2つになり岩の所まで迫っていて登れるところが限られました。
 4グループに分かれて、リード、セカンド、支点構築、懸垂下降など練習しましたが、暑さでバテバテで熱中症になりそうでした。

            <写真はK田さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_13395590.gif
e0371039_13401116.gif
e0371039_15444990.gif

e0371039_1545034.gif

e0371039_15541852.gif
e0371039_15543084.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-22 06:50 | 岩登り

☆ 比良山 “ 伊藤新道から白滝山 ” と き:7月22日(日) (雨天中止;前日が大雨でも中止)

e0371039_6502357.png

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-22 06:49 | 中止山行

☆トレーニング山行 御在所岳 本谷ルート: 7月21日(土)  

 アルペン芦山の夏山山行はいくつか計画されていますが、そのひとつ来る8月中旬予定の 「穂高岳縦走」 パーテイのトレニンーグです。
 メンバー4名が参加。リーダーN西さんからの便りです。

 穂高岳縦走トレーニングで御在所岳本谷に行ってきました。
 岩稜縦走のトレーニングによく使われているらしいが水量も少しあり、沢歩きという雰囲気もある。酷暑ではあるが、本谷も下山に使った一ノ谷新道も日陰があり、まだ耐えられたがズボンもシャツも汗で水浸しのようになった。
 本谷はバリエーションとなり、次々と岩場が出現し、落石や崩壊の危険もあり注意し行動する必要がある。巻き道をとる限りロープの必要はなかった。
 下山後、近くにある 「希望荘」 にて日帰り温泉に入り汗を流した。気持ちよかった。
 この時期、日陰があってもやっぱり暑い。水分(2㍑以上)を十分に用意したい。


            <写真もN西さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_12563395.gif
e0371039_12574275.gif
e0371039_12573244.gif
e0371039_12572448.gif
e0371039_12571588.gif
e0371039_1257177.gif
e0371039_12565185.gif
e0371039_12564280.gif
e0371039_12562482.gif
e0371039_12561780.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-21 12:54 | 事前トレーニング

☆ 白山 花山行 と き:7月21日(土)夕~23日(月)

e0371039_6554782.png
白山の花 ①~⑧ はこちらから(O田さんより提供)
e0371039_195291.jpg
7/22
集合:金沢東口1番バス乗り場6:00  別當出合8:15~8:40(砂防新道) 中飯場9:30  甚之助小屋11:35~12:00 エコ-ライン分岐13:00  室堂センター15:00  花めぐり16:00~16:40  夕食 17:00
                                           
7/23 
室堂センター3:50  御前峰4:40~(御来光)~御池巡り~室堂センター6:30~ 
8:00   黒ボコ石8:20  南竜分岐9:30  甚之助小屋9:55  中飯場11:10     
別當出合バス停11:45~12:00  金沢駅14:20解散 

7/22
連日の猛暑日のなか全員揃って白山登山口別當出合(標高1260M)に到着。暑いなかを出発。砂防新道に入る。吊り橋を渡ると急坂になり汗が吹きでる。この急坂はほとんどゆるむことなく室堂センターまで続くことになる。足元に咲くミヤマキンボウゲに励まされ中飯場をへて甚之助避難小屋に到着。トイレ、水場がある。昼食を取り、さらに急坂をたどると、オオウバユリ、ミヤマシシウド、クルマユリ、ミヤマダイモンジソウなど花が増えてくる。黒ボコ岩にむかうルートとわかれて水平道にはいるとカラマツソウ、ヨツバシオガマ、ニッコウキスゲ、バイケイソウ、ハクサンフウロなど両側に花が咲き乱れている。花群に出合うたびにメンバーから歓声があがり、太田さんに花の名前を尋ねるとたちまち答えが返ってくる。
エコーラインに入るとクロユリがある。小さく地味にひっそりと咲いている。キスゲの群落をながめながら上がるとハクサンコザクラの群落があらわれる。コザクラは弥陀ヶ原付近でさらに増えて、広々とした草原をピンクに染めている。姿をあらわした御前峰にエールをもらって五葉坂を登って室堂センター到着。
 4時からボランティアガイドによる自然観察会に参加して、室堂付近の花畑をまわる。花びらの先が黄色になったクロユリの群落が次々あらわれる。例年なら1~2週間遅いところ今年は今が満開とのこと。本当にラッキー。

