アルペン芦山/兵庫県芦屋の総合登山会 公式ブログ

alpenrosan.exblog.jp ブログトップ

■芦屋市善行賞「つつじ賞」を受けました

e0371039_4334964.gif
50年にわたる清掃登山の功績に対し、アルペン芦山が芦屋市善行賞「つつじ賞」を受けました。
6月1日(金)13時30分から芦屋市役所で贈呈式があり、山中健市長から表彰状とクリスタルガラスの盾をいただきました。
創立以来、会員の皆さんが地道に努力し、今も続けていることが認められたと思います。

芦屋市側出席者は山中健市長、佐藤徳治副市長、福岡憲助教育長、畑中俊彦市会議長、帰山和也副議長、企画部長、市長室長ら。
当方出席者は、川島、板倉、合田、尾村、辻本の5人です。
お礼のあいさつでは、大量のごみを集めて背負子を担ぎ「ごみは持ち帰ろう」というゼッケンを着けて清掃登山していた頃の様子などを紹介しました。功績概要は以下の通りです。
e0371039_4335848.gif
◆功績概要
 芦屋ロックガーデンの地元登山会として、六甲山を登山しながら清掃を行う活動を,昭和42年より50年もの長きにわたり定期的に実施されています。
 昭和53年からは,加盟する兵庫県勤労者山岳連盟の「兵庫の山からゴミを一層する運動」に取り組まれ,近年では2か月に1回の頻度で行動日を定め,芦屋地獄谷の清掃活動をされています。
 この取り組みにより,登山道のゴミは著しく少なくなり,清掃する姿は,“ゴミは捨てない,持ち帰る”というモラル高揚にも寄与されており,この長年にわたる活動は,自然環境保護を通じて美しく住みよいまちづくりに大きく貢献されています。

※芦屋市の「つつじ賞」は昭和55年(1980年)から始まり、これまでに42個人、35団体が受賞しています。2018年度はアルペン芦山のみです。
※芦屋市HPの「市長からのメッセージ」平成30年(2018年)6月にも紹介されています。

◆お礼のあいさつ
本日は芦屋市善行賞「つつじ賞」をいただき、誠にありがとうございます。
芦屋に本拠を置く山岳会として大変名誉に思います。
アルペン芦山は1966(昭和41)年10月に設立されました。今年で52年を迎えます。おととし10月には潮芦屋交流センターをお借りして50周年の記念集会を開きました。
50年の歩みもまとめましたが、それを見ますと創立の翌年、1967年に「六甲美化運動登山月2回取り組み、ごみ等回収」と記載があります。これがおそらくアルペン芦山が取り組んだ最初の山の清掃活動だったろうと思います。
その後、僕が入会したのは1984年ですから、今から34年も前です。まだまだ大量のごみが残されていました。
その頃のごみ集め装備をご紹介しますと、背負子、「ガラ袋」という建設廃材なんかを入れる60×90くらいの大きな袋、軍手。「ごみは持ち帰ろう」というゼッケンを着けて登っていました。
ごみを拾っていると「これも持って行って」と自分のごみを出すハイカーも中にはいました。「自分のごみは自分で持ち帰ってください」とお断りすると、相手はちょっと恥ずかしそうでしたね。
半日ほど集めると袋は一杯になり、背負子にくくりつけると重くて、一人では持ち上がらないこともありました。両手を引っ張ってもらって立ち上がり、バランスが悪いのを千鳥足みたいになりながらロックガーデンの中央稜を下っていました。
いまではご存じのようにごみはほとんどなくなり、持ち帰りは常識になっています。
芦屋の山は藤木九三さんが始めたロッククライミングクラブ(RCC)ゆかりの地です。ロックガーデンという名前は藤木さんが付けられたそうです。A懸垂岩(A懸)、今はないB懸など。近代登山がここから育っていったわけです。僕たちは誇りを持ってハイキング道の清掃ができます。
阪神間に住む私たちはとても恵まれた環境にあると思います。電車を降りるといきなり山に登れる。阪急芦屋川駅はそのまま登山口。新幹線の新神戸駅からもあっという間に歌枕の布引の滝です。登山姿で大丸デパートに入っても誰も怪しみません。
六甲山はファミリーで楽しめます。山に親しむ入り口であるとともに、もっと大きな山に向かうトレーニングの場でもあります。ずっと年がいって、大きな山に行けなくなっても六甲山には歩けるコースがあります。
僕たちはこんな六甲山をホームグラウンドにする地元の山岳会として、山の楽しさをもっと知ってもらい、大きな山にも挑戦してもらえるようにと活動しています。今回の賞は大きな励みです。これからも頑張っていきたいと思います。
本日は本当にありがとうございました。(以上T本記)
e0371039_45758.png