7/23
 昨日の急坂に疲れた天王寺谷さんと宮津さんを残して、早朝6人で白山神社の太鼓の音とともにヘッドランプの明かりの一つになって御前峰を目指す。霧が急にでて朝日はわずかな雲の間をオレンジ色に染めただけだった。その後自然観察会に参加して池巡りをする。室堂付近の草原にハクサンコザクラとクロユリの群落がまたも次々あらわれる。
 朝食後、黒ボコ岩コースを取って下りる。斜面全体がオタカラコウ、タカネナデシコ、ハクサンフウロ、カラマツソウ、ニッコウキスゲ、シモツケソウなどの花で覆われている。名前を覚えて付き合いが始まるのは人間同士と同じこと。太田さんに教えられて名前を知って親戚になった花に囲まれておりてゆく。丁寧に説明されて、リンドウとイワギキョウ、ニガナとオトギリソウ、シナノキンバイとキンポウゲ、シシウドとアマニュウの違いもわかるようになった。最後にキヌガサソウが待っていた。
甚之助小屋に着いたところで、なんとか12時のバスに間に合うことがわかったので、後はひたすら下山となった。下界は変わらず猛暑であった。(I居 記) 
e0371039_152469.jpg
e0371039_153497.jpg
e0371039_154342.jpg
e0371039_155347.jpg
e0371039_16013.jpg
e0371039_161186.jpg
e0371039_162250.jpg
e0371039_163229.jpg
e0371039_165018.jpg
e0371039_17026.jpg
e0371039_17961.jpg
e0371039_171926.jpg
e0371039_220491.jpg
e0371039_173333.jpg
e0371039_181724.jpg

e0371039_182983.jpg
e0371039_19599.jpg
e0371039_184833.jpg

e0371039_192383.jpg

e0371039_193266.jpg

e0371039_110199.jpg

e0371039_1101331.jpg

e0371039_1104070.jpg

e0371039_1102376.jpg
e0371039_1105170.jpg
e0371039_13313469.jpg
e0371039_13314988.jpg
e0371039_13335155.jpg
e0371039_1334349.jpg
e0371039_13342167.jpg
e0371039_1334335.jpg
e0371039_1334447.jpg
e0371039_13345630.jpg

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-21 06:54 | 泊りがけ山行

☆ 百丈岩マルチピッチトレーニング と き:7月16日(月・祝)

e0371039_649339.png
e0371039_1754550.gif
 アルペン芦山の岩登り例会です。参加者は4名。リーダーN西さんからの便りです。

 櫓の横でマルチシステムを確認したのち、一般道を登り中央ルンゼ懸垂下降。ローソク岩基部をトラバースし東稜取りつきに到着後、1-2のシステムで登攀。
 今後支点の構築について改善したいと感じた。
 酷暑であり体調のことを考え、休憩を多めに取りながら活動した。
 暑くて出控えているのか、百丈岩にも大北商店にもクライマーは殆ど見かけなかった。
 冬に駆除されたスズメバチの巣がまた出来ているようだ。下部岸壁は注意。(N西さん記(略))

          <写真もN西さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_176226.gif
e0371039_176128.gif
e0371039_176334.gif
e0371039_1755676.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-16 06:48 | 岩登り

★ 六甲山“地蔵谷 道 ~穂高湖 ” と き:7月15日(日)

e0371039_6464797.png
e0371039_10525912.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。リーダーO村さんからの便りです。 

 新神戸に会員13人と一般2人の計15人が集合し、8:30に出発した。
 一週間前の西日本豪雨によって山道は荒れていないか、また今日も35℃以上の猛暑となることが気になる点だった。
 布引滝~みはらし展望台~布引貯水池までは豪雨の爪痕はなかった。その先が土砂崩れで通行止めとなっていて、神社の傍から上の車道を通って市ヶ原に行った。ハイカーは意外に多い。
 天狗道の登山口手前から、トゥエンティクロスの西斜面が大きく地崩れしているのが見える。これがトゥエンティクロスを通行止めにしたと思われるが、今回目撃した最大の崩壊箇所だった。
 地蔵谷~掬星台の道中は豪雨の爪痕は気にならない程度で、水量は普段に戻っていた。とにかく暑い。
 谷筋で日陰故、気温は低いはずだが湿っぽい。天狗道のカンカン照りはたまらない。
 途中多めに休憩をとりながら、また途中の谷筋で昼食をとり、掬星台で一服。
 下山は荒れている可能性が最も低いと思われる旧天上寺~上野道をとった。摩耶ケーブル下駅で解散。