[PR]
# by alpenrosan | 2018-06-01 18:17 | その他 | Comments(0)

☆高野山町石道の一部を歩く と き:5月27日(日)

e0371039_21584985.png
e0371039_993721.gif
 アルペン芦山の例会ハイキングです。参加者は会員8名。リーダーO本さんからの便りです。

 暑くなりそうだけど雨の心配はなく難波駅で集合し一路九度山駅へ。
 大河ドラマ真田丸で一躍有名になった当地、六文銭の幟が目立つ。慈尊院まで長閑な町中を歩き、慈尊院を参拝し180町石を見て出発。
 暫くすると目指す展望台が上の方に見えるが、アスファルトの道をひたすら登るのはしんどい。
 やっと展望台に着き、紀の川流域が一望出来た。朝日夕日100選に選ばれるスポットあって、なかなかの絶景だった。
 一面の柿の木畑を通り抜けやっとアスファルトが終わると、テイカカズラ、スイカズラ、ガマズミと次々花が顔を出し、登りの辛さを忘れさせてくれる。
 白いホタルブクロの群生を過ぎると、今度は可憐な白糸草が微風に揺れる群生の間を歩く。
 杉林を進むと六本杉に着く。
 食後の登りは辛いので此処で昼飯を取り、一度下って丹生都比売神社に向かう。朱塗りの太鼓橋を渡り、四神が祀られている本殿の最近葺き替えられた茅葺屋根の美しい形状に見惚れる。
 今度は同じ道を帰るので六本杉あたりまで登り、後は殆ど下り。
 再度道端の花を見て、柿の葉草、花筏を新たに見つけ満足しながら道の駅に着く。
 ビール、絞りたてみかんジュース、ソフトクリーム、鮎の炭火焼等思い思いの物を食し、お腹も満たされ、九度山駅まで30分歩き帰路に着く。
 空海が卒塔婆を建てて道しるべとしその後、五輪塔形の町石に代えられたこの道を悟りとは無縁に、楽しくお喋りしながら歩かせて頂きました。(O本さん記(略))

    <写真はH本さんから>
e0371039_99735.gif
e0371039_991551.gif
e0371039_992765.gif
e0371039_985892.gif
e0371039_982320.gif
e0371039_98991.gif
e0371039_98016.gif
e0371039_975194.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-27 21:58 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆岩登り日曜例会“蓬莱峡” と き:5月27日(日)

e0371039_2157351.png
e0371039_17201969.gif
 アルペン芦山の岩登り例会です。参加者は会員11名、リーダーH本さんからの便りです。

 好天で朝から夏のように暑かった。
 3グループに分かれて、リード、セカンド、支点構築、懸垂下降など練習、午後より小屏風でトップロープ、岩登りを楽しんだ。
 維持向上にトレーニング頑張りましょう。(略)

      <写真もH本さんから>
e0371039_17195850.gif
e0371039_1720976.gif
e0371039_17202860.gif
e0371039_17203975.gif
e0371039_17204997.gif
e0371039_1721108.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-27 21:56 | 岩登り | Comments(0)

アルペン芦山 2018年 登山セミナー:5月26日(土)・27日(日)

 アルペン芦山のK島さんが主宰するセミナーです。K島さんの便りです。受講生は会員3名、一般3名、計6名。講師は会員6名が対応し、参加者は延べ12名の催しでした。
 K島さんからの便りです。

 26日は 開校式、基本的な歩き方、登山とメンバーシップ、登山装備、登山計画書、地図の読み方を実施。
 講師は決して 「話が上手な人」 「知名度がある人」 ばかりではなく、テーマを最低限伝える事に絞ってテキストを参考に自分の経験や情報をもとに説明が出来た。
 受講生は蒸し暑い事務所で聞き入ってもらえた。

 27日は 山のファーストエイド(救急法)、山の料理、ロープワーク、装備の買い方。
 救急法では心肺蘇生以外の三角巾の使い方を学ぶ。 
 10種類の食材にひと手間かけるだけで簡単に山で料理ができるレシピを紹介し試食する。
 ロッククライミングでの最低限必要なロープの結び方を実践。登攀用具は殆んど持たないので石井スポーツに行き、ヘルメット、スリング、カナビナ類を購入。

 今回の受講生は非常に少ないですが、実技では今までに経験のないクライミングを取り入れた実技を行う事で期待されています。今後、実技5回、修了山行として「甲斐駒ヶ岳」 を決定。
e0371039_9121576.gif
e0371039_912484.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-26 09:10 | セミナー・勉強会 | Comments(0)

☆第1回(2018年)初級岩登りセミナー: 5月20日(日)

 アルペン芦山2018年の岩登りセミナー第1回目です。
 セミナーの受講生は一般から応募のあった7名でした。そして会員10名がスタッフとして参加、合計17名で実施されました。
 リーダーN西さんからの便りです。

 初級岩セミナー第一日目である。
 午前は宝塚市立男女共同参画センターで座学及び基礎ロープワークを実施。午後からは蓬莱峡でロアーダウンを中心としたトップロープクライミングを実施した。
 座学、ロープワークとも皆さん集中して取り組むことができた。エイトノットはもっと練習し上手になってほしい。
 クライミング経験者もいたが蓬莱峡・小屏風での2ルートのクライミングを楽しそうに登攀できた。
 ロアーダウンも慣れるに従いスムーズになってきた。 
 事故もなく良かった。 「クライミングは楽しい」 と言ってくれる受講生もいた。

 セミナーであることもあり安全には十分に気を付けて実施する必要がある。
 蓬莱峡は気候も良く大勢の人でにぎわっていた。 (N西さん記(略))

         <写真もN西さんから>
e0371039_13283440.gif
e0371039_13282729.gif
e0371039_13282081.gif
e0371039_13281163.gif
e0371039_1328383.gif
e0371039_1327554.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-20 13:25 | セミナー・勉強会 | Comments(0)

☆テント泊山行“武奈ヶ岳 八雲ヶ原” :5月19日(土)~20日(日)

e0371039_714726.png
事前の天気予報では二日目早朝まで強風(武奈ヶ岳山頂の予報で風速20m/h程度)ということであったが、出発時の朝には雨が上がることが予想されたため、予定通り山行を実施した。今回の主目的であったテントでの宿泊に関しては、一日目の夕方時点で5度、強風というこの時期としてはやや厳しい条件であったが、経験を積むという意味では有用なテント泊山行となった。今回持参した2張のテントの内の1つは昨年度新規に会で購入したテントであった。シングルウォールで軽量、強風小雨の下でも居住性は快適であることが確認された。両日ともほぼコースタイム通りの時間で順調に歩行することができ、特に2日目の八雲ヶ原からのルートでは好天の元、琵琶湖の景色を眺めながら気持ちよく下山することができた。(K田記)
e0371039_19475567.jpg
e0371039_1949526.jpg
e0371039_19485778.jpg
e0371039_19482927.jpg
e0371039_19482144.jpg
e0371039_1948337.jpg
e0371039_19481295.jpg
e0371039_19471788.jpg
e0371039_19473778.jpg
e0371039_19474328.jpg
e0371039_19483643.jpg
e0371039_1946879.jpg
e0371039_19484479.jpg
e0371039_19464133.jpg
e0371039_19463073.jpg
e0371039_19461875.jpg
e0371039_19465163.jpg
e0371039_1947254.jpg
e0371039_1947952.jpg