           <写真もO村さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_10535253.gif
e0371039_1053399.gif
e0371039_10533178.gif
e0371039_1053206.gif
e0371039_1053999.gif
e0371039_10524944.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-15 06:46 | 日帰りハイキング

☆登山セミナー 実技Ⅴ  シャワークライミング“石谷川”:7月15日(日)~16日(祝)

e0371039_6255359.gif
 アルペン芦山の登山セミナーです。当企画はアルペン芦山会員K島さんが主宰し、あわせてリーダーも務めています。
 先の5月26日・27日の座学から始まり、今回は実技5回目です。 
 参加者は、一般受講生2名、会員受講生4名、スタッフ会員6名、計12名でした。
 K島さんからの便りです。

      コース 7/15  自家用車にて大阪→東名阪亀山JCT→石谷峡~大堰堤河原 (テント泊)
            7/16 7:00大堰堤河原~頂礼井戸の滝~七つ釜(3時間遡行打ち切り)~ピストンキャニオニング13:00…大阪

 石谷川は鈴鹿特有の明るい花崗岩の谷です。水量も豊富で美しい深い釜と滝が連続すます。
 技術的にも困難な場所はなく沢の入門に向いています。河原で焚火を囲んでテントを張りバーベキューも楽しめます。

 沢登りの場合は沢沿いに頂上を目指しますが、シャワークライミング体験なので沢歩きではなく、ハーネスやザイルも積極的に使用し、流れる沢を泳いで歩いて時には大岩や流れ落ちる水を全身で浴びながら積極的に滝登りをします。
 下りは岸壁を懸垂下降。
 天然のウオータースライダー、飛込み等を取り入れたキャニオニングで自然が作り出した様々な難所をクリヤーする達成感と高揚感、そして最高の清涼感を楽しみました。
 テントでは女性陣はテントとツェルト、男性陣はタープで、シュラフカバーのみを体験しました。
 食事はキャンプファイヤーで火を囲み、分厚い肉でバーベキュー。至福の時を楽しみ、沢から降りると川で冷やしていたスイカが絶品!!<文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_6251663.gif
e0371039_6252652.gif
e0371039_6253575.gif
e0371039_625442.gif
e0371039_626226.gif
e0371039_6261037.gif
e0371039_6262116.gif
e0371039_6263431.gif
e0371039_6264246.gif
e0371039_6265227.gif
e0371039_6265871.gif
e0371039_62752.gif
e0371039_6271448.gif
e0371039_6272343.gif
e0371039_6273046.gif
e0371039_6273752.gif
e0371039_625515.gif
e0371039_6245695.gif
e0371039_6244319.gif
e0371039_6243291.gif
e0371039_62421100.gif
e0371039_6241170.gif
e0371039_6235921.gif
e0371039_623506.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-15 06:21 | 沢登り

☆トレーニング山行 菊水ルンゼ: 7月14日(土)

 夏本番。アルペン芦山では夏山登山の計画が多くあります。
 その一つ 「穂高岳縦走」 参加メンバー3名によるトレーニング山行です。リーダーN西さんからの便りです。 
 穂高岳縦走トレーニングで菊水ルンゼに行ってきました。
 新入会員のH本さんも参加。当初の予定は摩耶山の頂も踏む予定でしたが、あまりの暑さに大事をとり市ケ原から下山。
 菊水ルンゼは先の豪雨の影響か水量が増しており沢登りのような雰囲気。
 スリップしやすいので核心ではロープを出し確保しました。練習にもなったと思います。
 縦走路は豪雨の影響で崩壊している場所もあり巻道が作られていたので有難かった。布引ダムへは車道を通り巻いていくようになっていました。

             <写真もN西さんから><文面は「トミおじさんのホームページ」より転載>
e0371039_9205316.gif
e0371039_9203975.gif
e0371039_9203052.gif
e0371039_9202040.gif
e0371039_9195529.gif
e0371039_9194979.gif

[PR]
by alpenrosan | 2018-07-14 17:18
line

兵庫県芦屋の登山会の活動を掲載


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31