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-19 07:13 | 泊りがけ山行 | Comments(0)

☆ハイク&ランチ② 春の西お多福山ハイキングとジンギスカン料理編 :5月17日(木)

e0371039_713454.png
e0371039_21263436.gif
 アルペン芦山の新企画のハイキング例会。今年一月の 「耐寒ハイキングと温かいチーズ料理編」 に引き続き2回目です。会員6名が参加。リーダーA川さんからの便りです。

 暑さと湿度による辛い登りを覚悟して臨んだ西お多福山コースでしたが、コースタイム4時間15分(六甲山系登山詳細図東編)を4時間17分で歩きました。
 新緑が映える谷に響く小鳥のさえずり、よく分からない満開のきれいな花々、森を抜けて吹く薫風は心地良く、なにより他のハイカーがほとんどいない西お多福山を独占し満喫しました。
 風に漂うジンギスカンの香りに我慢できずレストランに駆け込み今回も整理体操を忘れてしまいました(猛省)。
 始終足並みそろえて歩かれた参加者皆さんの健脚と陽気さに心から感謝します。

    <写真はT本さんとA川さんから>
e0371039_21282792.gif
e0371039_21281720.gif
e0371039_2128880.gif
e0371039_2128030.gif
e0371039_21275291.gif
e0371039_21273979.gif
e0371039_21272159.gif
e0371039_21271045.gif
e0371039_2127213.gif
e0371039_21265468.gif
e0371039_21264321.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-17 07:12 | 日帰りハイキング | Comments(0)

★花シリーズ“イワカガミ” と き:5月15日(火)

e0371039_21563245.png
e0371039_8391922.gif
 アルペン芦山のハイキング例会、花シリーズです。リーダーT本さんからの便りです。 
 火曜日の平日ハイクである。0905に神鉄有馬口集合とし、5、6人は集まるかと思っていたら14人も集まった。一般参加はなかった。途中の山王神社境内を借りてミーティングと体操。蓬莱峡の新緑の道をたどる。
 一昨日(13日)の雨で水量が多く、ドウドウと響いている。
 歩きやすい道は湯槽谷山との分岐を過ぎると終わり、荒れた感じの小さな谷がいくつも合流してくる。
 標高780mあたりの大岩が積み重なった急登が、目指すイワカガミの群落だ。さて、目を皿のようにして探すと、あちらに一つこちらに三つ、と見つかった。
 株はたくさんあるが、花はほぼ終わったようである。7~10日ほど遅かったか。花盛りを事前に見定めるのは難しい。残念だが仕方がない。また次を期して別れを告げた。
 極楽茶屋跡のドライブウエイを渡ったところで昼食とする。平日だけに車の通行は少ない。ヤマツツジが満開だ。
 山上を少し歩いて凌雲台で解散した。
 解散後は天狗岩南尾根を下るグループ10人、六甲高山植物園に行くグループ4人の二手に分かれ、それぞれの行動を取る。
 高山植物園ではクリンソウとヒマラヤの青いケシ (メコノプシス・ベトニキフォリア) が満開のほか、シャクナゲの花もまだまだ残っていて見応えがあった。 (T本さん記(略))
      <写真もT本さんから>
e0371039_8395724.gif
e0371039_8394980.gif
e0371039_8394265.gif
e0371039_8393543.gif
e0371039_8392736.gif
e0371039_8391232.gif
e0371039_839143.gif
e0371039_838538.gif
e0371039_8384466.gif
e0371039_838359.gif
e0371039_8382744.gif
e0371039_8382066.gif
e0371039_8381292.gif
e0371039_838512.gif
e0371039_8375713.gif
e0371039_8374989.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-15 21:55 | 日帰りハイキング | Comments(0)

☆岩登り土曜例会“キャッスルウォール” と き:5月12日(土)

e0371039_21552720.png
e0371039_124840.gif
 アルペン芦山の岩登り例会です。参加者は会員9名、リーダーN西さんからの便りです。 

 適度な気候の中、トップロープのロープ設置、トップロープクライミング、リードクライミングと行った。
 各々の目標からルートを選び、課題を克服したメンバーもいた。
 トップロープしかできなかった人も、少しずつ経験を深めてリードできるようになってほしいです。
 また安全なロープ設置について日頃から情報を収集するようにしてほしいと思います。
 2~3パーティーで一杯になってしまうキャッスルウオール。時間待ちになりそうなら場所変更が望ましい。 (N西さん記(略))

      <写真もN西さんから>
e0371039_1235781.gif
e0371039_1234323.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-12 21:54 | 岩登り | Comments(0)

★花シリーズ“ニリンソウ・クリンソウ 金剛山カトラ谷” と き:5月12日(土)

e0371039_21543967.png
e0371039_8435474.gif
 アルペン芦山のハイキング例会、花シリーズです。リーダーK林さんからの便りです。参加者は会員5名と一般1名でした。 

 9:40金剛山登山口着、準備体操の後、10:05出発。カトラ谷は崩壊で通行困難のため、高畑谷道の荒れた谷道を往く。
 ツツジ尾谷に入らず、そのまま高畑尾根道に出て、植樹されたヒノキの樹林を登る。
 標高980メートル以上はブナの大木のある尾根道、頂上(1,080m)11:50着。
 昼食後頂上で記念撮影後、カトラ谷に入り、急坂をお花畑のある940メートル付近まで降下、小休憩の後、更に下流にあるクリンソウの群落を見学。
 この辺りも昨年の台風21号の影響で崩壊寸前。昨年までの斜面に谷筋が出来、クリンソウも半分以上が失われている状況。ニリンソウは例年より2週間早く開花し、かろうじて3割程度の花を見ることができた。
 その後急坂を1060メートルまで登る。復路は、高畑尾根道へ。尾根の左右で広葉樹とヒノキ植樹が見事に分かれる。
 松の木道を降りずに黒栂谷に流れこむカマ谷へ降りる。非常に根の張る急坂で慎重に降りる必要があった。
 黒栂谷へ合流到着15:30。解散。

 カトラ谷の荒れようはひどく、これから何年もお花畑へは下から登れない状況。谷筋の地盤が弱く、崩壊が進んでいる。
 木漏れ日の清々しい山行で、谷筋の気温は15度程度で気持ちのいい一日だった。
 道すがら、ニリンソウ以外にもユキザサ、ムロウテンナンショウ、ジロボウエンゴサク、カキドオシ、ニガイチゴ、ヤマブキソウ等見かけられた。
 花シリーズの場合、最近の天候異常もあり、想定開花日がわかれば、事前に日程変更も柔軟にすべきだろうと思う。 (K林さん記 (略))

     <写真はO村さんとK林さんから>
e0371039_8444861.gif
e0371039_8443978.jpg

e0371039_8443195.gif
e0371039_8442389.gif
e0371039_8441211.jpg
e0371039_844431.gif
e0371039_8434644.jpg
e0371039_8433824.jpg
e0371039_8433112.gif
e0371039_8432265.gif

[PR]
# by alpenrosan | 2018-05-12 21:53 | 日帰りハイキング | Comments(0)
line

兵庫県芦屋の登山会の活動を掲載。一般参加OKの山行もあります!


by alpenrosan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30